カテゴリー「詐欺」の147件の記事

2017/11/16

ワンルーム投資は「年金代わり」になるか 結論は「検討にすら値しない」

ワンルーム投資は「年金代わり」になるか 結論は「検討にすら値しない」

 まぁ、当たり前と言えば当たり前なのですが。


ワンルーム投資は「年金代わり」になるか 結論は「検討にすら値しない」
SankeiBiz 2017.11.12 13:00

 「節税でお得」と強弁できるのか

 最近よく相談を受ける事例のひとつが、新築ワンルームマンションへの投資話だ。電話で勧誘されたり、営業マンに直接アプローチされたりと、パターンはいくつかあるようだが、いずれも「節税になる」「ローンを払い終われば、家賃収入が年金代わりになる」といった言葉が売り文句らしい。

 本当にそれほどお得な投資なのか。結論を先にいえば、「検討にすら値しない」というのが率直なところだ。

 以前とある筋から、実際の勧誘に使われたワンルームマンション投資の説明資料を入手したことがある。都内のワンルームマンション(1軒約2600万円)を3軒セットで購入し、賃貸物件として運用するというスキームだった。

 想定される家賃収入を、単純に物件の購入価格で割った「表面利回り」は4%ほど。しかし実際には、月々のローンの支払い、火災保険料や管理費など物件の維持に必要な経費、さらに固定資産税がかかってくる。自分が住むための物件ではないから、いわゆる住宅ローン減税の対象にもならない。入手した資料では、月々のローンや管理費等の支払いが、家賃収入を上回っていた。つまり、毎月の収支はなんと赤字になってしまう。

 業者の説明によれば、ローン返済の利子分や管理費、物件の減価償却分などを経費とし、給与所得との合算で確定申告を行えば、所得税の還付が受けられて黒字になるという話だったらしい。だが、家賃収入を上回る支出が発生するのは確実で、税金の戻りをあてにしないと大赤字になる投資は、はたして「節税でお得」と強弁できるのか。

 (略)

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/171112/ecc1711121300001-n1.htm

 本当にこう言って販売している連中がいるのですよね。
 もちろん、買う人たちがいるからですが。

 ある種の職業の高所得者層が、欺されやすいようですね。
 どうも。

 忙しくて、現地物件の状況すら、ろくすっぽ分からない。
 でも「節税」という言葉に弱い方々。

 ま、そういう人たちがいる限り、詐欺師達は跋扈する。

| | コメント (0)
|

2017/11/14

中小企業診断士試験用教材の無断参照による原稿作成事件

中小企業診断士試験用教材の無断参照による原稿作成事件


東京地裁平成18年11月15日 複製権・著作者人格権侵害損害賠償請求事件

 LECと教材提供した会社及びその代表者が訴えられた事件。
 中小企業診断士試験用教材を原告が作成して研究所こと会社に納品。

 ただ、この時点では、著作権の譲渡条項などは定めてなかった模様。
 ところが、この会社の代表者が、これを無断で参照した。

 というか、半分程度に要約して、順番入れ替えしたものの。
 それをそのまま、教材としてLECに納品した。

 これ、原著作者には無断だったのですが。
 多忙だったから失念していたと、後で弁明している様子。

 この研究所と代表者が故意だとして責任免れないのは当然ですが。
 では、LECはどうなのかと。

 LECは、業務委託契約書で著作権はLECにと書いた上で。
 第三者の権利侵害がないようにしろと書いておいた。

 なので、LECは故意も過失もないんだと主張した。
 ところが、LECも過失責任はあるとされた。

「被告東京LMは,資格取得講座を開講し,受講生用の教材等を発行することを業として行っている会社であり,教材等の作成及び発行に当たり,第三者の著作権等を侵害することがないよう十分確認すべき義務を負っていると認められるところ,その注意義務を尽くしたことを認めるに足りる証拠はない。」

