カテゴリー「スポーツ」の37件の記事

2018/06/01

若者敬遠、ゴルフ場の倒産急増 預託金の償還に対応できず廃業のケースも(SankeiBiz)

若者敬遠、ゴルフ場の倒産急増 預託金の償還に対応できず廃業のケースも(SankeiBiz)

 預託金で商売を始めた時点で、将来の倒産は約束されていた。
 そう理解すべきなのでしょう。


若者敬遠、ゴルフ場の倒産急増 預託金の償還に対応できず廃業のケースも
SankeiBiz 2018.5.30 06:15

 (略)

 リーマン時超えか

 帝国データバンクの調査によると今年のゴルフ場倒産件数は昨年1年間の12件を既に上回っており、このペースで増加すれば倒産が高水準で推移した08年の28件を超える可能性がある。

 (略)

 ゴルフ場経営者には預託金問題も重くのしかかる。施設整備などのため会員がゴルフ場に預けていた金で期限が来れば返還を求められるものだが、資金不足から多くのゴルフ場で先延ばしとなり、一部で訴訟も起きている。バブル期に整備されたゴルフ場の多くが設備の更新時期にさしかかっておりその費用もかさむ。

 (略)

https://www.sankeibiz.jp/business/news/180530/bsc1805300500003-n1.htm

| | コメント (0)
|

2018/05/20

関西学院大学の読み

関西学院大学の読み

 知らなかった……。
 まぁ、近畿在住でもなく、アメフトも興味ないので許されるか。


小池知事「アメフトが危ないスポーツと思われないよう努力を」
THE PAGE 2018年05月18日 16:50

 (略)

 報道陣の質問に答えた発言だったが、記者が関西学院大学を「かんさいがくいんだいがく」と呼んだのを、「『くゎんせいがくいんだいがく』なのでぜひよろしく」と正して“母校愛”を見せる一幕もあった。

(取材・文:具志堅浩二)

http://blogos.com/article/298071/

 そういえば、レームダックとなった小池氏の発言って。
 もう殆ど見ることもなくなりましたね。

 時期の判断を間違えた代償は、あまりにもデカかった。
 でも、まだ五輪が近づくと、もう1回くらいチャンスがあるかも。

| | コメント (0)
|

2018/05/15

関学アメフト試合中の事故で車椅子生活になり、その後税理士の道へ

関学アメフト試合中の事故で車椅子生活になり、その後税理士の道へ

 今話題のアメフト問題ですが。
 関学には、試合中の事故での苦い教訓があるのですね。


過去にNFLでも。日大アメフット悪質タックル問題への処分はどうすべきか?
THE PAGE 2018年5月15日 6時7分

 (略)

 元サンケイスポーツ代表で50年以上アメフットを取材してきた武田吉夫氏も、「フィールド上の格闘技と言われる競技だが、ここまでの悪質なタックルは過去に見たことがない。パスを投げた2秒も3秒も後に意図的に負傷させようと背後からタックルをしている。ルールを守らなければ犯罪行為になる。命にもかかわる。関学では過去に猿木さんという名QBが試合中のタックルで負傷、下半身不随になったという出来事があった。私は目の前で取材をしていたが、そのときは2人がかりのタックルの下敷きになった。関学が、今回の問題を看過しなかった背景には、そういう過去も手伝っていると思う。(略)」と苦言を呈する。

 1978年の春のリーグ戦で関学のエースQBの猿木唯資さんが負傷、選手生命を絶たれ車椅子生活を余儀なくされることになったのだ。猿木さんは、現在、税理士として活躍されているが、そういう歴史を持つ関学が怒りをあらわにするのは当然だろう。

 (略)

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

http://news.livedoor.com/article/detail/14715045/

 なるほど。
 確かに、税理士として事務所を開業されています。


代表プロフィール(猿木唯資税理士事務所)

 自身の体験も語っておられます。
 選手の皆さん方が、自分や相手のために、一読されてはと思います。


頸損だより2008冬(No.108) 2008年12月20日発送
頚損ピアサロンVol.1
-当事者だから、伝えられることがある-
【録音テープ起こし:A.T./編集:鳥屋利治】
●話し 猿木(さるき) 唯(ただ)資(し)さん

| | コメント (0)
|

2018/05/09

誤解を招く表現というレベルじゃないでしょ

誤解を招く表現というレベルじゃないでしょ

 詐欺、誇大広告。
 誤解も何も、悪質なステマと同じ。

 要するに、NHKってこういうことやっていいと思っている。
 そういう証左でしょ。


本田圭佑、ハリル監督解任については語らず。「プロフェッショナル」番組HPで謝罪
5/4(金) 21:04配信 フットボールチャンネル

 (略)

