カテゴリー「ニュース」の860件の記事

2017/12/13

Windows 10の「Ctrl+Z」にご用心 コピーしたファイルを編集してから押すと無警告で“完全削除”される(ねとらぼ)

Windows 10の「Ctrl+Z」にご用心 コピーしたファイルを編集してから押すと無警告で“完全削除”される(ねとらぼ)

 そうか。

 「Windows 7では「Ctrl+Z」でファイルが消える場合、削除の確認ダイアログが出ます。」だから、ビックリするわけですね。


Windows 10の「Ctrl+Z」にご用心 コピーしたファイルを編集してから押すと無警告で“完全削除”される
現時点では“仕様”となります。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Windows 10の「Ctrl+Z」(同時押し操作)で起こる挙動に、一部のユーザーから悲鳴が上がっています。特定の条件下でこの操作をすると、編集したファイルが警告もなく、ごみ箱にも入らず“完全削除”されてしまうとのこと。この挙動についてはWindows 10がリリースされた直後にも話題になっていましたが、最近になりまたメディアに取り上げられるなど話題になっています。

 (略)

 また、「Ctrl+y」で使える「アンドゥ」を取り消す「リドゥ」機能を使用すると消えたファイル自体は復活しますが、ファイルの編集をする前の状態に戻ってしまっています。なお、Windows 7では「Ctrl+Z」でファイルが消える場合、削除の確認ダイアログが出ます

 ではこの挙動は不具合によるものなのでしょうか。マイクロソフトに聞いてみたところ、「Windows 10の仕様」「将来のバージョンで変更される可能性があるが、現在のところ時期は未定」とのです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/06/news135.html

| | コメント (0)
|

2017/12/12

「広い駐車場が確保できる」「両方向から入りやすい角地」

「広い駐車場が確保できる」「両方向から入りやすい角地」

 なかなか面白いですね。

 立地の話は、ある意味当然ですが、車で移動する田舎では死活問題。
 たばこの取扱いも、規制があるので苦労するわけですね。


王者セブンが譲らないコンビニの「陣取り合戦」
経営コンサルタント 榎本篤史
読売新聞 2017年12月09日 07時11分

 (略)

 セブンは条件のいい商圏に出店したからといって決して安寧せず、少しでもいい立地を探す。わずか数メートルしか変わらなくても、「広い駐車場が確保できる」「両方向から入りやすい角地」といった視点で、土地所有者と用地の買収・賃借の交渉を続けるという。

 (略)

 政令指定都市の市街地では、タバコの取り扱いは既存店との距離が100メートル。新規出店する予定だったコンビニは、向かって左に入り口を設けるはずだったが、これでは、すでにタバコを販売していたコンビニとの距離が90メートルしかなかった。そのため、入り口を店舗の右端に変更し、なんとか100メートルの距離を確保したという。

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20171206-OYT8T50020.html?page_no=2

| | コメント (0)
|

2017/12/11

文科大臣賞は金光学園高の上川滉太さん JSEC(朝日新聞)

文科大臣賞は金光学園高の上川滉太さん JSEC(朝日新聞)

 おめでとうございます。

 以前から金光学園での研究テーマのようですので。
 彼が代表して受けたという感じなのでしょうか。

 それとも、独創的な工夫を彼あるいは彼の世代で加えたのか。
 何にせよ、素晴らしい。


文科大臣賞は金光学園高の上川滉太さん JSEC
朝日新聞 2017年12月10日16時03分

 世界で活躍する科学者や技術者をめざす高校生たちが研究成果を競うコンテスト「第15回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」(朝日新聞社、テレビ朝日主催)の審査会と表彰式が10日、東京都江東区の日本科学未来館であった。

 文部科学大臣賞には「多点観測によるペルセウス座流星群の研究」をテーマにした金光学園高校(岡山県)の上川滉太さんが選ばれた。

 (略)

http://www.asahi.com/articles/ASKDB4JV6KDBULBJ001.html

第7回天文高校生集まれ(大阪教育大学)プログラムより

科学Tryアングル概要集(岡山大学)平成26年度より

| | コメント (0)
|

2017/12/09

JFE、270億円で福山のコークス炉改修(sankeibiz)

JFE、270億円で福山のコークス炉改修(sankeibiz)

 我が地元にとっては、大きなニュースでしょうね。


JFE、270億円で福山のコークス炉改修
2017.12.8 05:00

 JFEスチールは7日、西日本製鉄所福山地区(広島県福山市)で第3コークス炉を改修すると発表した。投資額は約270億円。48年以上稼働して老朽化が進み、生産性が低下していた。改修で生産効率を上げるとともに、窒素酸化物(NOx)など有害物質の排出を抑える。

