カテゴリー「ニュース」の970件の記事

2018/04/27

海賊版サイト接続遮断は違法=弁護士がNTTコム提訴-東京地裁

海賊版サイト接続遮断は違法=弁護士がNTTコム提訴-東京地裁

 ちょっとびっくり。
 訴訟提起する資格がこの方にあるのですか。


海賊版サイト接続遮断は違法=弁護士がNTTコム提訴-東京地裁
時事通信 2018年4月26日(木) 19:45提供:

 NTTコミュニケーションズが漫画を無料で読める「海賊版サイト」へのインターネットの接続遮断を決めたのは違法だとして、同社を利用する弁護士が、遮断しないよう求める訴訟を東京地裁に起こしたことが26日、分かった。
 (略)

https://news.ameba.jp/entry/20180426-962/

 そのうち、誰かが解説出してくるのを待ちたいと思います。

 ところで、上記の「同社」って、日本語的に言えば、

【1】NTTコミュニケーションズ
【2】漫画を無料で読める「海賊版サイト」

 の両方の可能性がありますよね。

 恐らく【1】ですが、「同社」というのですから、特定して「(株)」をつけておくべきだったと思います。

 ということを踏まえて再度。

 海賊版サイトへの接続を遮断されたとして。
 【1】の利用者がどのような利益を侵害されたというのでしょうか。

 まさか【2】の利用者だなんて、自爆はないでしょうから。
 門前払い覚悟の、パフォーマンス訴訟に見えるのですが。

 どうなんでしょう。

| | コメント (0)
|

2018/04/26

井岡氏父と経営のジム、3.5億円申告漏れ 国税局指摘(朝日新聞)

井岡氏父と経営のジム、3.5億円申告漏れ 国税局指摘(朝日新聞)

 「指摘を受け、納得した部分についてはちゃんと修正し、納めるべきものは納めた」って、当たり前のことであり、何も言ってないに等しい。

 これがコメントとして通じる世の中は、前から違和感なんですよね。


井岡氏父と経営のジム、3.5億円申告漏れ 国税局指摘
大部俊哉
朝日新聞 2018年4月26日03時35分

 (略)

 個人で運営や興行などを手掛けてきたが、13年12月に自らを代表取締役とする「一伸」(堺市)を設立し、これらの事業を法人に引き継いだ。

 ボクシングの興行はチケット収入やスポンサー料、テレビ放映権料などが主な収益となる。関係者によると、一法氏と同社は、一翔氏らの試合のチケット収入やスポンサー料を実際よりも少なく申告。ジム内に開設した整骨院の療養費なども計上していなかったという。国税局は、これらの一部が重加算税の対象となる仮装・隠蔽(いんぺい)行為に当たると判断したとみられる。

 一法氏側は朝日新聞などの取材に「指摘を受け、納得した部分についてはちゃんと修正し、納めるべきものは納めた」としている。

 (略)

https://www.asahi.com/articles/ASL4R630XL4RPTIL01S.html

 どうしてバレないと思っていたのでしょうね。
 本当に不思議です。

| | コメント (0)
|

2018/04/25

2017年度「太陽光関連事業者」の倒産状況(TSR情報)

2017年度「太陽光関連事業者」の倒産状況(TSR情報)

 TSR情報 平成30年4月18日(水)より。

○2017年度「太陽光関連事業者」の倒産状況
 ~前年度比20.6%増の82件、年度で最多を更新~

 ま、当然なのですが。

 一番注目は、原因別で、「販売不振」(41件)が5割を占めるという話。
 次が、「事業上の失敗」の11件(同13.4%)。

 その次に、「運転資金の欠乏」と「既往のシワ寄せ(赤字累積)」。
 これらが、それぞれ8件(同9.7%)だったと。

 こういう業者から買った人達は、メンテナンス、どうするんでしょうね。

| | コメント (0)
|

2018/04/21

CCleanerのマルウエア混入は買収前段階から

CCleanerのマルウエア混入は買収前段階から

 用意周到だったんですね。


PC最適化ツール「CCleaner」を踏み台にした標的型攻撃のマルウェア混入ルートが判明
By download.net.pl
2018年04月19日 16時06分00秒

2017年8月から9月にかけて、PC最適化ツール「CCleaner」にマルウェアが混入された状態で配布され、IntelやMicrosoft、ソニー、富士通など世界の大企業に標的型攻撃が実行されるという出来事が発生しました。この件について、CClearnerの開発元を買収していたセキュリティ関連企業Avastが調査結果を2018年4月17日に公開し、ハッカーはリモートログインサービス「TeamViewer」を使って事件の5カ月前にサーバーに侵入してバックドアを作っていたことなどを明らかにしています。

 (略)

