カテゴリー「ニュース」の765件の記事

2017/06/24

中国に入れ込んだ代償…現地子会社の不正見抜けず(産経新聞)

中国に入れ込んだ代償…現地子会社の不正見抜けず(産経新聞)

 中国との取引のリスクの大きさを分かっているようで、分かっていなかった。
 いや、この会社だけじゃないと思いますが。


中国に入れ込んだ代償…現地子会社の不正見抜けず、名門商社が100年の歴史に幕
2015.6.3 11:00更新

 東証1部上場だった化学薬品商社「江守グループホールディングス」(福井市)が4月末、民事再生法適用の申請を発表し、破綻した。同社は昨年3月期決算までは好業績を続けていたが、その後、中国の取引先から代金が回収できないなど、傾注していた中国事業での失敗が表面化。債務超過に陥り、明治の創業以来109年続いた創業家の歴史に幕を下ろした。福井の名門企業である同社の倒産劇は改めてチャイナリスクの大きさをクローズアップさせた。

 (略)

 一方、6年の上海事務所設置のころから中国への進出を強め、化学品や電子部品などの販売で業績を伸ばした。26年3月期決算の連結最終利益は4期連続で過去最高を更新し、売上高は2千億円を突破した。

 ところが好調な業績とは裏腹に、中国の大口取引先からの代金回収が滞ったほか、中国子会社の不正取引などによる特別損失計上で、26年12月末時点で234億円の債務超過となっていた。

 同社の売上高のうち中国市場は7割を占め、過大な中国依存度が屋台骨に大きな衝撃を与える結果につながった。

チャイナリスク

 複数の民間信用調査会社の関係者は「中国での取引でだまされたという印象もあるが、放漫経営の側面も否定できない」と厳しい見方を示す。

 ビジネスでの現金の流れを示す営業キャッシュフローは26年3月期まで5期連続でマイナス。一方、金融機関からの借り入れなどを反映する財務キャッシュフローは膨らんでおり、ツケを回収できないまま、借り入れでまかなっていた財務状況は明白だった。

中国での不正を見抜けなかった

 中国子会社の不正を見抜けなかったことに対する風当たりも強い。江守は3月、中国子会社の経営トップだった元総経理が、親族が経営する会社と取引を行っていたと発表。元総経理が内部規則に違反し、江守の承諾を得ずに親族の会社と取引を行い、最終的な販売先が仕入れ先と同一の「売り戻し取引」が見つかったという。本来は手数料収入だけとするはずの利益を商品売買の売り上げがあったように計上していた。

 (略)

http://www.sankei.com/west/news/150603/wst1506030001-n1.html

 ある意味、これも最近流行の子会社による不正会計。
 ただ、横領に近いんじゃないのって可能性もありますが。

 で、監査法人はあずさだそうです。


☆特報 江守グループホールディングスが債務超過 中国関連売上高の急増に落とし穴(2015年03月24日)

 (略)

 監査を請け負っているのは4大監査法人の一角であるあずさ監査法人である。不正の端緒を掴めなければ踏み込んだ監査もできないから、踏み込むタイミングは難しい。それだけに監査役の果たすべき役割は大きい。今回もまた監査役と監査法人の連携の不十分さを露呈した形になったことは間違いない。

http://www.nsjournal.jp/news/detail.php?id=694

| | コメント (0)
|

2017/06/23

マツコ 須藤凜々花の振る舞いをキャバ嬢に例える「客がドンペリ30本開けたのに」

マツコ 須藤凜々花の振る舞いをキャバ嬢に例える「客がドンペリ30本開けたのに」

 つまり、AKBビジネスは、18禁コンテンツにすべき。
 夜のビジネスと同じで、いかにのめり込ませるかが、この商売の本質なのだから。


マツコ 須藤凜々花の振る舞いをキャバ嬢に例える「客がドンペリ30本開けたのに」
2017.6.19
マツコ・デラックス

 (略)

 マツコは今回の現象をキャバクラに例えてみせた。ファンの心理を「何十万、何百万とつぎ込んだ人がいるわけでしょ」と思いやり、あるキャバ嬢が「今月は売り上げがピンチで20位以内に入れそうにないの。悪いけどドンペリ開けてくれない?」となじみの客に頼んだと仮定。客は好みのキャバ嬢のお願いとあって、ふだんは1本しか開けないドンペリを「一晩に30本開けたとしましょう」と大金をつぎ込んだことを仮定した。

