カテゴリー「詐欺」の121件の記事

2017/07/09

「本人に胸を突いた認識はない」とコメントした」毎日新聞西部本社代表室

「本人に胸を突いた認識はない」とコメントした」毎日新聞西部本社代表室

 今後、「言論の自由」は口が裂けても言わないで欲しい。
 それを否定する行為をした記者を、厳重注意で済ませるのだから。


2017.7.5 11:26更新
毎日新聞に福岡・春日市議13人が抗議文「記者が威圧的行為」

 (略)

 毎日新聞西部本社代表室は「傍聴席から不適切な発言をしたことは認めており、厳重に注意した。本人に胸を突いた認識はない」とコメントした。

http://www.sankei.com/politics/news/170705/plt1707050008-n2.html

 そういう問題じゃないでしょう。
 と、いうセンスがない新聞社ということを周知させるコメント。

 自分たちが権力を叩くのは、許されるけど。
 自分たちが非難されるのは、毛ほども許さない。

 どうして、自分の存在意義への自傷行為だと分からないのだろうか。
 マスコミという立場への自覚がなさすぎなのですね。

| | コメント (0)
|

2017/07/05

野球害毒論~朝日新聞のマッチポンプぶりはこの頃から~

野球害毒論~朝日新聞のマッチポンプぶりはこの頃から~

 いや、珊瑚事件どころじゃなかった。
 もはや、腐り方が、DNAレベルですね。


野球と其害毒(東京朝日新聞社 明治44年(1911年)8月29日)

 近年野球の流行盛んなるに従いて弊風百出し、青年子弟を誤ること多きを以つて、本紙はしばしばその真相を記して父兄の参考に供する所ありたり。しかるに野球に狂せる一派の人々は、本紙の記事が己れに便ならざるを以つて、種々卑劣なる手段を以つて本社に妨害をなし、或いは担当記者に対して迫害を加えんとす。しかれども本社が青年の前途に対する忠実なる憂慮は、これによつてますます切ならざるを得ず。ここに数名の記者を派して、教育に関係ある先達の公平なる意見を聞き、以つて最後の鉄案となさんと欲す。


1911年『野球害毒論』(「草野球の窓」)

 こんなこと言ってくそみそに叩くキャンペーンを展開したのに。
 その後になって、野球大会を主催することになるという大矛盾。

 

| | コメント (0)
|

2017/06/28

橋下氏-松井氏「改憲巡る居酒屋会談」は〝事実なし〟…日経が「おわび」掲載(産経新聞)

橋下氏-松井氏「改憲巡る居酒屋会談」は〝事実なし〟…日経が「おわび」掲載(産経新聞)

 いや、これ、日経の得意技です。
 直接取材して聞いていないのに、さも直接聞いたかのように書く。


2017.6.28 09:12更新
橋下氏-松井氏「改憲巡る居酒屋会談」は〝事実なし〟…日経が「おわび」掲載 橋下氏ツイッターで指摘

 日本経済新聞は27日付の朝刊で、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事と党法律顧問の橋下徹氏が5月19日夜に会談したと報じた6月15日付朝刊の記事について、「会談は事実ではありませんでした」とするおわびを掲載した。この記事をめぐっては、橋下氏が自身のツイッター上で事実誤認だと指摘。「全国紙なんだから、うちの事務所に確認ぐらいしなさい」などと批判していた。

 (略)

http://www.sankei.com/west/news/170628/wst1706280016-n1.html

 もう20年以上前の体験ですが。

 酷いのは、電話を掛けてきて答えた話と違う会社コメントが翌日誌面に掲載される。
 会社の方と一緒に、唖然としていましたね、何これと。

 で、気をつけていると、似たことは日経ではよくあるのです。
 日経の記事は、たとえ一面でも、本当かどうか分からない。

 肝に銘じるべきです。

| | コメント (0)
|

2017/06/27

<NHK>ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象

<NHK>ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象

 先に、NHKの存在意義を問うべきでしょう。

 国の政策発表の場でもなく、民間と同じようなことをやる存在なのに。
 何故、受信料が保護されるのか。

 政権批判してマスコミ気取りたいなら、まず自分の足で立てと言いたい。
 守って貰っておいて、批判するとかバカじゃないのと。


<NHK>ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象
6/27(火) 7:30配信
毎日新聞

 (略)