今回の調査のまとめとしてAvastは、企業のM&A(合併・買収)が行われる際のデューディリジェンスでは、企業の財務面や法務面での調査だけでなく、サイバーセキュリティの面においても同様に重点を置き、調査を行うべきであるとしています。また、今回の攻撃ではマルウェアが正規のダウンロードサーバーで配布されており、配布元のPiriformに対する「サプライチェーン攻撃」であったことから、各企業は自社内だけでなくサプライチェーンのセキュリティ対策をも行う必要があるとしています。


https://gigazine.net/news/20180419-ccleaner-attack-timeline/

 うーん、このあたり、どこまで徹底できるのだろう。
 確かに、そうだと思いつつも、実効性で不安がある。

| | コメント (0)
|

2018/04/20

会話を無断録音して放送するのが常習化していたのか

会話を無断録音して放送するのが常習化していたのか

 そうか、だから、どれだけ重い問題なのか、認識がないのか。
 政府批判で大騒ぎしていた憲法学者の方々が、どうコメントするのか。


堀江貴文さんがテレ朝女性記者に受けた仕打ちを暴露 「逮捕直前、心配してることを装って会話を録音」
中澤星児

 (略)

そんな中、堀江貴文さんが、かつてテレビ朝日の女性記者から受けた仕打ちをTwitterに投稿し話題となっている。それは堀江さん自身が逮捕される直前に起きたようだ。内容は以下の通り。

「財務次官の問題の真相はわかりませんが、私は検察に逮捕する直前に親しいテレビ朝日の女性記者から心配してる事を装って携帯電話に電話がかかってきて会話を全部録音されて逮捕後に放送された経験あります(原文ママ)」
 (略)

https://rocketnews24.com/2018/04/19/1048495/

 放送目的での録音が推定される無断録音の是非。
 身を守る云々の言い訳すらできないでしょうね。

 さて、憲法学者の方々が、一貫性ある発言をしているのかどうか。
 これから、じっくりと観察していきましょう。

 個人的な政治スタンスで主張を歪めることがあるのか、ないのか。
 まさか、「身内」にこんなバカがいるとは思わなかったが本音かもですが。

| | コメント (0)
|

Windows 10春のアップデート、延期の理由は死のブルースクリーンか

Windows 10春のアップデート、延期の理由は死のブルースクリーンか

 なんだ、大規模アップデートは先送りになったのですね。


Windows 10春のアップデート、延期の理由は死のブルースクリーンか
2018年4月19日 18時34分
マイナビニュース

MicrosoftはWindows 10をローリングリリースモデルにしており、定期的に新機能の追加を伴うアップデートの提供を行っている。現在の最新版は2017年10月17日に公開された「Windows 10 Fall Creators Update」だ。次のアップデートのリリースは2018年4月10日頃とされていたが、まだアップデートは提供されていない。

 (略)

http://news.livedoor.com/article/detail/14602618/

 さて、いつ始まるんだろうなぁ。

| | コメント (0)
|

2018/04/19

本当なら悪質なハニートラップ疑惑じゃないの

本当なら悪質なハニートラップ疑惑じゃないの

 この取材を命じたのは、継続させたのは誰なのですか。
 そこを明らかにするのが、セクハラ被害を申立てる大前提でしょう。


【財務次官セクハラ疑惑】
テレビ朝日コメント「自らの身を守るために会話の録音」「要請を受けて録音の一部も提供」
産経新聞 2018.4.19 00:50更新

 (略)

 この社員は、1年半ほど前から数回、取材目的で福田氏と1対1で会食をしましたが、そのたびにセクハラ発言があったことから、自らの身を守るために会話の録音を始めました。今月4日に福田氏から連絡を受け取材のために1対1で飲食の機会がありましたが、その際にも、セクハラ発言が多数あったことから、途中から録音をしました。

 (略)

http://www.sankei.com/affairs/news/180419/afr1804190005-n2.html

 だから、何度も会ったというのか。
 だから、繋ぎ合わせた録音を無断で公開したというのか。

 全て、なんか異次元の会話に思える。
 相手を全て飛び越えている。

 これで、今後、自らの身を守るため、個別取材には誰も応じなくなる。
 主張が事実なら、第二の西山事件まがいですね。

 相手に期待を持たせて、継続的な会話を続けた。
 自分が取材の利益を得る目的で、相手と会ったのではないのか。

 そうではなく、誰が、何度も会うことを強制したというのか。
 取材の自由・録音の事由など、論点山盛り。

 学者の方々が、これをどう扱うのか。
 人権観の本質が問われるでしょうね。

 それにしても、これがセクハラだと堂々と主張できて。
 会社もそれを後押しするのか。

 少なくとも、使用者として自分が命じた取材ではないのか。
 その矛盾を何も感じないのだろうか。

 あぁ、周防監督に、是非コメントとって欲しいな。

| | コメント (0)
|

2018/04/18

「独身で不倫でもないのに、なぜ辞めることを考えるのか」

「独身で不倫でもないのに、なぜ辞めることを考えるのか」

 つまり、それで済まない問題があるから、ということですね。
 自由恋愛の範疇外のことが出て来て辞任に繋がる、というのに等しい。


米山隆一知事のスキャンダル 県民「投票間違っていたかも」
2018年4月17日 22時53分

【新潟知事女性問題】「米山さんに投票したが間違っていたかもしれない」 県民から厳しい声 県政与党からも「潔く辞めるべき」
2018年4月17日 22時53分
産経新聞

