カテゴリー「企業内不正・団体内不正」の10件の記事

2018/06/05

校長「メモ存在しない」、教職員に口止め…自殺(読売新聞)

校長「メモ存在しない」、教職員に口止め…自殺(読売新聞)

 市教委幹部と校長が、隠蔽を指示していたと。
 ゲスさ爆発。

 でも、何故、そのような動機が生じるのか。
 そこを探求しないと、再発防止には繋がらないでしょう。


校長「メモ存在しない」、教職員に口止め…自殺
読売新聞 2018年06月04日 12時43分

 いじめを受けていた神戸市立中3年の女子生徒(当時14歳)が2016年10月に自殺し、同級生からの聞き取りメモが隠蔽(いんぺい)された問題で、当時の校長が市教委幹部の指示で隠蔽する方針が決まった後、教職員らに「メモは存在しないものとして扱う」と伝えていたことがわかった。

 複数の教職員がメモのことを知っており、市教委は校長が隠蔽の発覚を免れるため、口止めを図ったとみている。

 (略)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180604-OYT1T50066.html

| | コメント (0)
|

2018/04/09

AIマッチングによる社風分析が監査手法になる日が来るか

AIマッチングによる社風分析が監査手法になる日が来るか

 会計・監査ジャーナル2018年4月号の記事ですが。

○<連載>公認不正検査士の不正調査手法第4回
 精神論ではなく、実践論としての職業倫理を考える
 ①職業倫理に基づいて行動できるほど人間は強くない
  山口利昭

 タイトルは、なるほどなので、ざっと目を通したのですが。
 すみません、うーん、正直あまりピンと来なかったです。

 ただ、一カ所、ちょっと考えるヒントになった部分があり。

「しかし、対外的な社会的非難から免れたとしても、その企業の従業員は企業の有事対応を真剣にみている。そして、「ああ、この会社は隠すほうがトクと考えているのだな」という負のストーリーが社員に共有され、将来的には、「何事も隠す文化」が醸成されることになる。」

 つまり、企業文化が、非常に大きいという指摘。
 集団としての価値観の問題である。

 もちろん、以前から、企業環境の問題として、監査論でも言及はあった。
 ただ、これって、かつては抽象論でしか語れなかった。

 なにせ、操作可能なパラメーターにならないのだから。
 そこが、これまでの限界だったわけだ。

 ところが、恐ろしいことに、どうやら結論が変わりそう。
 数日前の報道が、限界突破の可能性を教えてくれたからだ。

 以下は、上記の山口氏稿から完全に離れますが。

新入社員 辞めてしまわない秘けつは?
NHK 2018年4月5日 18時13分

 この記事は、求人のミスマッチ問題対応を扱っているのですが。

 某ベンチャーが開発したAIマッチングだが、他にない特徴がある。
 このテスト、「いま働いている社員全員にも同じ質問に答えてもらう」。

 これによって、AIが、会社の社員の傾向つまり”社風”を分析する。
 採用候補者の検査結果と会社との“相性=マッチ度”を判定するのだ。

 これでマッチ度50%以下の採用を見送るようにしたところ。
 新入社員の1年以内離職率が半分程度になったのだという。

 つまり、AIで社風が分析できる時代になったということ。
 これって、まさに、監査で活用すべき時代になったということでしょう。

 フェイスブックの事件で、既に、簡単なデータの収集であっても。
 統計的に有意なデータを得られることは、共通の理解になりつつある。

 恐らく、今後、AIによる社風分析が、監査論の入口になる時代が来る。
 そのように予測すると、今は笑われるでしょうね。

 しかし、必ず、これが当たり前の日が来ると予言しておきます。
 各社の社風をパラメーターとして扱える日は、多分、すぐそこだから。

| | コメント (0)
|

2018/04/06

レスリング伊調馨選手へのパワハラ「認定」

レスリング伊調馨選手へのパワハラ「認定」

 スポーツの世界では、パワハラも当然視する風潮があることを露呈した事件。
 しかし、自分たちの世界以外では、こうなるよという例に思えます。

 告発者を裏切り者扱いするのが、集団心理の怖さ。
 これって、要するに、戦争に進んでいった日本人の心理と同じですから。


レスリング伊調馨選手へのパワハラ「認定」
日テレNEWS24 2018年4月5日 23:04

 オリンピック4連覇の伊調馨選手に日本レスリング協会の幹部がパワハラをしたとする告発状が出された問題で、第三者の弁護士による調査報告書で、複数のパワハラ行為があったと認定されていることがわかった。

