カテゴリー「パソコン・インターネット」の200件の記事

2017/08/19

「Excelの数式入力のコツ」その5 「INDEX関数のワンパターン化」って

「Excelの数式入力のコツ」その5 「INDEX関数のワンパターン化」って


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 続きです。

 「INDEX関数のワンパターン化」って。
 これ、要するに、MATCH関数と組み合わせよと。

 INDEX関数+MATCH関数のセットって。

 著者のコンセプトである、

 コンセプトは、関数の引数をコピーフリーにする。
 そのために、引数は、算式の外に出してしまうべきだ。

 ということにまさにピッタリなわけです。

 どういう場合に使うかというと。
 順番に同じようなデータが並ぶとは限らないテーブル。

 そのテーブルの内容を、別のシートに集計かけたい。
 ビジネスでよくあるニーズですが、こういう時使う。

 もちろん、表形式が全て同じなら、簡単に串刺しできますが。
 そうじゃないのが実務なので、このパターンの有用性は高い。

 ということで、まずはINDEX関数。

 =INDEX(検索対象範囲,行(Row)番号,列(Column)番号,領域番号)
 最後の領域番号は、検索対象範囲を複数指定する場合以外省略可。

 「札幌の中央区で、北4条、西四丁目」というようなイメージ。
 アドレスを、行番号と列番号で取り出すわけです。

 ただ、A5などの表記は列・行の表記なのですね。
 行列だと、5Aというか、(5,1)、R5C1のように見ることになります。

 本書では書いてありませんが、ここでも検索対象範囲は「名前」が使えますね。
 すると、=INDEX(テーブル1,5,1)のようになります。

 この、(5,1)部分を、本書のコンセプト通り、外出しします。
 行番号の列を挿入、列番行の行を挿入するわけです。

 ただ、そのままだと、人間が目視で入れるのでミスが生じやすい。
 そこで、自動的に列番号や行番号を抽出させようと。

 このために、行ごと、列ごとにMATCH関数を使うわけです。
 =MATCH(検査値,検索対象範囲,照合型)

 照合型は、完全一致を使うので0とする。
 たぶん、これしか使わないので、=MATCH(検査値,検索対象範囲,0)が基本。

 これで、行番号、列番号が別途設けたセルで取り出せるので。
 あとは、INDEX関数の引数で使えば、万事解決。

 続きます。


| | コメント (0)
|

2017/08/18

「Excelの数式入力のコツ」その5 「IF関数のワンパターン化」って

「Excelの数式入力のコツ」その5 「IF関数のワンパターン化」って


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 続きです。

 「IF関数のワンパターン化」って。
 いや、実は複雑なIF式は使わず、VLOOKUP関数を使えと。

 =VLOOKUP(検索値,検索対象範囲,列番号,検索方法)

 最後の検索方法は、完全一致の場合、falseと入れるが。
 検索対象範囲が昇順なら、trueなので省略可能。

 1000円以上、2000円以下。
 2001円以上、3000円以下みたいな表なら昇順ですね。

 で、検索対象範囲に、範囲名を付けてやる。
 その範囲名を、検索対象範囲に使うのですね。

 ただ、そのままではVLOOKUP関数で使えないので。
 =VLOOKUP(A2,INDIRECT(B2),3)のようにINDIRECT関数を使う。

 すると、検索対象範囲のテーブルを切替えて使える。

 このあたり、IF関数でやると式が複雑で絶望的だが。
 VLOOKUP関数でやれば、シンプルで見通しが良い。

 そして、これでもまだ分岐が足りないときには。
 仕方ないので、IF関数を登場させましょうと。

 その場合も、できるだけ判断をテーブル化して。
 VLOOKUP関数で選択できるようにしましょうと。

 著者は、このテーブルを「ビジネスルール」と呼んでいますが。
 うーん、かえってわかりにくいよなぁ。

 ということで、表現が残念なのがこの本の泣き所。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2017/08/17