 原案には、支払いは世帯単位とし、スマートフォンなどでネット受信アプリのダウンロードなどの手続きを済ませた者を対象とする方針も盛り込んだ。地上放送などの受信料をすでに払っている世帯は、ネット同時配信を利用しても無料とし、スマホなどのネット同時配信の利用者のみ有料とする。原案は27日のNHK経営委員会に示され7月下旬に正式決定する予定。

 ネット受信料は総務省から「地上波よりも安くすべきだ」(幹部)との声もあり、NHK内部で検討したが、「地上波より安くするとテレビよりもネットでの視聴が増えてしまう」との意見が強いという。【犬飼直幸】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000014-mai-soci

 受信料払え、でも放送内容にはクレーム認めないのであれば。
 なんで保護するのとかしか思えません。

 いや、たぶん、左派マスコミからもコウモリと思われているでしょうけど。

| | コメント (0)
|

2017/06/24

中国に入れ込んだ代償…現地子会社の不正見抜けず(産経新聞)

中国に入れ込んだ代償…現地子会社の不正見抜けず(産経新聞)

 中国との取引のリスクの大きさを分かっているようで、分かっていなかった。
 いや、この会社だけじゃないと思いますが。


中国に入れ込んだ代償…現地子会社の不正見抜けず、名門商社が100年の歴史に幕
2015.6.3 11:00更新

 東証1部上場だった化学薬品商社「江守グループホールディングス」(福井市)が4月末、民事再生法適用の申請を発表し、破綻した。同社は昨年3月期決算までは好業績を続けていたが、その後、中国の取引先から代金が回収できないなど、傾注していた中国事業での失敗が表面化。債務超過に陥り、明治の創業以来109年続いた創業家の歴史に幕を下ろした。福井の名門企業である同社の倒産劇は改めてチャイナリスクの大きさをクローズアップさせた。

 (略)

 一方、6年の上海事務所設置のころから中国への進出を強め、化学品や電子部品などの販売で業績を伸ばした。26年3月期決算の連結最終利益は4期連続で過去最高を更新し、売上高は2千億円を突破した。

 ところが好調な業績とは裏腹に、中国の大口取引先からの代金回収が滞ったほか、中国子会社の不正取引などによる特別損失計上で、26年12月末時点で234億円の債務超過となっていた。

 同社の売上高のうち中国市場は7割を占め、過大な中国依存度が屋台骨に大きな衝撃を与える結果につながった。

チャイナリスク

 複数の民間信用調査会社の関係者は「中国での取引でだまされたという印象もあるが、放漫経営の側面も否定できない」と厳しい見方を示す。

 ビジネスでの現金の流れを示す営業キャッシュフローは26年3月期まで5期連続でマイナス。一方、金融機関からの借り入れなどを反映する財務キャッシュフローは膨らんでおり、ツケを回収できないまま、借り入れでまかなっていた財務状況は明白だった。

中国での不正を見抜けなかった

 中国子会社の不正を見抜けなかったことに対する風当たりも強い。江守は3月、中国子会社の経営トップだった元総経理が、親族が経営する会社と取引を行っていたと発表。元総経理が内部規則に違反し、江守の承諾を得ずに親族の会社と取引を行い、最終的な販売先が仕入れ先と同一の「売り戻し取引」が見つかったという。本来は手数料収入だけとするはずの利益を商品売買の売り上げがあったように計上していた。

