カテゴリー「音楽」の104件の記事

2017/07/06

TAKE A LITTLE RHYTHM - ALI THOMSON

TAKE A LITTLE RHYTHM - ALI THOMSON


TAKE A LITTLE RHYTHM - ALI THOMSON 1980 (YouTube)

 いや、シンプルで良い曲なんですよね。
 本当に。

 大昔聴いて、時折、サビの部分を時折口ずさんでたのですが。

 ようやくYouTubeで見つけました。
 いい時代だなぁ。

 で、なんと1980年の曲でしたか。
 ということは、たぶん、「百万人の英語」で聴いたんだな。

 ちなみに、当時見たタイトルは和題の下記。


恋はリズムにのって - アリ・トムソン(YouTube)

| | コメント (0)
|

2017/06/25

HOTEL PACIFIC(Bread&Butter)

HOTEL PACIFIC(Bread&Butter)

 間違いなく名曲なのですが。
 YouTubeなどだと、当時のものがなくて、ずっと探していて。

 Amazonのデジタルミュージックにありました。
 この声、やはり、買って良かった。


パシフィック ブレッド&バター(Amason)

 で、最近見ると、年とって、2人が歌う音源はあるのですね。


Bread&Butter HOTEL PACIFIC

 あと、昔のライブ音源もありました。


BREAD & BUTTER Studio Live 1981.10.18_1:00pm~

 13:20頃からが、HOTEL PACIFICですね。
 こちらも悪くない。

 でも、私はデジタルミュージックのものが好きですね。
 美しい。

| | コメント (0)
|

2017/05/24

Billy Joel - Songs in the Attic

Billy Joel - Songs in the Attic

 このアルバムを、塾の帰りに、レコード店で買ったのは。
 なんと、自分が中学校の頃だったのですね。

Billy Joel - Songs in the Attic - Full Album

 何度聞いても、名曲ばかりですが。
 やはり、フィルスペクターサウンドの”Say Goodbye to Hollywood”が一番ですかね。

Billy Joel - Say Goodbye to Hollywood (Audio)

 いや、全部いい曲です。
 マジね。

| | コメント (0)
|

2017/05/19

式辞に歌詞引用、著作権料を 京大HP掲載でJASRAC

式辞に歌詞引用、著作権料を 京大HP掲載でJASRAC

 JASRACによる監視社会。
 いや、冗談じゃなくて。


式辞に歌詞引用、著作権料を 京大HP掲載でJASRAC
京都新聞 5/19(金) 5:00配信

 昨年ノーベル文学賞を受賞した米歌手ボブ・ディランさんの歌の一節を、京都大の山極寿一総長が取りあげた4月の入学式の式辞について、日本音楽著作権協会(JASRAC)がウェブ上に掲載した分の使用料を京大に請求していることが18日、関係者への取材で分かった。

 (略)

■「引用」議論になる可能性も

 著作権問題に詳しい岡本健太郎弁護士(東京弁護士会)の話 JASRACが踏み込んだ対応をしたという印象を受ける。ウェブにある式辞を見ると、引用部分とそれ以外が明瞭に区別され、ボブ・ディランさんの歌詞よりも山極総長の発言の方が多い。出典の記載もある。掲載されたのが大学の入学式の式辞という点を考慮すれば、引用と認められるのではないか。ただ引用と認められるためには、ほかの大学でのウェブ掲載の事例なども参考に「公正な慣行」と見なされることも必要となり、こうした点が議論になる可能性はある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000001-kyt-l26

 信託の精神を理解していないのが、受託者たるJASRAC。
 彼らは、委託者の「心」を理解していない。

 お金を下さいではなく、きちんと評価して欲しい、鑑賞して欲しいのだ。
 何より、そこが先でしょう。

 なのに、委託者の創作物の利用への萎縮効果を生じさせる行為しかしない。
 そもそも、受託者として、選ぶべきではない相手を選んだ不幸。

 信託で、最もやってはいけないのは、信じられない受託者を選ぶこと。
 ところが、今はそれしか、現実的に選べない場合が大半だったりする。

 委託者の心を忖度できない受託者って、冗談の世界ですが。
 いや、彼らには、心を、使用料に換算してしか理解できないのだ。

 それは、委託者から受託者への信託が、定型行為として行われてしまうから。
 本来の、信託の精神を奪った、いわば潜脱的利用者、それがJASRAC。

 お抱えの学者さんもいるようですが、そこは口をつぐむのだろうか。

平成29年5月20日(土)7:09追記

 下記が本当であれば、誤解であったとお詫び申し上げます。
 ただ、基本的な態度については、何らコメントを変更する必要ないとの認識ですが。


京大HP「ボブ・ディラン」著作権料請求報道、JASRAC「請求していない」と困惑
弁護士ドットコムニュース / 2017年5月19日 13時45分

 (略)