 客のおかげで20位以内に入ったキャバ嬢が「『ところであたし、結婚するの』って言うのと同じじゃない」と須藤の振る舞いを絶妙に例え、ふかわは「素晴らしい!」と絶賛した。


https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/19/0010297148.shtml

 運営側には、常識としての自主規制すらない。
 まともな商売なら、「全額返金」が当たり前の話。

 それをすっとぼけるつもりなんでしょ、運営側は。
 商売として、放置していいわけがない、というのが健全な感覚の筈。

 早急に潰すべきビジネスだということが、はっきりしたわけでしょ。
 消費者庁とか、なんで放置するのか、不思議でしょうがない。

| | コメント (0)
|

2017/06/22

女性脳は、共感で「最適解」を出す(読売新聞・黒川伊保子氏コラムより)

女性脳は、共感で「最適解」を出す(読売新聞・黒川伊保子氏コラムより)

 「つまり、女の話は邪魔するな、ということだ。」だそうです。


女性脳は、共感で「最適解」を出す

 女性の会話や行動と、そこから得る知見をコンピューター上でシミュレーションしてみたところ、面白いことに気づいた。女性の脳には「プロセス指向」といって、ことの経緯から細かく「暗黙知」を見つけ出す特徴があるのである。

 暗黙知とは、ことばや記号では表現しにくい「知恵」や「センス」のことだ。女性は、ことの経緯を語りながら、その裏で、無意識のうちにそれらを見つけ出し、そこに潜む真実を見極めようとしている。トラブルについて話しながら、頭の中では「何が悪かったのか。その表面的な原因と、根本的な原因は?」「自分にできることがあったのでは」「今、何をすればいいのか」などと考えを巡らせる。とりとめもなく経緯を語るようでいて、実は女性脳が考えていることは、意外にも合理的かつ俯瞰的で、しかも謙虚である場合が多い。

 つまり、女の話は邪魔するな、ということだ。聞き手は、たとえ関心のないストーリーであっても「わかるよ。それで?」と、気持ちよく共感しているそぶりで聞いてあげればいい。話し終えた頃には、女性の頭の中では「最適解」が出ているものだ。「解」を得た女性は、すぐに立ち上がってするべきことをする。こういう女性の対話スタイルを、私は「プロセス指向の共感型モデル」と名付けた。


男性の知らない「女性脳」の秘密とは?
感性リサーチ代表取締役 黒川伊保子
2017年06月18日 05時20分

 要は、語っている言葉のそれぞれに意味がないことも多い。
 ということでしょう。


 「女性は相談に来ていながら、アドバイスされると逆ギレする」とぼやく男性は少なくない。しかし、そんなことはない。アドバイスのタイミングが問題なのである。

 女性の話は、「共感しながら最後まで聞く」のが基本中の基本だ。そもそも、女性の言う「相談に乗ってくれる?」は、そのほとんどが「私の話を優しく共感して聞いてほしい」の意味だ。たとえば、妻が、隣の家の主婦とのトラブルを話し出したら、たとえ「君の方にも問題がある」と思っても、途中でそれを言うのは得策ではない。

 あくまでも、妻に肩入れする態度を見せ、共感するそぶりで話を聞き続ける。そうすれば、たいていは最後には妻の方が「まぁ、私も、口の利き方が悪かったかも」と自己反省の態度を見せてくれるものだ。途中で「君の口の利き方がさぁ…」などと水を差されると、女性脳の暗黙知演算がアボート(中断し、これまでの演算が全てパーになる)してしまうため、脳のショックが大きい。女性は、感情的なのではない。女性脳の扱い方を間違われると、神経信号が乱れてしまうと考えたほうが良いのだ。