 本田は番組内で「ヴァイッド・ハリルホジッチ氏の日本代表監督解任の舞台裏を告白する」とされていた。

 しかし番組側は、「プロサッカー選手・本田圭佑さんの予告で、「ハリルホジッチ監督解任の舞台裏」という文言を用いましたが(すでに削除)、本田さんが「解任」についてインタビューで語ったわけではありません」と記し、「誤解を招く表現でした。本田さんならびに関係者の方々にお詫びいたします」と謝罪している。

フットボールチャンネル編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180504-00268130-footballc-socc

 上記って、謝罪になってないでしょう。
 自分のところの記者に突っ込ませてみろよと言いたい。

 報道機関は、自分が批判されることに敏感ですが。
 問題はスルーするだけで、本当の身を切る改革にはほど遠い。

 報道の自由を自ら腐敗させることに、どうしてこんなに鈍感なのだろう。

| | コメント (0)
|

2018/04/26

井岡氏父と経営のジム、3.5億円申告漏れ 国税局指摘(朝日新聞)

井岡氏父と経営のジム、3.5億円申告漏れ 国税局指摘(朝日新聞)

 「指摘を受け、納得した部分についてはちゃんと修正し、納めるべきものは納めた」って、当たり前のことであり、何も言ってないに等しい。

 これがコメントとして通じる世の中は、前から違和感なんですよね。


井岡氏父と経営のジム、3.5億円申告漏れ 国税局指摘
大部俊哉
朝日新聞 2018年4月26日03時35分

 (略)

 個人で運営や興行などを手掛けてきたが、13年12月に自らを代表取締役とする「一伸」(堺市)を設立し、これらの事業を法人に引き継いだ。

 ボクシングの興行はチケット収入やスポンサー料、テレビ放映権料などが主な収益となる。関係者によると、一法氏と同社は、一翔氏らの試合のチケット収入やスポンサー料を実際よりも少なく申告。ジム内に開設した整骨院の療養費なども計上していなかったという。国税局は、これらの一部が重加算税の対象となる仮装・隠蔽(いんぺい)行為に当たると判断したとみられる。

 一法氏側は朝日新聞などの取材に「指摘を受け、納得した部分についてはちゃんと修正し、納めるべきものは納めた」としている。

 (略)

https://www.asahi.com/articles/ASL4R630XL4RPTIL01S.html

 どうしてバレないと思っていたのでしょうね。
 本当に不思議です。

| | コメント (0)
|

2018/04/06

レスリング伊調馨選手へのパワハラ「認定」

レスリング伊調馨選手へのパワハラ「認定」

 スポーツの世界では、パワハラも当然視する風潮があることを露呈した事件。
 しかし、自分たちの世界以外では、こうなるよという例に思えます。

 告発者を裏切り者扱いするのが、集団心理の怖さ。
 これって、要するに、戦争に進んでいった日本人の心理と同じですから。


レスリング伊調馨選手へのパワハラ「認定」
日テレNEWS24 2018年4月5日 23:04

 オリンピック4連覇の伊調馨選手に日本レスリング協会の幹部がパワハラをしたとする告発状が出された問題で、第三者の弁護士による調査報告書で、複数のパワハラ行為があったと認定されていることがわかった。

 (略)

 栄氏はそんなつもりではなかったという趣旨の釈明をしたとのことだが、合宿の場で強化本部長の立場で発言したという事実にかんがみ、パワハラに認定されたとみられる。

 協会では、早ければ6日にも臨時の理事会を開いて、対応を協議する方針。

http://www.news24.jp/articles/2018/04/05/07389784.html

 で、これを見ると、相撲の方も同じ構造じゃないのと思ってしまう。
 貴乃花の場合、争い方を間違えたのだろうなと感じますね。

| | コメント (0)
|

2018/03/16

「自分の認識している事実をご説明いたしました」伊調馨

「自分の認識している事実をご説明いたしました」伊調馨

 模範的なコメントの出し方ですね。
 「自分の認識している」を付けた「事実」がポイント。

 意見ではなく、事実だけれど。
 あくまでも、自分はそう捉えたということだと表現。

 しかも、内容は一切語っていない。
 後の法的判断等を待つという姿勢を表明。

 ある意味、非の打ち所がないコメントの出し方。
 メモで残しておきたいと思います。


【レスリング】
伊調馨「自分の認識している事実を説明した」 パワハラ聞き取りについてコメント
産経新聞 2018.3.14 16:44更新

 (略)