 (略)

 栄氏はそんなつもりではなかったという趣旨の釈明をしたとのことだが、合宿の場で強化本部長の立場で発言したという事実にかんがみ、パワハラに認定されたとみられる。

 協会では、早ければ6日にも臨時の理事会を開いて、対応を協議する方針。

http://www.news24.jp/articles/2018/04/05/07389784.html

 で、これを見ると、相撲の方も同じ構造じゃないのと思ってしまう。
 貴乃花の場合、争い方を間違えたのだろうなと感じますね。

| | コメント (0)
|

2018/04/04

佐川氏証人喚問 全記録 NHK

佐川氏証人喚問 全記録 NHK

 記録としてメモしておきます。
 いつまで残っているかは分かりませんが、pdfやcsvまでとれます。


佐川氏証人喚問 全記録
何を語り、何を語らなかったか
財務省決裁文書改ざん問題

 これ、自分の日本語読解能力のテストになりますね。
 自分が思った答えがないと怒り出す危ない人の発見器でもあるか。

| | コメント (0)
|

2018/03/28

報道は(時に)人を殺す

報道は(時に)人を殺す

 いや、世の中、政治家が全て悪いみたいな話ばかりですが。
 私には違和感ありまくりです。

 客観的に見れば、報道されたから、自殺者が出た。

 そして、報道の結果、内部事情で自殺者が出るって。
 今回に限らず、日本社会ではよくある話ですね。

 つまり、十分に予測できた話。
 もちろん、あり得る、というレベルではありますが。

 私が何を言いたいかというと。
 全てを人のせいにするな、ということ。

 政治家が原因の要素もあるかもしれない。
 しかし、最後の一撃を加えたのは、明らかに報道でしょう。

 人が死んだことを非難するのなら、自分も非難すべき。
 それをしないのは、多分、自分の罪を直視したくないから。

 法律上の罪ではなく、あくまでも道義的な罪ですが。
 それを他人に追求するのなら、自分もというのが当然。

 その上で、自分自身も、その罪の一端を負うべき意識を持って。
 そのことを言明した上で(ここが大事)、「それでも」と言う。

 自殺者を出すことが、十分予見できるかもしれない。
 それで非難されても、報道するという覚悟があるのか。

 非難されたら、自分たちは悪くないと言い出すのが見えている。
 言論に法的手段をとる新聞社の存在がある以上、憶測と言えない筈だ。

 再度言います。
 報道は時として人を殺す。

 その事実を踏みしめつつ、それでもペンを握るのか。
 その覚悟があるのですか、というのが私の問いかけ。

 もちろん、自殺者の家族の方への申し訳なさを感じつつ。
 それでも、前に進むという覚悟を持っているのか。

 矛盾を自分自身で感じつつ、悩んで進もうとしているのか。
 あまりも軽薄な、自己矛盾を感じない報道で、それでいいですか。

 なんて、私がここで言っても、何の意味もないのですが。
 それでも、今の想いを残しておきたいと思います。

| | コメント (0)
|

2018/03/27

「連日連夜の作業で休めず、余裕がなかったのが実態」

「連日連夜の作業で休めず、余裕がなかったのが実態」

 恐らく、ここで飲み込んだのは。
 「もっと部下の行動を疑うべきだったのか」なんでしょうね。


ワールド 2018年3月27日 / 10:19 / 9分前更新
森友疑惑究明へ佐川氏喚問、文書改ざん「局内で」 官邸関与は否定

 (略)