 相談と言われても、相談ではなく、自分の思考や感情の整理に付き合え。
 いや、寄り添え、というべきかな。

 寄り添わずに、馬鹿正直に「相談」だと思って対処するから、ケンカになる。

 で、このコラム理解のために、男性が知るべきことがもう1つあって。
 著者が書いていないことですが。

 それは、女性の言葉は言葉通りでないことが多々ある、ということ。
 上記の「相談」もその1例に過ぎない。

 よくある典型例は「そんなことない」である。
 女性の「そんなことない」は、8割方「そんなことある」だ(当社調べ)。

 ある意味、女性のコミュニティが腹黒くなりやすいのは、何故かというと。
 この種の、腹の探り合いがあるからだと、私は想像している。

 女性の反語的メッセージを理解できると、女性を敵に回しにくくなる。
 と、私は最近思っているのですけどね。

 で、この著者のコラムを理解するには、そのような知識が必要だと思いますが。
 男性には有用だと思いますので、一読をお勧めします。

 ただ、読んだから、女性が理解出来るということではなく。
 トラブルが少しは減るよ、くらいの気持ちで。

| | コメント (0)
|

2017/06/18

電子たばこは普通のタバコと同じく健康を害する(GIGAZINE)

電子たばこは普通のタバコと同じく健康を害する(GIGAZINE)

 最近、IQOS吸う喫煙者が増えましたので、へーでした。


2017年06月14日 06時00分00秒
電子たばこは普通のタバコと同じく健康を害する

 (略)

コネチカット大学のKarteek Kadimisetty氏らの研究チームは、電子たばこで吸引する液体の中に含まれる化学物質が健康に悪影響を与えないかを調べました。調査では、電子たばこリキッドに含まれるあらゆる化学物質を調べるのではなく、普通のタバコに含まれる「DNA損傷を引き起こす可能性がある物質」として知られている3つの発がん性化学物質に狙いを定めた上で、発がん性物質が検出されるかを調べています。

 (略)

実験では電子たばこの20回の吸引(20パフ)でタバコ1本分の喫煙に相当するという基準で評価が行われ、20パフ・60パフ・100パフでサンプルが集められました。実験の結果は、吸引回数が多くなるほどDNA損傷の可能性が高まるというもので、電子たばこはタバコと同程度のDNA損傷を引き起こす可能性があることが分かりました。

(略)

今回の実験では既知の発がん性物質3種類に限定して調査が行われましたが、電子たばこには健康に被害を与えうる数百種類の化学物質が含まれているという指摘もあります。「電子たばこだから普通のタバコのような健康被害がない」と考えるのは正しくないと言えそうです。

http://gigazine.net/news/20170614-e-cigarette-harmful-as-tobacco/

 吸った後の水蒸気って、大丈夫なんだろうか。
 受動喫煙問題の影響も、誰か調査して欲しいなぁ。

| | コメント (0)
|

2017/06/17

メイクのビフォーアフター写真が別人すぎる(ねとらぼ)

メイクのビフォーアフター写真が別人すぎる(ねとらぼ)

 うーん、確かにすごい。

2017年06月14日 13時40分 更新
同一人物に見えないレベル 「彼女とデートなう」に投稿されたメイクのビフォーアフター写真が別人すぎる
バンド「キバオブアキバ」女性ボーカルが、罰ゲームですっぴん写真を公開。
(ねとらぼ)

 化粧後の顔は、日常空間では浮きそうだし。
 素顔嫌いじゃないけど、まぁ、両者が同じ人物と思えないのは事実。

 で、我々男性はどうすればよいのか。
 それに答えてくれるツールがあるらしい。


2017年06月09日 09時00分 更新
やめてえええ! AIがあなたの顔をたちまち「すっぴん」に メイク落としアプリ「MAKEAPP」が恐怖しかない
お化粧にかけた労力を一瞬で無に。
(ねとらぼ)

 女性の化粧も凄いけど、IT技術の発達も凄いよね。
 いや、怖いなぁ。

| | コメント (0)
|

2017/06/16

広島プロバスケットボールが破産開始(帝国データバンク)

広島プロバスケットボールが破産開始(帝国データバンク)

 びっくりしましたが。
 最近宣伝の多いドラゴンフライズの運営会社じゃないのですね。


広島拠点の元・bjリーグのプロバスケットボールチーム 「広島ライトニング」を運営、広島プロバスケットボールが破産開始
6/15(木) 9:43配信
帝国データバンク

 広島プロバスケットボール(株)(TDB企業コード:318009283、資本金1100万円、登記面=広島県広島市中区小町3-17、代表中島健太氏)は、6月6日に広島地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 (略)

 ただ、すでにBリーグに参加していた広島エリアの「広島ドラゴンフライズ」との共存は不可能として、「広島ライトニング」の入会は了承されず、レギュラーシーズンが終了した2016年4月末にヘッドコーチや全選手との契約を解除して以降、実質的な活動を停止していた。

