カテゴリー「パソコン・インターネット」の224件の記事

2018/02/17

OCR後ドキュワークス文書内を検索して付箋が付く「検索してマーク」

OCR後ドキュワークス文書内を検索して付箋が付く「検索してマーク」

 知らなかった……。
 今までのワタシは何だったの……。


DW文書の中身を検索!「検索してマーク」
ときみのリフレッシュコーナー vol.27
富士ゼロックス新潟

 べ、便利過ぎるぜ!!

| | コメント (0)
|

2018/02/13

黒歴史ジャストウィンドウ構想

黒歴史ジャストウィンドウ構想

 あぁ、なんか思い出してしまった。


2018.2.12 15:00更新
【経済インサイド】
「それって働き方改革?」ツッコミどころ満載、農水省「一太郎」廃止報道に失笑

 (略)

一太郎 ソフトウエア開発会社のジャストシステムが販売する日本語ワープロソフトの名称で、同社の看板製品。一太郎の名称には「日本で一番になるように」との願いが込められている。かつては日本語ワープロソフトの代名詞的存在として圧倒的シェアを誇ったが、パソコンの基本ソフト(OS)ウィンドウズへの対応が遅れ、「ワード」にシェアを奪われつつある。ただ、仕事で「日本語の文章」を書く人や公共機関での人気は今も根強い。最新版の「一太郎2018」は2月9日発売。

http://www.sankei.com/premium/news/180212/prm1802120001-n1.html

 いつの話かと思ってしまうわけですが。

 ジャストシステムが、Windows対応に遅れたのは事実。
 何せ、独自でウィンドウを立ち上げる構想だったのだから。

一太郎 Ver.4.3 & ジャストウィンドウ by PC-9821Ls150 SSD起動 (YouTube)

 ただ、当然ながら、普及することもなく消滅。
 単に、Windowsへの対応が遅れる原因を作っただけ。

 そういえば、一太郎と並んでビジネスソフトの双璧だった123。
 もはや、ロータスの名前を聞くことすらない、いと哀れ。

 あちらは、まさに開発遅れが酷すぎて、話にならなかった記憶。

| | コメント (0)
|

2018/02/09

全国銀行協会の偽サイト見つかる 銀行口座・パスワード詐取(産経新聞)

全国銀行協会の偽サイト見つかる 銀行口座・パスワード詐取(産経新聞)

 怖いですね。


産経新聞 2018.2.7 18:50更新
全国銀行協会の偽サイト見つかる 銀行口座・パスワード詐取

 銀行の業界団体・全国銀行協会は、同協会の公式Webサイトを装ったフィッシングサイトを確認したとして、注意を呼び掛けている。サイトには、銀行の口座番号やパスワードを入力させるフォームがあり、入力すると、口座情報を詐取されるおそれがある。

 偽サイトのURLは「http://www.zenginkyo.com/」。本物のサイトのURL「https://www.zenginkyo.or.jp/」に似ているが、httpsの「s」がなく、ドメインは「or.jp」ではなく「.com」だ。同協会はユーザーに対して、協会サイト利用時はURLを確認するよう呼び掛けている。

 (略)

http://www.sankei.com/economy/news/180207/ecn1802070037-n1.html

 最近、あるソフトのurlの入力ミスで、偽サイト誘導されかけました。
 ほんと、怖い時代です。

| | コメント (0)
|

2018/02/08

ビッグデータ活用はついに高校野球にまで

ビッグデータ活用はついに高校野球にまで

 すごい、タイトルに騙されちゃダメだな。
 まさに、新時代の幕開けというべき内容。


2018.2.8 12:00更新
【高校野球】
全国屈指の進学校が甲子園切符を勝ち取った理由とは 将来の夢「普通のお嫁さん」の女性部員が秘密兵器

 (略)

 「選手はプレーの技量的にはうまくはない。その分、工夫して練習や試合に役立てたい」と、野球のデータを統計学的見地から緻密に分析する「セイバーメトリクス」を3年前から取り入れ、選手起用や試合戦術に生かすようになった。

 それを支えるのが、昨年春に結成された「データ班」の部員たちだ。グラウンドで汗を流す練習には参加せず、役割は専らデータの収集と分析だ。

 彼らは試合に臨む前に、対戦相手校のデータを取り、客観的な数字で特徴を洗い出す。各打者がどの球種をどの方向へ、どんな打球を飛ばしたか、結果の詳細をまとめてパソコンの分析ソフトに入力して解析。球場の内外野エリアを198分割した図で打球傾向を示し、選手に提供する。守備につく野手は定位置ではなく、相手打者の特徴や状況に応じて位置を大きく変えて予測されるプレーに備える。