JASRACによると、一般論として、ウェブ上では、営利目的がなくても著作権が働くことから、たとえ大学であっても手続きが必要な場合があるという。JASRAC広報課の担当者は「私どもが管理する著作物がウェブに掲載されていることを確認したので、利用状況について問い合わせし、一般的な利用手続きについてご案内した。具体的な請求はしていない。請求という話が一人歩きしているのは当事者双方にとっていい話でない」と困惑していた。

(弁護士ドットコムニュース)

https://news.infoseek.co.jp/article/bengoshi_6112/

| | コメント (0)
|

2017/05/14

「これもサギ・・・きっとサギ」松坂慶子さんが注意喚起

「これもサギ・・・きっとサギ」松坂慶子さんが注意喚起

 まさかの本人ですか。
 びっくり。

「これもサギ・・・きっとサギ」松坂慶子さんが注意喚起(17/05/09)

| | コメント (0)
|

2017/04/24

FHHのテーマ(ペリカンロード)

FHHのテーマ(ペリカンロード)

 昔、「銀河鉄道999」を読んでいた関係で、少年キングを定期購読してました。
 で、その頃出会ったマンガの中には、「湘南爆走族」とかありますが。

 五十嵐浩一の「ペリカンロード」好きでしたね。
 バイクは乗りませんが、主人公健ちゃんのナイーブさがはまったというか。

 まぁ、絵が綺麗でしたし。
 かなこさん憧れだったというか、ユニ子可愛いじゃんというか……。

ペリカンロード(1) (少年画報社文庫) Kindle版

 で、当時、カセットテープ買って聴いてたわけですが。

 Youtubeにアップされてました。
 あぁ、懐かしい。

Pelican Road Club Culture OST - F.H.H.のテーマ

 今聴いてもいいよなぁ。

 ちなみに、「ペリカンロード」はその後続編出たのですが。
 健ちゃんが出てこなかったのが、残念だったなぁ。

| | コメント (0)
|

2017/03/28

Accept-Breaker

Accept-Breaker

 邦題では「戦慄の掟」だっけ。

Accept-Breaker(Youtube)

 ヘビメタって、普段殆ど聴きませんが。

 これと、ラウドネスのMazinkaiser SKLのオープニングは別ですね、うん。

| | コメント (0)
|

2017/03/04

The Crickets - I Fought The Law

The Crickets - I Fought The Law

 バディホリー率いるクリケッツ発表とは、知らなかった。
 ホリー死後に発表していたのですね。

The Crickets - I Fought The Law(YouTube)

 昔、佐野元春が元春RadioShowで紹介してくれたのは。
 確か、ボビーフラフォーのこっちか。

Bobby Fuller Four - I Fought The Law(YouTube)

 で、日産のCMで使われたのは下記。
 若い世代だと、こちらしか知らないだろうなぁ。

The Clash- I Fought The Law(YouTube)

| | コメント (0)
|

2016/12/26

ジョージ・マイケルさん死去 53歳、元「ワム!」

ジョージ・マイケルさん死去 53歳、元「ワム!」

 ショックです。
 The Edge of Heaven が、大好きでした。

 Wham!復活は、もうないのですね。
 ご冥福を祈ります。


ジョージ・マイケルさん死去 53歳、元「ワム!」
ロンドン=渡辺志帆
2016年12月26日08時23分

 英BBCは25日、英国のシンガー・ソングライターのジョージ・マイケルさん(53)が死去したと伝えた。同日、マイケルさんの広報担当者が「自宅で穏やかに亡くなった」と発表した。BBCによるとマイケルさんは同日午後、イングランド南部オックスフォードシャー州の自宅で亡くなった。死因は明らかにされていないが、地元警察によると事件性はないという。

 (略)
 
http://www.asahi.com/articles/ASJDV2Q3HJDVUHBI002.html

| | コメント (0)
|

2016/12/09

Harry Nilsson - Without You

Harry Nilsson - Without You

 いや、全然気が付きませんでした。

Harry Nilsson - Without You 1972 (HD)

 ハリー・ニルソンって、あの"Without You"のニールソンだったとは。

 先日書いた「サイモンスミスと踊る熊」のカバーと同一人物だったんだ。

Harry Nilsson - 13 - Simon Smith And The Amazing Dancing Bear (by EarpJohn)

 いい音楽って、こういう驚きがあるから、楽しいね。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