「Excelの数式入力のコツ」その4 「SUMIF関数のワンパターン化」って

「Excelの数式入力のコツ」その4 「SUMIF関数のワンパターン化」って


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 続きです。

 「SUMIF関数のワンパターン化」って。
 小計・中計・大計があるような場合の縦集計。

 そもそも、こんな時にSUM関数でやるのはアウト。
 行数が膨大なら、小計ごとの修正に時間が掛かりすぎるでしょと。

 ということで、SUMIF関数の出番。
 あれ、SUBTOTAL関数を使うのかと思っていたけど。

 SUBTOTAL関数では、表の枠組み固定に対応できないと。
 なるほど。

 で、まず、フィルターによる行抽出をしてから。
 式をコピーするのを覚えておく必要がある。

 その上で、=SUMIF(検索対象範囲,検索条件,合計範囲)を設定。
 検索対象範囲や合計範囲は、列ごと指定してしまう。

 検索条件も、普通は1つのセルを指定するので。
 =SUMIF(A:A,A5,C:C) のように入力する。

 A:AとかC:Cとかが、列ごと設定してしまう表記法。
 ただ、循環計算ミスをやりやすいのがこの関数固有の問題。

 どう対応するかですが。

 別に、検索条件だけを取り出した列を設けなさいと。
 本書のP147にあるように、検索条件を別に一列挿入する方法。

 なるほど。
 動かせない表では、セル結合などで、1:1対応がない。

 しかし、別に表の右側に列を設けて、そちらで検索条件を入れる。
 「○○ 中計用」「大計用」などを入れるのが工夫ですね。

 そして、算式での検索条件は、小計の金額欄の1行上を入れる。
 小計欄の1行前までを集計してくるようにするのだと。

 これは、知っておいて損はないのかな。

 なお、SUMIF関数の横集計はミスが起きやすいので。
 別途対応が必要で解説ありますが、それは省略。

 INDIRECT関数を使うというのが、ポイントのようですが。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2017/08/16

「Excelの数式入力のコツ」その3 「ワンパターン化したVLOOKUP関数の入力と複写」って

「Excelの数式入力のコツ」その3 「ワンパターン化したVLOOKUP関数の入力と複写」って


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 続きです。

 「ワンパターン化したVLOOKUP関数の入力と複写」って。
 うーん、意味不明ですが。

 著者のコンセプトを思い出すと、

 コンセプトは、関数の引数をコピーフリーにする。
 そのために、引数は、算式の外に出してしまうべきだ。

 ということでした。

 つまり、VLOOKUP関数の引数である列番号を外に出す。
 別途、列番行だけの行を設けてしまいなさい、ということです。

 更に、これにMATCH関数を組み合わせます。
 すると、列番号が不連続な場合に目視入力するミスがなくなる。

 列番号を見つけるのに、MATCH関数を使って。
 その結果セルをVLOOKUP関数の引数で使う、ということですね。

 これは、理解してしまえば、有用です。
 それにしても、表現がなぁ。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2017/08/14

「Excelの数式入力のコツ」その2 「INDIRECT関数は、オブラートの役割」って

「Excelの数式入力のコツ」その2 「INDIRECT関数は、オブラートの役割」って


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 続きです。

 「INDIRECT関数は、オブラートの役割だと考えればわかりやすい。」がポイントって……。

 オブラートって、包んで保護する役割なので、意味不明です。
 あるいは、和らげるという意味で使う場合もありますが。

 本当のところ、INDIRECT関数が、何をしているのかというと。
 テキストになっているセル番号を、アドレスにして参照してくれるのです。

 本書の主張は、引数は、すぐ見えるように、数式の外に出してしまえなので。
 実は、この関数がとてつもなく重要になります。

 C1に1000という数値、B1にC1というテキストが入っている時に。
 普通、A1に、=C1 とすれば済んでしまうわけですが。

 わざわざ、一旦、途中下車させて、A1に、
 =INDIRECT(B1) として、B1の中継点を挟むわけですが。

 これによって、人間は、「あ、C1を参照しているんだ」と一目で分かる。
 B1には、C1というテキストが入っていますから。

 数式中にあるものは、人間は逐一、式の中身を見ないと分からない。
 しかし、大量のデータでいちいち確認はやってられないよねと。

 なので、オブラートではなくて、途中下車のための関数というべきでしょうね。
 繰り返しになるのですが、本当に、表現が残念です。

 そして、その結果、不連続な参照をする場合にも使えるが著者主張。
 これって、どういうことかというと。

 引数部分を外に出せば、数式自体はアドレス変化によるメンテが不要。
 つまり、メンテナンスフリーを目指しましょうが、著者の主張なのですね。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2017/08/13

「Excelの数式入力のコツ」その1 「数式のワンパターン化」って

「Excelの数式入力のコツ」その1 「数式のワンパターン化」って

 すごく良いことが書いてあるのに。
 表現が悪くてもったいない本って、時折ありますが。

 これもその1つ。


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 著者のいう「数式のワンパターン化」という概念ですが。
 これ、「算式のメンテナンスフリー化」と言うべきです。