 コークス炉は、高炉で鉄を造るため、原料の石炭を蒸し焼きにする前処理をする設備。第3コークス炉は「A団」「B団」の2カ所があり、A団は2018年度上期に着工して19年度下期に稼働させる。B団は19年度下期着工で、21年度下期稼働の予定。合計した年産能力は現在の約52万トンから約73万トンに増える。

 (略)

http://www.sankeibiz.jp/business/news/171208/bsc1712080500004-n1.htm

 JFEでは、不祥事がないことを祈りたい。
 地元の景気回復に繋がるように。

| | コメント (0)
|

2017/12/08

東海道新幹線、客室9割にカメラ(共同通信)

東海道新幹線、客室9割にカメラ(共同通信)

 抑止力としての防犯カメラというのは、まさに現代を象徴する事象でしょうね。


東海道新幹線、客室9割にカメラ
2020年度に完備へ
2017/12/6 20:34
一般社団法人共同通信社

 (略)

 車内で非常ボタンが押されると、運転席や車掌室で映像が確認できる仕組みで、同社は「非常時の状況把握と対応の迅速化が図れる」としている。カメラは当初、デッキにのみ設置されていたが、客室の前方と後方にも取り付ける工事を昨年4月から順次、進めてきた。

https://this.kiji.is/311103701458846817

 ただ、非常ボタン押されるまで確認できないというのはどうなんでしょう。
 常時モニターして欲しい気もしますが。

 まぁ、鼻の穴をほじっている淑女が撮影される危険もありますから。
 しょうがないところでしょうか。

| | コメント (0)
|

2017/12/07

第三次世界大戦の端緒になるか~エルサレムの首都承認

第三次世界大戦の端緒になるか~エルサレムの首都承認

 まさか、です。
 これだけは、やってはいけないのトップだった筈なのに。


中東、トランプ氏を一斉批判
「世界のイスラム刺激」
2017/12/6 21:58
一般社団法人共同通信社

 【カイロ共同】トランプ米大統領が5日、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地が集まる聖地エルサレムをイスラエルの首都とし、米大使館を移転する方針を決めたことに対し、パレスチナを支援するアラブ・イスラム諸国は「和平の機会を損ねる」「パレスチナからの強奪だ」と一斉に批判した。

 (略)

https://this.kiji.is/311124841774416993

 大戦が起きても、おかしくない世の中になりました。
 その最中に、北朝鮮が侵攻してきたら、日本はどうなるのだろう。

 アメリカが、どれだけ日本に軍力を割いてくれるのか。
 本当に、洒落にならない。

| | コメント (0)
|

2017/12/05

1日の仕事を数値化する(工学研究者玉城絵美のセブンルールより)

1日の仕事を数値化する(工学研究者玉城絵美のセブンルールより)

 凄い人がいるんですね。


ガチ理系すげー! 工学研究者・玉城絵美さん、1日の仕事を件数×時間×重要度×緊急度で数値化し毎日自己評価 #セブンルール(togetterまとめ)

 で、この人のルールってのが、なかなか面白いです。


〈 #工学研究者 #玉城絵美 の #セブンルール 〉

1.1日の仕事を数値化する
2.わからないことは人に頼まない
3.ボロボロのときは明るい服を着る
4.文鳥の匂いを嗅いでリラックスする
5.寝る前に最低1冊本を読む
6.血糖値を上げるために甘いものを配る
7.出来るだけ引きこもる

 1は、なるほど。
 そうか、やってみようと思わせます。

 で、2は理解できるし、できるだけそうしてます。
 3は理解できるけど、まぁ、やらないか。

 4は、理解できない、ちょっと想像外。
 5は、最近、読みながら寝てしまう身なので、なんというか。

 6は、糖分気にしなくて良い人がうらやましい。
 7は、笑っちゃうけど、まぁ人によってはありかな。

 ということで、全てがなるほどではないけれど。
 1は、自分でもちょっと試してみようと思います。

| | コメント (0)
|

2017/12/03

何か一言刺さないと気が済まないのかな

何か一言刺さないと気が済まないのかな

 思わず笑ってしまった。
 忖度はダメでも、印象操作はいいんだ。


診療・入院料引き上げへ 報酬改定、薬価下げ財源
朝日新聞 2017年12月3日03時03分

 (略)