 昨秋からは滋賀大のデータサイエンス学部に協力を仰いで野球に関するビッグデータを活用し始めた。プレー結果の予測につなげるなどして選手の活躍を支えている。

 (略)

 本格的な「データ班」の結成は昨年春。上品監督が「コンピューターが大好きな子を部に入れよう」と呼びかけ、部員が新入生に向けて呼びかけるなど勧誘した。

 野津風太(のつ・ふうた)さん(1年)はクラスメートの野球部員に誘われ入部。中学の部活動は科学部で、ロボットのプログラミングを学ぶなどコンピューターに親しみ、野球には興味がなかったという。野津さんは「将来の夢はゲームクリエイター。卒業後は滋賀大のデータサイエンス学部で学べたら」と話す。

 もう一人が、プロ野球広島の熱心なファンという高見遥香(はるか)さん(1年)。野球にまつわるデータを紹介していたテレビ番組を見て「広島の菊池は田中が塁にいる場合に打率が上がる…というようなデータが面白いな」と興味を持ったのが入部のきっかけだ。

 (略)


http://www.sankei.com/west/news/180208/wst1802080006-n1.html

 ビックデータ活用ができないと、これからは……。
 を、まさに地で行くという感じですね。

| | コメント (0)
|

2018/01/20

なぜ? LINEからも逃げ出し始めた若者たち(読売新聞)

なぜ? LINEからも逃げ出し始めた若者たち(読売新聞)

 へー、そうなんだ。


なぜ? LINEからも逃げ出し始めた若者たち
ITジャーナリスト 高橋暁子
読売新聞 2018年01月18日 07時00分

 スマートフォンユーザーの多くが使っている無料通信アプリ「LINE」(ライン)。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)として、日本の「コミュニケーションインフラ」の地位を獲得したかのように見えるが、若者の間では早くも「LINE離れ」が起きているようだ。

 (略)

 筆者が、ある高校生から「(友人から)LINEでブロック(やり取りを遮断)されて連絡が取れない」と聞いたのは約2年前のこと。この頃から若者の「コミュニケーション事情」が変わり始めたとみられる。

 別の女子高生は、「LINEグループが増えすぎて、日中、メッセージのプッシュ通知が届き続けるので、最近は通知機能をオフにしている」と話す。「気づくと通知が何十件もたまっているけど気にしない。『未読スルー』(メッセージを見ずに無視すること)や『既読スルー』(メッセージを見ても返信しないこと)は普通」と続ける。

 とにかく、「文章でのやり取りが面倒くさい」そうだ。LINEでのやり取りにはスタンプも使えるが、どうしても文章の量が多くなりがちで、返信すると相手もまた返してきて、会話がなかなか終わらないのも面倒のようだ。

 さらに、その女子高生は「(友だちになることを条件に、LINEのスタンプが無料でダウンロードできる)企業アカウントが増え過ぎて、広告の通知が頻繁にくるのもウザい」と顔をしかめた。スタンプの数が増えすぎて収拾がつかなくなり、最近はダウンロードさえしなくなったそうだ。

 筆者は、LINEを利用しすぎたために、逆に窮屈になったのかもしれないと考えている。それが、先述のマクロミルの調査結果の変化にも表れているのかもしれない。

 (略)

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20180117-OYT8T50016.html

 ちょっと著者の分析は違うような。
 「窮屈」ではなく、「疲れた」んでしょう。

 みんなが慢性的にそう思い始めて、ようやく熱狂が終わる。
 過去のmixiやfacebookと同じでしょう。

 個人的な意見ですが、LINEで誰とでも繋がるって、そもそも無理ゲー。
 文中にあるように、ブロックしないと終われない関係になりかねない。

 で、この記事でもう1つ興味深かったのが、最近の若い人のメール利用状況。

 LINEしか使わないから、メールのやりとりをしないという話。
 確かに、最近、自分の会話でもそういう話は聞いたわけですが。

 その結果が、メールマナーの喪失だったわけですね。
 なるほど。


 メールのルールやマナーを知る機会がなく、インターンシップに参加する予定の企業にタイトルや宛名、挨拶あいさつ文などをつけない「非常識」なメールを送ってしまい、インターンを断られてしまった大学生もいたと聞く。若者のコミュニケーションツールはもはやLINEも含めたSNSがメインで、電話やメールは「過去のもの」となった。