 コンセプトは、関数の引数をコピーフリーにする。
 そのために、引数は、算式の外に出してしまうべきだ。

 というのが、著者の主張であり、同意できます。

 もっと言えば、大量データを扱ったりする場合や。
 頻繁にメンテナンスの必要なワークシートの場合が対象。

 つまり、ビジネスユーザーが読者となるべき書籍です。
 すると、副題の付け方ももう少し工夫が出来た筈。

 この著者は、Excel本を相当数出版されていますし。
 企業向けvbaツール開発実績もお持ちのようです。

 要は、Excelの経験は豊富だし、知識も持っているので。
 著者の問題意識と、対処の仕方は確かなのです。

 ところが、残念なことに、表現がイマイチ。
 先に挙げた「数式のワンパターン化」もその1つ。

 普通の人は、言葉だけ聞くと、作り方の話だと思いますよね。
 つまり、やり方をワンパターンにすることだと思う。

 著者は「ワンパターン化入力」なんて表現もするので。
 なおさらですが。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2017/08/07

Firefoxのファイル共有サービス「Send」が話題、1GBまでのデータを安全にシェア

Firefoxのファイル共有サービス「Send」が話題、1GBまでのデータを安全にシェア

 どうなんだろう。
 是非誰かと使ってみたい。

 自分のPC同士では試してみました。
 なかなか良い感じ。


Firefoxのファイル共有サービス「Send」が話題、1GBまでのデータを安全にシェア
インターネットコム / 2017年8月2日 19時10分

Webブラウザー「Firefox」の開発元であるMozillaが実験として公開したファイル共有サービス「Send」が話題だ。最大1GBまでのデータを暗号化して安全にほかの人に送れる。

オンラインストレージ「Firestorage」などに近い使い勝手。専用アプリケーションなどのダウンロードは不要。Webブラウザーを開いて手持ちのファイルをアップロードすると、自動で暗号化し、リンクを作成できる。リンクはメールやLINE、Twitter、Facebookなどで家族や友達とシェアできる。

リンクは1回ダウンロードするか24時間経つと期限切れとなり、自動で削除が完了する。

 (略)

https://news.infoseek.co.jp/article/internetcom_203118/

 Firestorageと同じ操作性なら。
 こちらの方が良いかなと。


Send Firefox Test Pilot

| | コメント (0)
|

2017/07/31

「ブラックジャックによろちんこ」って

「ブラックジャックによろちんこ」って

 今、amazonで現実に起きていることだというのが凄い。

ブラックジャックによろちんこ 第1巻 [電子書籍版] ブラックジャックによろしく Kindle版

 何故こんなことが起きたのか。
 それは、下記まとめで。


Amazonで佐藤秀峰氏の作品が勝手に無料化されロイヤリティが支払われないという事件が発生し作品名を変える事態に

 佐藤秀峰氏って、いろいろトラブルも多い人ですが。
 これについては、流石にamazonの恐ろしさを知らしめたのかなという感じ。

 事前通告なし。
 説明を求めると、全巻無料化されて、ロイヤリティなし。

 これが全部amazon独断。
 嫌なら、取引止めるしかない。

 でも「よろちんこ」はないだろー。
 いや、狙い通りなんだろうけれど。

| | コメント (0)
|

2017/07/21

「RPA」は、すでに人を代替し始めている(東洋経済新報)

「RPA」は、すでに人を代替し始めている(東洋経済新報)

 広告のようなのですが。
 でも、これは、という。


「RPA」は、すでに人を代替し始めている
制作 :東洋経済企画広告制作チーム

ITの進化により、20年後には相当数の職種がなくなると言われているが、すでにホワイトカラーの仕事をロボットが代替し始めている。複数のアプリケーションを駆使して、ミスなく24時間働き続けるRPA=ロボティック・プロセス・オートメーションだ。ただ、これは人間の仕事を奪うというより、人間が人間にしかできない仕事をするために雑用をこなしてくれる、力強い味方と考えたほうがよさそうだ。

 (略)

http://toyokeizai.net/articles/-/177413

 デロイト・トーマツ・コンサルティングだそうです。
 これから暫くの間は、花形分野になりそうな雰囲気。

| | コメント (0)
|

2017/07/20

予約を無断キャンセルした客の番号を共有するサイト、注目浴びる(ねとらぼ)

予約を無断キャンセルした客の番号を共有するサイト、注目浴びる(ねとらぼ)


2017年07月08日 11時30分 更新
予約を無断キャンセルした客の番号を共有するサイト、注目浴びる 背景には飲食店の“泣き寝入り”事情
[黒木 貴啓,ねとらぼ]
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/07/news125.html

 確かに、えん罪リスクが伴いますが。
 でも、それってクレカなどのブラックリストと同じです。

 提供者に、個人情報保護法違反の恐れがあると言うのは。
 クレカだって、全く同じでしょう。

 なので、これがダメなら、クレカなども同じ。
 違法性を強調するのは、嘘じゃなくても、ミスリードでしょう。

 いや、この記事を書いた方がというのではなく。
 個人情報保護委員会が、という意味ですが。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