 (略)

http://www.sankei.com/west/news/150603/wst1506030001-n1.html

 ある意味、これも最近流行の子会社による不正会計。
 ただ、横領に近いんじゃないのって可能性もありますが。

 で、監査法人はあずさだそうです。


☆特報 江守グループホールディングスが債務超過 中国関連売上高の急増に落とし穴(2015年03月24日)

 (略)

 監査を請け負っているのは4大監査法人の一角であるあずさ監査法人である。不正の端緒を掴めなければ踏み込んだ監査もできないから、踏み込むタイミングは難しい。それだけに監査役の果たすべき役割は大きい。今回もまた監査役と監査法人の連携の不十分さを露呈した形になったことは間違いない。

http://www.nsjournal.jp/news/detail.php?id=694

| | コメント (0)
|

2017/06/23

マツコ 須藤凜々花の振る舞いをキャバ嬢に例える「客がドンペリ30本開けたのに」

マツコ 須藤凜々花の振る舞いをキャバ嬢に例える「客がドンペリ30本開けたのに」

 つまり、AKBビジネスは、18禁コンテンツにすべき。
 夜のビジネスと同じで、いかにのめり込ませるかが、この商売の本質なのだから。


マツコ 須藤凜々花の振る舞いをキャバ嬢に例える「客がドンペリ30本開けたのに」
2017.6.19
マツコ・デラックス

 (略)

 マツコは今回の現象をキャバクラに例えてみせた。ファンの心理を「何十万、何百万とつぎ込んだ人がいるわけでしょ」と思いやり、あるキャバ嬢が「今月は売り上げがピンチで20位以内に入れそうにないの。悪いけどドンペリ開けてくれない?」となじみの客に頼んだと仮定。客は好みのキャバ嬢のお願いとあって、ふだんは1本しか開けないドンペリを「一晩に30本開けたとしましょう」と大金をつぎ込んだことを仮定した。

 客のおかげで20位以内に入ったキャバ嬢が「『ところであたし、結婚するの』って言うのと同じじゃない」と須藤の振る舞いを絶妙に例え、ふかわは「素晴らしい!」と絶賛した。


https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/19/0010297148.shtml

 運営側には、常識としての自主規制すらない。
 まともな商売なら、「全額返金」が当たり前の話。

 それをすっとぼけるつもりなんでしょ、運営側は。
 商売として、放置していいわけがない、というのが健全な感覚の筈。

 早急に潰すべきビジネスだということが、はっきりしたわけでしょ。
 消費者庁とか、なんで放置するのか、不思議でしょうがない。

| | コメント (0)
|

2017/06/17

メイクのビフォーアフター写真が別人すぎる(ねとらぼ)

メイクのビフォーアフター写真が別人すぎる(ねとらぼ)

 うーん、確かにすごい。

2017年06月14日 13時40分 更新
同一人物に見えないレベル 「彼女とデートなう」に投稿されたメイクのビフォーアフター写真が別人すぎる
バンド「キバオブアキバ」女性ボーカルが、罰ゲームですっぴん写真を公開。
(ねとらぼ)

 化粧後の顔は、日常空間では浮きそうだし。
 素顔嫌いじゃないけど、まぁ、両者が同じ人物と思えないのは事実。

 で、我々男性はどうすればよいのか。
 それに答えてくれるツールがあるらしい。


2017年06月09日 09時00分 更新
やめてえええ! AIがあなたの顔をたちまち「すっぴん」に メイク落としアプリ「MAKEAPP」が恐怖しかない
お化粧にかけた労力を一瞬で無に。
(ねとらぼ)

 女性の化粧も凄いけど、IT技術の発達も凄いよね。
 いや、怖いなぁ。

| | コメント (0)
|

2017/06/05

獣医師不足がないとの事実認識はどこから来たものか

獣医師不足がないとの事実認識はどこから来たものか

 前愛媛県知事で元文科相事務次官が、不足していると言っているのですね。
 朝日新聞・毎日新聞・前川氏は、獣医師会の主張以外の根拠が示せるか。


“告発”前川氏を文科省大先輩が“一喝”「文科省の態度を反省すべき」
夕刊フジ / 2017年6月5日 17時12分

 「加計学園」問題に関する、あるインタビュー記事が話題になっている。同学園の理事長が、安倍晋三首相の友人のため、愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画が「総理の意向」で進んだと主張する前川喜平前文部科学事務次官(62)に対し、同省の先輩で、愛媛県前知事の加戸守行(かと・もりゆき)氏(82)が反論しているのだ。