 過去のものとなったという意見は、ちょっと違う気がする。
 他人と距離感をもって付き合う手段としてのメールは、今後も残るでしょう。

 ただ、あくまでも「大人」のコミュニケーション手段としてであり。
 万人向けの通信手段の地位を降りたのかもしれない、というだけではないかと。

| | コメント (0)
|

2018/01/04

訟務重要判例集データベース

訟務重要判例集データベース

 単なるメモですが。
 訟務月報から条件検索できるデータベースがありました。

訟務重要判例集データベース

| | コメント (0)
|

2017/12/26

GPD Pocketが勝手に縦画面になった

GPD Pocketが勝手に縦画面になった

 何故か突然、GPD Pocketが縦画面になってしまった。
 流石に使いにくいので、横画面に戻そうと。

 調べてみると、書いてあるサイト発見。

GPD Pocket:画面回転してタブレットとして使う

 なるほど、Ctrl+Alt+矢印キーで切り替わるのですね。
 戻せるので、安心しました。

 そうか、好きな時に切替えればいいのですね。

| | コメント (0)
|

2017/12/17

TSUTAYAのフランチャイズの未来はどうなるか

TSUTAYAのフランチャイズの未来はどうなるか


「TSUTAYA」苦戦、書店に活路 主婦の友社も買収
朝日新聞 2017年12月16日17時48分

 「TSUTAYAのフランチャイズに申し込もうと思うが、どう思う?」

 ある人に聞かれて、私は23年前に否定的な答えを出した。
 いずれネットでの動画配信も始まるだろうし、店舗運営リスクは高いと。

 しかし、その後10数年は、店舗によっては、むしろ好調に推移したようだ。
 もちろん、店舗運営者の努力があってのことだが。

 私の想像以上に、ネット動画の配信普及はペースが遅かった。
 それだけ、NTTの回線独占状態が凄かったというべきなのかもしれないけど。

 ただ、この先先細りする危機感は、TSUTAYA本体にあるのでしょう。
 他業種とのミックスについて、拙速に見えるくらいの速度で、試行錯誤を進めているのがよく分かる。

 このあたり、この先どうなるかは不明ですが。
 問題は、フランチャイズ店の未来です。

 私には、明るい未来があるとは思えない。
 良くて、本社直営店が、上記のミックスの成果で残っていくだけだろうと。

 何せ、これらのトライは、成功するかどうか分からないのに、金が掛かる。
 本体は、まさにキャッシュカウから吐き出しを行っている状態なのだから。

 しかし、それが各店舗、直営以外のフランチャイズで出来るか。
 悲観的にしか考えられないのですよね、正直。

 ただ、大きな流れは、ずっと以前から見えていたわけです。
 その選択肢を選んだ人間の責任って、大きいのではないかと思う次第。

 果たして、この後の決断が正しく、現場でできるのか。
 日本全国で生じている悩みだと思いますが、注視していきたい。

| | コメント (0)
|

2017/12/15

近江八幡市のふるさと納税サイトにビックリ

近江八幡市のふるさと納税サイトにビックリ

 こ、これって、東京西川の通販サイトじゃないんだよね。
 す、凄すぎる。

東京西川の布団・寝具 | 謝礼品カテゴリー | ふるさと納税なら近江八幡へ│近江八幡市:

| | コメント (0)
|

2017/12/13

Windows 10の「Ctrl+Z」にご用心 コピーしたファイルを編集してから押すと無警告で“完全削除”される(ねとらぼ)

Windows 10の「Ctrl+Z」にご用心 コピーしたファイルを編集してから押すと無警告で“完全削除”される(ねとらぼ)

 そうか。

 「Windows 7では「Ctrl+Z」でファイルが消える場合、削除の確認ダイアログが出ます。」だから、ビックリするわけですね。


Windows 10の「Ctrl+Z」にご用心 コピーしたファイルを編集してから押すと無警告で“完全削除”される
現時点では“仕様”となります。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Windows 10の「Ctrl+Z」(同時押し操作)で起こる挙動に、一部のユーザーから悲鳴が上がっています。特定の条件下でこの操作をすると、編集したファイルが警告もなく、ごみ箱にも入らず“完全削除”されてしまうとのこと。この挙動についてはWindows 10がリリースされた直後にも話題になっていましたが、最近になりまたメディアに取り上げられるなど話題になっています。

 (略)

 また、「Ctrl+y」で使える「アンドゥ」を取り消す「リドゥ」機能を使用すると消えたファイル自体は復活しますが、ファイルの編集をする前の状態に戻ってしまっています。なお、Windows 7では「Ctrl+Z」でファイルが消える場合、削除の確認ダイアログが出ます

 ではこの挙動は不具合によるものなのでしょうか。マイクロソフトに聞いてみたところ、「Windows 10の仕様」「将来のバージョンで変更される可能性があるが、現在のところ時期は未定」とのです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/06/news135.html

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