 理財局長当時の国会答弁に触れ、「丁寧さを欠いていたのは間違いない。交渉記録に関して財務省の文書管理規則だけを述べた点が丁寧さを欠いた。連日連夜の作業で休めず、余裕がなかったのが実態」と当時を振り返った。

 (略)

https://jp.reuters.com/article/sagawa-summoning-witness-idJPKBN1H304K

 こういうことで忙殺させるのが、報道や野党のお仕事なのか。
 などという言葉が通じる相手なら、こんな話にはなっていませんね。

| | コメント (0)
|

2018/03/15

無責任な人の思考回路はこんなもの

無責任な人の思考回路はこんなもの

 残った人達の気持ちを慮る必要もない、無責任な人であれば。
 まぁ、この程度のことしか言えないでしょうね。


前川氏 「役人は辞めれば何でも言える」 佐川氏に助言
毎日新聞2018年3月15日 08時23分(最終更新 3月15日 10時04分)
https://mainichi.jp/articles/20180315/k00/00e/040/188000c

 で、こういう人の講演会に集まる人達がいるのですね。
 教職員たちばかりだったりしたら、笑ってしまいますが。

 で、「何でも言える」のなら、天下りってどうなのか。
 そこを喋れば、まだ日本のためなのにね。

 結局、自分の利害や恨みを晴らすためだけの発言や行動止まり。
 それを持ち上げるマスコミがいるからですけれど。

 毎日新聞はかつて倒産問題に直面した時の反省がないのだろうか。

| | コメント (0)
|

2018/03/14

捜査に使用されたのは「デジタルフォレンジック」(DF)と呼ばれる技術

捜査に使用されたのは「デジタルフォレンジック」(DF)と呼ばれる技術

 当時、関係部門に国税庁の関係者がいれば。
 これが当然に利用されることが分かっていて、止めたでしょうね。


【森友文書】改竄、電子鑑識で判明 大阪地検、PCデータ復元
産経新聞 2018.3.14 05:00更新

 学校法人「森友学園」(大阪市)との国有地売却をめぐる財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題で、改竄は大阪地検特捜部が実施した電子鑑識によって判明したとみられることが13日、関係者への取材で分かった。

 (略)

 捜査に使用されたのは「デジタルフォレンジック」(DF)と呼ばれる技術で、パソコンやサーバーのデータを消去したり、上書きしたりしても、データ自体はハードディスクに残っていることが多く、復元することができる。

 財務省は会計検査院に改竄後の文書を提出していたが、特捜部にも改竄後の文書を提出していた。だが、特捜部が近畿財務局のパソコンをDFで解析した結果、文書が改竄されていたことが判明したという。

 DFは現職検事が逮捕された平成22年の大阪地検特捜部の押収資料改竄事件を機に、東京、大阪、名古屋の各地検特捜部に導入された。24年のオリンパス損失隠し事件や25年の徳洲会グループの選挙違反事件など多くの事件で活用されている。

http://www.sankei.com/affairs/news/180314/afr1803140002-n1.html

 「役人は改竄しない」と某政治家が寝言を言っているようですが。
 現実の暴走事件があったからこそ、こんな技術が導入されたわけですね。

 しかし、多くの人は、その事実をもはや忘れてしまっている。
 誰かに都合の良い「事実の切り取り」の怖さを知らなくてはならない。

 検証されないスローガンを免罪符にするのは、詐欺師の常套句。
 騙される人達がいるからこそ、政治家は、確信犯でやるのでしょうね。

 理念的に反論しにくい、しかし、検証できないスローガン。
 もしそれを掲げる人がいたら、絶対、眉に唾を付けて話を聞くべき。

 たぶん、その人は、あなたのすぐ近くにもいるのですから。

| | コメント (0)
|

2018/02/21

農協監査に冷や水か JA秋田の問題はどう影響するのか

農協監査に冷や水か JA秋田の問題はどう影響するのか

 これまでの農協監査士監査の責任はどうなる。
 2019年からの会計士監査はどうなる。

 秋田の問題だけで、本当に済むのか。


コメの販売優先、会計後回し 56億円赤字のJA 秋田
石川春菜、金井信義 山村哲史
朝日新聞 2018年2月20日20時59分

 全国の農協改革の「モデル」とみられてきたJA秋田おばこ(本店・秋田県大仙市)の失敗が波紋を呼んでいる。国による米の生産調整(減反)が昨年で終わり、農協の経営能力がより重要になる中、力を入れてきた卸会社などへの直接販売で約56億円の累積赤字を抱えた。販売拡大を優先し、適正な会計処理が後回しにされていた。