 コメントは次の通り。

 「この度の私に関する報道に対し、皆さまにご心配をおかけしておりますが、温かいお言葉を多数いただきまして、ありがとうございます。

 まずは昨日、内閣府から調査の要請がありましたので、自分の認識している事実をご説明いたしました。また、日本レスリング協会の第三者委員による調査も、ご要請いただきましたら応えていく所存です。その上で、各調査機関の判断を待ちたいと考えております」

http://www.sankei.com/sports/news/180314/spo1803140032-n1.html

| | コメント (0)
|

2018/02/18

ハビエル選手が現役長くないからかなと思っていた

ハビエル選手が現役長くないからかなと思っていた

 しょーまくん、キミ天然過ぎるってば。


宇野、銀も「他の試合と違い感じない」 新人類?「羽生選手には特別なんだろうなと」
デイリースポーツ 2018年2月17日 15時36分

 (略)

 メダリスト3人で抱き合った時も「英語なので(会話は)分からなかった。なんで泣いてるのかな、同じクラブだからかな、ハビエル選手が現役長くないからかなと思っていた」。

 (略)

http://news.livedoor.com/article/detail/14314961/

 この記事、削除されそうだな……。

| | コメント (0)
|

2018/02/17

羽生が勝ち、羽生が負けた日

羽生が勝ち、羽生が負けた日

 昼休みにネットを見ると、藤井五段が買ったと。
 ってことは、羽生先生負けたんだ、あちゃーと。

 4三歩あたりの対応がどうだったのか、という気もしますが。
 いや分かりません。

 で、午後、お客さんのところに行ったら。
 テレビ視聴中で、これ終わらないと話できませんねと。

 ハビちゃん、しょうまくんが滑るのを見て。
 おぉ、ワンツーフィニッシュではないですか。

 すげ。
 羽生選手の男らしさには、感動しますね。

 あとは、薬物チェックとかで変なことにならなければな。
 痛み止めとかで変なケチが付かないことを心から祈ります。

 それにしても、すごいな。

| | コメント (0)
|

2018/02/08

ビッグデータ活用はついに高校野球にまで

ビッグデータ活用はついに高校野球にまで

 すごい、タイトルに騙されちゃダメだな。
 まさに、新時代の幕開けというべき内容。


2018.2.8 12:00更新
【高校野球】
全国屈指の進学校が甲子園切符を勝ち取った理由とは 将来の夢「普通のお嫁さん」の女性部員が秘密兵器

 (略)

 「選手はプレーの技量的にはうまくはない。その分、工夫して練習や試合に役立てたい」と、野球のデータを統計学的見地から緻密に分析する「セイバーメトリクス」を3年前から取り入れ、選手起用や試合戦術に生かすようになった。

 それを支えるのが、昨年春に結成された「データ班」の部員たちだ。グラウンドで汗を流す練習には参加せず、役割は専らデータの収集と分析だ。

 彼らは試合に臨む前に、対戦相手校のデータを取り、客観的な数字で特徴を洗い出す。各打者がどの球種をどの方向へ、どんな打球を飛ばしたか、結果の詳細をまとめてパソコンの分析ソフトに入力して解析。球場の内外野エリアを198分割した図で打球傾向を示し、選手に提供する。守備につく野手は定位置ではなく、相手打者の特徴や状況に応じて位置を大きく変えて予測されるプレーに備える。

 昨秋からは滋賀大のデータサイエンス学部に協力を仰いで野球に関するビッグデータを活用し始めた。プレー結果の予測につなげるなどして選手の活躍を支えている。

 (略)

 本格的な「データ班」の結成は昨年春。上品監督が「コンピューターが大好きな子を部に入れよう」と呼びかけ、部員が新入生に向けて呼びかけるなど勧誘した。

 野津風太(のつ・ふうた)さん(1年)はクラスメートの野球部員に誘われ入部。中学の部活動は科学部で、ロボットのプログラミングを学ぶなどコンピューターに親しみ、野球には興味がなかったという。野津さんは「将来の夢はゲームクリエイター。卒業後は滋賀大のデータサイエンス学部で学べたら」と話す。

 もう一人が、プロ野球広島の熱心なファンという高見遥香(はるか)さん(1年)。野球にまつわるデータを紹介していたテレビ番組を見て「広島の菊池は田中が塁にいる場合に打率が上がる…というようなデータが面白いな」と興味を持ったのが入部のきっかけだ。

 (略)


http://www.sankei.com/west/news/180208/wst1802080006-n1.html

 ビックデータ活用ができないと、これからは……。
 を、まさに地で行くという感じですね。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