 あなたって、それ専門の会社なんだから、相応の注意確認義務あるよねと。
 やってないんだから、過失責任免れないでしょと。

 なるほど。

 で、責任は認定されたけれど、求償可能な損害額は、トータル17万円。

「本件テキストは,350部印刷されたが,受講生等に配布された数は70冊余であり,残りは,比較的早期に廃棄されている。そして,本件テキストの内容は,中小企業診断士の試験用講座の教材であるという性格上,他の参考文献に記載された文章や図表を引用し又は要約した部分が多いものである。」

 要するに、自分のオリジナリティ溢れるって主張は無理あるよねと。
 いや、そうは書いてありませんが、そういう意味ですよね。

 ということで、これって、意地の訴訟ですね。
 ただ、迂闊に無断でパクるとダメよという教訓にはなる。

 また、パクられたものが納品された先であっても。
 一定の注意義務を果たさないと、過失責任は問われうる。

 そのように認識しておくべき、ということですね。

 で、ふと思いましたが。
 ということは。

 参照文献表示もなく自分の原稿をパクって各種研修教材に使っている方には。
 十分太らせてから、訴訟を起こした方がいいのか。

 この事例は、やせ細った大地での訴訟だから。
 全く侵害利益額が寂しい限りでしたけど。

 個人的には、いい裁判例に出会えたかもしれない。
 ま、多分、侵害当事者は、全く意識ないのでしょうけど。

| | コメント (0)
|

2017/11/11

アリバイ論文

アリバイ論文

 ま、よくある話と言えば、それまでですが。

 「こうすりゃ大丈夫」と研修会で発言しまくっていた某専門家さんがいて。
 ところが、それを真正面から否定する裁判例が登場してしまった。

 へー、どう言い訳するのかなと思っていたのですが。
 なんと、前から実務は変わっていないなんて論文書いてますね。

 しかも、自分がそう語っていた張本人なのに。

「すなわち、……、一部の実務家において、……という風潮があった可能性が否めない。」

 って、何よ。

 たぶん、この人以外、それでOKなんて語ってないのですが。
 普通に考えて、危険過ぎる話でしたから。

 なので、この方の「すべきではないと思われる。」にも要注意ですね。
 いかにも公的見解のようで、実はなんでもない、自分の思いでしょうから。

 結論とすれば。

 この人の発言は、無責任ベースであり、話半分で聞くべきだ。
 実務体験として語っていることは嘘でなくても、それで良いかは別。

 そのように位置づけておかないと、バカを見ますね。
 いや、私は、最初から眉唾だったので、何も被害受けていませんが。

 妄言多謝。

| | コメント (0)
|

2017/10/31

自民党支持率は若者・高齢者で高く、中堅で低い(東洋経済))

自民党支持率は若者・高齢者で高く、中堅で低い(東洋経済))

 これは、読んでおくべきですね。
 データとして、実際どうなっているのか。


若者の自民党支持率が高くなってきた理由
2012年が転機、保守化ではなく現実主義化だ
薬師寺 克行 : 東洋大学教授

 (略)

○自民党支持率は若者・高齢者で高く、中堅で低い

 この9月の世論調査結果でもう一つ注目すべきは、ここで初めて世代別の自民党支持率が年齢に連動した右肩上がりではなく、若者と高齢者の支持率が高く中堅世代が低い「U字型」になったことだ。

 以後、今日まで安倍内閣が続いているわけだが、この間の自民党支持率は、数字の多い少ないはあるが、若い世代とお年寄り世代が高く、中堅世代が低い「U字型」という点はほぼ一貫している。つまり、総選挙の結果に関連して指摘されている若い世代の自民党支持が高いという現象は、今回の総選挙に限ったことではなく、2012年の民主党混乱の頃に起こり、これまで継続しているのである。

 (略)