 (略)

 ところが、加戸氏は「知事在任中に困っていたのが、牛や豚などの動物を扱う公務員獣医師が不足していたことだ」と述べている。前川氏の認識とまったく違う。

 前川氏が強調した安倍首相の意向についても、加戸氏は「安倍首相が加計学園の理事長と友人だからと(意向を)言っていたとしたら、10年、5年前に(獣医学部が)できていたかもしれない」といい、加計学園の計画を高く評価している。

 さらに、加戸氏は、前川氏の能力を評価しながらも、「(前川氏は)『行政の在り方がゆがめられた』と言っているが、その前に獣医師不足を解決できていない文科省の態度を反省すべきだと思う。後輩なので悲しい」と語った。

 (略)

https://news.infoseek.co.jp/article/05fujizak20170605003

 もう、政治はエンタテインメント以外の何者でもありませんね。

| | コメント (0)
|

「(前川氏が妻子持ちであることから)自分のことだけしか考えていない」と

「(前川氏が妻子持ちであることから)自分のことだけしか考えていない」と

 いや、当然だと思います。

 仮に、前川氏の喋っていることが事実だとして。
 やるなら、先に妻子と離婚して、迷惑を掛けないようにしてからでしょ。


「出会い系バー報道」、読売新聞が批判に反論もネットやTVで大不評
2017年06月04日 15時58分 J-CASTニュース

 (略)

 しかし、前川氏がボランティアとして貧困家庭の子供に勉強を教えるなどの活動をしていたことを聞かされると森昌子さんが「(前川氏が妻子持ちであることから)自分のことだけしか考えていない」と、前川氏に批判的な意見を貫く中、松本さんは「わからなくなってきた」と意見を撤回し、泉谷しげるさんは「志の高い官僚さん」と肯定的な評価を下した。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-299693/

 泉谷しげるの言うことは、前から信じていないので、どうでもいいですが。
 これで揺らぐ松っちゃんって、なんだかね。

 で、前川氏は、文科省の後輩たちから刺されても文句言えないですね。
 そういうKYだから、失脚したんだろうなとも思いますが。

 この方の妻子や文科省の後輩たちのことを思うと、かわいそうですね。
 これだけのアホが、かつてはトップだったと思われる文科省(以下略)。

| | コメント (2)
|

2017/06/03

今の各新聞・政党の発言を見る前に、拉致問題を当時どう言っていたか思い出そう

今の各新聞・政党の発言を見る前に、拉致問題を当時どう言っていたか思い出そう

 自分たちは、常に正しいことを言ってきた。
 そのような顔をして、発言する人たち。

 北朝鮮の拉致問題について、当時どう言っていたのか。

〈拉致なんてないと言ってた人たちリスト〉(ユウコの憂国資料室)

 あ、珊瑚事件が社史のページに書いていない新聞社は、やっぱりですね。
 自分たちに都合の悪いことは、一切書かない。

朝日新聞社史

沿革(朝日新聞社)

 反省という言葉を知らないといわれるのは。
 同じ過ちを繰り返さないため、自らに苦い言葉を刻む勇気がないから。

 他人に厳しく、自分に甘い。
 民主党こと民進党や朝日新聞の共通する個性。

 個人的には、毎日新聞、昔はもう少しバランス感覚あった気がしていたのですが。
 気のせいでしたかね。

 で、この恥知らずたちに、怒りすら覚えてしかるべきだろう。
 詐欺師と同じで、中身だけ換骨奪胎して、ずっとだまし続ける人たち。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