 (略)

 巨額の累積赤字は、JA全農あきたを通さず、卸会社などに米を直接売る「直接販売」という取引で生じた。生産農家に「概算金」と呼ぶ仮払金を支払って米を預かり、その年のすべての米を売り切った後で精算する。販売代金の総額が仮払金や経費の総額を上回れば、おばこが農家に追加で支払う。逆に下回れば、農家から返してもらう。JAグループの米販売で広く採用されている仕組みだ。複数年にわたる収支をひとまとめにして精算し、JA本体の会計とは別に「共同計算会計」と呼ばれている。

 2004年に始まったおばこの直接販売は年々拡大。当初は取扱量の6%だったが、ピークの12年には86%に。直接販売により産地のブランド力で高く売れれば、農家の収入を増やせるが、販売が振るわずに概算金が割高となり、農家から返金してもらうべき精算額が増えた。

 さらに事務量が増えたのに電算システムが導入されず、職員数人の手作業では会計処理が追いつかなくなって、収支が把握できなくなった。その結果、正しく精算されず、累積赤字が膨らんだとみられる。

 (略)

https://www.asahi.com/articles/ASL2J64MVL2JUBUB00J.html

 私のイメージでは、農協はバブル崩壊時から財政メタメタで。
 住専問題の本質は、農協問題だというのが私の認識。

 なのに最近JAバンクなんて能天気なCMやってたりして。
 金融機関のきの字でも基礎があるのか、内心ふざけるなと思っていたので。

 怒られるかもしれませんが、それみたことか状態だと思ってしまう。
 何も反省がないのだから、こうなるのなんて当たり前。

 と、私は思っているのですが、それで正しいのかどうか。
 今度、秋田の佐藤増彦大先生に聞いてみよっと。

| | コメント (0)
|

2017/07/22

同窓会費1700万円着服か 名古屋西高の元副会長

同窓会費1700万円着服か 名古屋西高の元副会長

 全額返済の意思があっても、月額5万円じゃ……。


同窓会費1700万円着服か 名古屋西高の元副会長
2017年7月14日12時49分

 愛知県立名古屋西高校(名古屋市西区)の同窓会「名西会」の元副会長男性(66)が、会の資金約1700万円を着服していたことがわかった。会によると、元副会長は着服を認めて全額弁済を約束しているという。

 名西会は卒業生らから入会金や寄付などの資金を集め、会合費のほか、同校の冷房設置費や部活動支援費などに支出している。現副会長(38)によると、2011年に冷房設置費の支払いが滞ったことから会が調査したところ、会計業務を1人で担当していた元副会長の着服が判明した。借金の返済などに金を充てたとみられるという。

 (略)

 元副会長は月5万円ずつ返済する内容の公正証書を会と交わしているという。

http://www.asahi.com/articles/ASK7G360DK7GOIPE005.html?iref=comtop_list_edu_n02

 このような非営利組織の不正について、どう考えるかという問題があり。
 日本では、監査の視点を入れるのを嫌がる風土がありますから。

 「人を疑うのか」と。
 そうではなく、疑わずに済むシステム構築が大事なのですが。

 イザヤベンダサン「日本人とユダヤ人」の後書きで出てくる話ですが。
 何故、レジを備えるのか、という話。

 あれは、日本人の説明のうまさという話でしたけど。
 本音と建て前をきれいに整理する脳味噌がなくなった、現代日本人には厳しいか。

| | コメント (0)
|