 負債は現在調査中。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00010000-teikokudb-ind

 1勝51敗で最下位では、仕方なかったんでしょうね。
 それにしても、スポーツビジネスは厳しい。

| | コメント (0)
|

2017/06/15

中学3年生プロ棋士 藤井聡太四段が26連勝(NHK)

中学3年生プロ棋士 藤井聡太四段が26連勝(NHK)

 すごい。
 また勝ったのですね。


中学3年生プロ棋士 藤井聡太四段が26連勝
6月15日 22時57分

 阪口戦の最後で勝ちを拾ったラッキーもあり。
 新記録達成まで突っ走りますか。

 それにしても、短期間でどんどん洗練されていく感があり。
 これが若さの勢いというものなのでしょうか。

 うらやましいなぁ。

| | コメント (0)
|

2017/06/12

認知症「前段階」半数は回復…高齢者調査(読売新聞)

認知症「前段階」半数は回復…高齢者調査(読売新聞)

 一旦認知症になっても、回復の望みはある。
 いいニュースですね。


認知症「前段階」半数は回復…高齢者調査
6/7(水) 7:09配信 読売新聞

 認知症の前段階と言われる「軽度認知障害(MCI)」の高齢住民を4年間追跡調査したところ、14%が認知症に進んだ一方、46%は正常に戻ったとの結果を国立長寿医療研究センター(愛知県大府(おおぶ)市)の研究班がまとめた。

 MCIと判定されても改善する例も多いことを示す結果で、近く米医学専門誌に発表する。

 (略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00050032-yom-sci

 認知症の人の横で悪口言うのは、止めておきましょうね。
 後で復讐されたりして。

| | コメント (0)
|

2017/06/09

縁を切って楽になりたい 「死後離婚」10年で1.5倍

縁を切って楽になりたい 「死後離婚」10年で1.5倍

 理屈だけではなく、感情面が一番大きいのかなとも。


縁を切って楽になりたい 「死後離婚」10年で1.5倍
沢木香織
2017年6月5日11時51分

 配偶者が亡くなった後、配偶者の血族である「姻族」との関係を断ち切る、「死後離婚」が増えている。女性からの届け出が多いようだ。核家族化で負担が重くなりがちな、義父母の介護や墓の管理への不安が背景にあるとみられる。

 結婚してできた配偶者の血族との姻族関係は、離婚をすれば自動的に終わる。しかし夫か妻の一方が亡くなった場合、関係を終了するには役所へ「姻族関係終了届」を出す必要がある。これが「死後離婚」とよばれる。法務省によると、2015年度の届け出数は2783件。06年度からの10年で1・5倍に増えた。戸籍には、姻族関係終了の届け出日が記載され、受理した役所が受理証明書を発行してくれる。

 夫婦問題の相談に応じる「HaRuカウンセリングオフィス」(東京都港区)の高草木(たかくさぎ)陽光(はるみ)さんによると、死後離婚の相談は昨年になって急増し、30件ほど寄せられた。義父母の介護や夫のきょうだいとの関係で悩む女性が大半という。

 (略)

http://www.asahi.com/articles/ASK5B7XF6K5BPTIL03B.html?iref=comtop_8_03

 で、根拠法は、民法728条2項ですね。


・民法 第728条(離婚等による姻族関係の終了)

 姻族関係は、離婚によって終了する。

 2 夫婦の一方が死亡した場合において、生存配偶者が姻族関係を終了させる意思を表示したときも、前項と同様とする。

| | コメント (0)
|

2017/06/08

出力した印刷物を再構成したような不自然さ(ガジェット通信)

出力した印刷物を再構成したような不自然さ(ガジェット通信)

 ネットの時代は怖いですね。


民進党の公開した“加計学園問題”メールをイラレで開くとなぜかツギハギだらけ
ガジェット通信 / 2017年6月6日 11時25分

 (略)

さらにSNS上ではpdfのプロパティからスキャナーの型番と機能を限定し「PCからの直接出力でない」ことを指摘する声や、「スキャナーの機能上、連続スキャンではなく一続きに印刷したものをスキャンしている」点を指摘する声が上がっている。

 (略)

とはいえ、出力した印刷物を再構成したような不自然さについての説明にはならない。まさに怪文書だ。

https://news.infoseek.co.jp/article/gadget_1771625/

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