 (略)

 県民の失望感も大きい。県庁を訪れていた新潟市中央区の女性会社員(37)は「県のトップとしてクリーンなイメージではない。米山さんに投票したが間違っていたかもしれない」と話した。また、県総務管理部の男性職員(33)は「今後どうなるのか不安だ」と表情を曇らせた。非常勤の女性職員(50)は「独身で不倫でもないのに、なぜ辞めることを考えるのか」と首をかしげた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14593348/

 これだけ言っていても、また似たような人が当選するかも。
 ガソリーヌ嬢の愛知7区当選という、ふざけた話もありましたし。

| | コメント (0)
|

財務省事務次官のセクハラ発言、3ヶ所での音声を合成した可能性(ハム速)

財務省事務次官のセクハラ発言、3ヶ所での音声を合成した可能性(ハム速)

 やっぱりで、予想を裏付ける検証記事が出ました。


財務省事務次官のセクハラ発言、3ヶ所での音声を合成した可能性(ハム速)

 電車内痴漢でっち上げ事件の怖さは分っても。
 こういうことには、実感が伴わないのが衆生だということか。

 捏造行為の怖さこそ、叩かれるべきでしょうに。
 誰も福田さんの味方をしてあげないって、怖い世の中だなと。

 と思っていたら、大杉教授が冷静なコメントをしていたのですね。


大杉 謙一 @osugi1967
今回の財務省の処置に憤っておられる皆さんの人権感覚って相撲協会を擁護した池坊氏とよく似ている(事実を明らかにせずに結論を出そうとする)と思うのだが。あの音声ファイルだけで事実認定はできないでしょ。
15:57 - 2018年4月16日

 確かにね。
 池坊氏は自分が責められると、逃げ込もうとしたしね。

 人権派を標榜する人は、誰かの人権を破壊することを躊躇しない。
 自分が守るべきと思った別の人の人権を守るためなら。

 結果、それが勘違いであったとしても。
 言い訳だけで、また同じようなことを繰り返す。

 そうか、だから、ガソリーヌ嬢のような不整合な生き物が登場するのだ。
 あっちとこっちで、矛盾していても、本人は何も違和感を感じない。

 そういう人同士だから、何もおかしいと思わないで担ぐ。
 こういう人達が群れるのって、必然なのですね。

| | コメント (0)
|

福山市役所が市長補佐を副業で募集して応募395人

福山市役所が市長補佐を副業で募集して応募395人

 地元の話だけに、いろいろビックリ。
 これ読むまで知らなかった自分自身の無知含めてですが。


月10万でも首都圏から広島へ “市長補佐の副業”に応募した395人の動機とは
SankeiBiz 2018.4.15 13:03

 昨年11月、広島県福山市が兼業・副業を前提に「戦略推進マネージャー」を募集したところ、395人の応募が集まった。その大半は首都圏在住の30~40代。報酬は1日2万5000円で、月4回程度のため月額10万円程度にしかならない。それでも「副業」をしたいのは、なぜなのか--。

 (略)

 市長の「戦略推進マネージャー」に395人が応募

 そこで興味深い動きがある。広島県福山市が昨年11月、転職サイトの「ビズリーチ」上で、兼業・副業を前提とした人材募集を行ったところ、395人の応募が集まったのだ。このうち5人が今年3月から福山市で働いている。

 (略)

 それでも応募者395人には驚いたという。内訳は男性が9割で、その大半が首都圏在住だという。年齢は30~40代が約6割を占め、業種はコンサルティング会社、製造業、金融機関など多彩だった。実は当初の採用予定は1人だけだったが「絞り込むのは難しく、しかも優秀な人が多いので市役所のさまざまな分野で活躍してもらおう」(中村部長)ということで5人になったそうだ。

 報酬は1日2万5000円で月4回

 副業限定で募集するのは自治体として初の取り組みだが、働き方や報酬の仕組みもユニークだ。勤務日は週1日、月4日程度を想定しているが、事情に応じて月1回のときも認めるなど柔軟に対応していく。1日の報酬は2万5000円。首都圏から来る人もいるので別途交通費と宿泊費が支給される。

 副業する人は雇用関係ではなく、一般的なセミナーの外部講師と同じ扱いになり、報酬も講師謝礼として支出する「謝金」になる。雇用すると地方公務員法の適用を受けるなどいろいろな縛りも発生するが、このスタイルであれば働く自由度も高く、所属する会社も認めやすいと考えた。

 (略)

福山市の中村部長も「地方の中小企業は人材の確保に困っているが、副業というスタイルの確保策があることを発信していきたい。それが花開くことになれば必ずしも新卒に限らず、中高年世代を含めた多様な人材確保策が将来生まれる可能性がある」と期待する。

 (略)

 (ジャーナリスト 溝上 憲文 写真=iStock.com)(PRESIDENT Online)

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/180415/ecd1804151303002-n1.htm

 応募者達が、今後、成功するかどうかは分かりませんが。
 この反響だけで、福山市としては、既に一定の成果は上がったと言えそう。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