 本体をめぐっては財務省や医療費を払う側の保険者団体などが引き下げを要求。一方、医療団体は厚生労働省の昨年度の調査で病院の利益率がマイナス4・2%の赤字だったことや、安倍政権が財界に3%の賃上げを求めていることから引き上げを求めている。政府は本体の引き上げで、安倍政権を支持する日本医師会に配慮する思惑もあるとみられる。

http://www.asahi.com/articles/ASKD24TN6KD2UTFK007.html?iref=comtop_latestnews_04

 マスコミの中立性、公平性という言葉は既に死語ですね。
 対立陣営を攻撃する時だけは、主張するけど。

| | コメント (0)
|

2017/12/01

シミュレーション ある進学校のいじめだとすれば

シミュレーション ある進学校のいじめだとすれば

 トップのエリート高校生が、出身中学校でのグループを作っていた。その中には、ナンバー2などの優秀なメンバーもいた。

 ところが、同じ中学校出身なのに、なれ合いたくないと、避けている優秀な学生がいた。なれ合わないのに、自分たちに迫るくらい成績がよい。

 それを常々、グループのメンバーは苦々しく思っており、別件で集まる際に、無理矢理その学生をカラオケに連れていった。

 その中で、トップの学生がマナーなどについて訓示を垂れている最中に、学生のスマホが鳴ったので触ろうとしたので、トップの学生が文句を言った。次の瞬間、ナンバー2が、怒って殴り始めた。

 …… これって、いじめですよね。

 で、いじめの結果、学生がケガしたが、まずいと思ったトップが、無理矢理、和解させるため、握手させた。

 その後、家に戻って、親にそのケガどうしたんだと言われたが、階段から落ちただけと言ったものの、その後体調が悪化した。

 結果、親は警察に話を持って行った。

 学校は、過去の実績から、トップのエリートたちをかばうことが予想されたので、親は、学校からの問い合わせをはぐらかした。

 …… これって、いじめに対する、親の当然の対応ですよね。

 どうして、そのいじめられた子や親を非難する声があるのか。
 普通の人なら、不思議に思う筈。

 正直、そのトップのエリートたちが失脚して困る、学校側や。
 そのエリート達の親たち以外であれば、このエリート達に自業自得と思う筈。

 …… ところが、これが相撲になると、いきなり話が変わるんだよな。

 いや、恐ろしい。
 マスコミが怖いのではなく、自分の認知の歪みに無自覚な我々が怖い。

 そして、いじめを行うのは、非常に普通の人。
 特殊な人がいじめを行うわけではない。


大学院生だった日馬富士 指導教授「知的で気遣いの人」
朝日新聞 2017年11月30日08時19分

 皆さん、中野信子さんの本を、絶対読むべきだと思います。


ヒトは「いじめ」をやめられない
中野信子(脳科学者)
小学館 2017年10月3日初版第1刷発行

 その上で、問題の再発防止に何をすべきか。
 合理的、建設的な議論をして欲しいところです。

| | コメント (0)
|

2017/11/26

つまり、忖度したのは、朝日新聞

つまり、忖度したのは、朝日新聞

 勝手に内心で判断して行動することがダメだ。
 忖度はダメだ、と主張してきた。

 でも、これって、自分でやっていたってことですよね。


森友の設置趣意書を開示 小学校名は「開成小学校」
2017年11月25日05時01分

 (略)

 開示したのは、学園が籠池泰典・前理事長名で財務局に提出した書類3枚で、小学校の理念などとともに、表題は「開成小学校設置趣意書」となっていた。校名などが当初、黒塗りになっていたため、朝日新聞は籠池氏への取材に基づいて、籠池氏が「安倍晋三記念小学校」の校名を記した趣意書を財務省近畿財務局に出したと明らかにした、と5月9日付朝刊で報じた。

http://www.asahi.com/articles/ASKCS5QVLKCSUTFK00Q.html?iref=com_rnavi_srank

 謝罪のしゃの字もないけれど、事実だけは書いておく。
 あとで、書いてないと言われた時のアリバイのために。

 で、自分が同じことされたら怒るんでしょ。

 李下に冠を正さずと相手に言えるのは。
 自分も、李下に冠を正さずを実践している人だけ。

 そんなの日本の常識だったのですが、今は、違う人たちが増えた。
 その人たちにネーミングをすると、差別だとか騒ぐ。

 平和に暮らすための我々の権利を侵害しないで欲しいなぁ。
 それに、平和に暮らすコストも、タダじゃないし。

 何もしなければ、平和に暮らせるわけではない。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