 自民党支持率が「直線的増加型」だった1970~80年代は、政権交代など大きな出来事がなかった。新党結成など考えられないような安定的な時代だった。これに対し1990年代以降の日本政治は、これまで経験したことのないような激動の時代である。その結果、自民党腐敗を目撃した40代は何歳になっても自民党を信頼できない。一方、民主党政権の失政を見てきた20代、30代にとって新党は「無責任」の象徴のような存在で安心できない。そんな経験が政党支持の違いに表れているのではないだろうか。

 (略)

http://toyokeizai.net/articles/-/195199?page=1

 なるほどね。

 今の社会の中核にいる人たちの思いと。
 高齢者や若い人たちの思いが、異なっているのだと。

 そして、社会の中核の人たちの支持があると思うから。
 選挙で負けても、「多くの支持が」と言うわけだ。

 要するに、何故、自分の姿を客観的に見られないかですが。
 見ているつもりなんですね。

 そうか、だから、不倫していても、反自民である限りOKになるのだ。
 なんか、すごく納得。

| | コメント (0)
|

2017/10/26

排除発言は、無理矢理引き出されたものだった

排除発言は、無理矢理引き出されたものだった

 これ、酷すぎますね。


「あの発言は、小池さんに批判的なジャーナリストが、『知事は前原さんをダマしたのか』『共謀したのか』『リベラル派大量虐殺とも言われている』などと繰り返し聞いたことに対する答えでした。質問者の過激な言葉遣いには、会見場に笑いも漏れ、小池さんも『独特の言語を使っておられる』と指摘した上で、『排除いたします』と答えました。結果的に、そこを大きく切り取られて笑えない結果になったわけです。

排除発言で負けた小池都知事 自民党は「小池さまさま」
2017年10月26日 7時0分
NEWSポストセブン

※女性セブン2017年11月9日号
http://news.livedoor.com/article/detail/13801346/

 本人が、勝ち誇ったように自慢している。


メディア・マスコミ 選挙 政局
「排除」発言を引き出した記者が見た「小池百合子の400日」
なぜジャンヌ・ダルクは墜ちたのか
横田 一
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53285?page=2

 この方は、いろいろいわくがあるようですね。
 ネットで名前を検索する限りですが。

 つまり、そういう自作自演、マッチポンプの記事を載せている。
 現代ビジネス・講談社って、そういう会社なんだ。

 少年マガジンの(一部だけ読む)読者としては、残念ですね。

| | コメント (0)
|

2017/10/24

民進はいわば『清算事業団』

民進はいわば『清算事業団』

 や、山田君、座布団1枚。


地方組織冷ややか「民進は清算事業団」
読売新聞 2017年10月24日 09時24分

 (略)

 希望以外の2人が当選したが、県連幹部は「民進はいわば『清算事業団』。もう民意が集まるわけはなく、新たな器で勝負すべきだ」と冷ややかだ。
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news/20171024-OYT1T50026.html?from=y10

 新たな器でも、どうしようもないのでしょうけどね。

| | コメント (0)
|

2017/10/10

「野次ぐらい受ければいい」って、東京新聞に言えば

「野次ぐらい受ければいい」って、東京新聞に言えば

 あはは。


玉川徹氏 安倍晋三首相の「日程隠し作戦」を猛批判「野次ぐらい受ければいい」
2017年10月9日 13時40分

http://news.livedoor.com/article/detail/13724120/

 シュプレヒコールがない分、産経新聞の取材の方がマシでしょ。


017.10.6 07:00更新
「産経がいると話しづらい」「テロリストと同じ」記者はこうして東京新聞・望月記者の講演会取材を拒否された
http://www.sankei.com/premium/news/171006/prm1710060006-n1.html

| | コメント (0)
|

マンガでわかる!高齢者詐欺対策マニュアル

マンガでわかる!高齢者詐欺対策マニュアル


マンガでわかる!高齢者詐欺対策マニュアル
西田公昭著 山本あり漫画
ディスカバー・トゥエンティワン2016年12月15日第1刷発行

 類書はありそうですが、お勧めです。
 心理学からのなるほどという記述が幾つか。

3 「お返ししなくちゃ」という思いがアダになる!

 返報性の原理というそうですが。
 悪徳商法では、これを使っているそうです。

 断っていても、勝手においていかれて。
 続くと、「悪いから」と思ってしまうのだと。

4 パニックに追い込み、判断力を低下させる!

 急がされて焦っている時は、きちんと判断するのでなく。
 パッと思い浮かびやすい新しい記憶を取り出して使おうとする。

 この人間の特性をヒューリスティックというそうです。
 溺れる者は藁をもつかむが典型例だと。

 悪徳商法も、これを使っているのだと。

11 だましのテクニックには一定のパターンがある

 だましには主な4つのテクニックがあると。

 [1]家族と連絡がつかないようにする
 [2]注意をそらせて疑念をいだかなくする
 [3]わざと迷惑をかける
 [4]突然、豹変する

 これらの合わせ技でだましてくるのだと。

 で、対策は、普段から相手の話をよく聞いて。
 おかしさに気づく練習をしておくことだと。

 つまり、「あれ?」という違和感を持てるかどうか。
 そのためには、普段が大事だということなのだと。

13 「おかしい」と思ったら話を打ち切る勇気を持つ

 「結構です」「いいです」は肯定の意味にもなるので使わない。
 「要りません」「必要ないです」とはっきり断る。

 そしてなにより、怪しいと思ったときに。
 「相手に失礼では}」という考えは捨てなさいと。

 相手の電話の途中でも、電話を切ってよいと。
 これが、恐らく多くの高齢者にはできないのだと思います。

 そのため、著者は、日頃から繰り返し練習しなさいと。

 つまり、詐欺撃退の特効薬はないということですね。
 普段の生き方そのものを見直すこと、それが対策なのだと。

| | コメント (0)
|

2017/10/05

ネットオークションでのトラブルで口座凍結対応(月報司法書士より)

ネットオークションでのトラブルで口座凍結対応(月報司法書士より)

 月報司法書士2017年9月号より。

○The Case file
 私の一週間
 (規則等改正が実務に与える影響を中心に)
 関根圭吾(東京司法書士会)

 続きです。

 ネットオークションで代金払った落札者に商品が発送されない。
 返金もされないので、出品者に連絡をとると。

 ヤクザまがいの恫喝調の対応を受けて、会話にならない。
 そこで、詐欺救済法に基づく銀行口座凍結を検討したと。

 上記の言動から、犯罪利用預金口座に該当すると判断。
 振込先金融機関に必要事項を記載した要請書をファックスしたと。

 結果、すぐに金融機関が口座凍結。
 金融機関担当者が出品者に電話連絡して事情聴取すると、ビックリ。

 なんと、出品者は大学生で、凍結口座は奨学金が分割振込される口座。
 入出金できないと退学になるので、即代金返金するから解除をと。

 アホです。
 いや、これ退学させる方が社会のためのような気が。

 あ、もちろん、返金を受けて問題解決したそうですが。
 このあたり、是非知っておくべき情報だなと思います。

 勉強になりました。

| | コメント (0)
|

2017/10/04

「民進党が1番得意だった仕分け」を「小池さんからされている」

「民進党が1番得意だった仕分け」を「小池さんからされている」

 あはは。


北村晴男氏が民進党の分裂に手厳しいコメント 得意だった「仕分け」を…
2017年10月4日 11時50分

 (略)

この様相に、コメントを求められた北村氏は「民進党の分裂が、見ててツッコミ(どころ)満載で面白い」といい、「民進党が1番得意だった仕分け」を「小池さんからされている」と手厳しい指摘も飛び出す。民進党の前身である民主党の鳩山由紀夫政権時、2010年度予算案の無駄を洗い出す「事業仕分け」が行われていた。

 (略)

http://news.livedoor.com/article/detail/13701662/

 なるほど。
 「排除の論理」なんて言っている人たちに、教えてあげたいですね。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