カテゴリー「学問・資格」の95件の記事

2018/06/13

平成29年度CPE義務達成

平成29年度CPE義務達成

 大丈夫だとは思っていても。
 やはり、通知を見ると、ほっとしますね。

Cpeh29


| | コメント (0)
|

2018/06/06

財務諸表論の重点詳解(嶌村剛雄)

財務諸表論の重点詳解(嶌村剛雄)

 多分、私の財務諸表論学習の基礎となった本です。


財務諸表論の重点詳解(平成元年版)
嶌村剛雄
中央経済社 平成元年4月10日発行

 初学者の時に、飯野利夫「財務会計論」を勉強しろと。
 TACの講師に言われたものの、サッパリ歯が立たなかった。

 いや、今となれば良い本だと分かります。
 しかし、勉強の仕方が分からない人間には砂を噛む思い。

 連続意見書を読めと言った人もいました。
 それだって、基礎体力がないと無理です。

 そこで出会ったのが、嶌村先生の教科書でした。
 会計理論に入る前に学ぶべき考え方・姿勢を教えてくれました。

 序章で、「財務諸表論の学び方」があるのですが。
 「本格学習のすすめ」から入って、「答案作成の要領」まで。

 何がゴールか、ぼんやりでも見えないと、初学者は進めません。
 この本で、私はようやく、どう歩くべきか分かった気がしました。

 先日、片付け中に出てきて、しみじみと眺めてしまった。
 お会いしたことありませんが、今でも、嶌村先生には感謝です。

| | コメント (0)
|

2018/05/15

関学アメフト試合中の事故で車椅子生活になり、その後税理士の道へ

関学アメフト試合中の事故で車椅子生活になり、その後税理士の道へ

 今話題のアメフト問題ですが。
 関学には、試合中の事故での苦い教訓があるのですね。


過去にNFLでも。日大アメフット悪質タックル問題への処分はどうすべきか?
THE PAGE 2018年5月15日 6時7分

 (略)

 元サンケイスポーツ代表で50年以上アメフットを取材してきた武田吉夫氏も、「フィールド上の格闘技と言われる競技だが、ここまでの悪質なタックルは過去に見たことがない。パスを投げた2秒も3秒も後に意図的に負傷させようと背後からタックルをしている。ルールを守らなければ犯罪行為になる。命にもかかわる。関学では過去に猿木さんという名QBが試合中のタックルで負傷、下半身不随になったという出来事があった。私は目の前で取材をしていたが、そのときは2人がかりのタックルの下敷きになった。関学が、今回の問題を看過しなかった背景には、そういう過去も手伝っていると思う。(略)」と苦言を呈する。

 1978年の春のリーグ戦で関学のエースQBの猿木唯資さんが負傷、選手生命を絶たれ車椅子生活を余儀なくされることになったのだ。猿木さんは、現在、税理士として活躍されているが、そういう歴史を持つ関学が怒りをあらわにするのは当然だろう。

 (略)

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

http://news.livedoor.com/article/detail/14715045/

 なるほど。
 確かに、税理士として事務所を開業されています。


代表プロフィール(猿木唯資税理士事務所)

 自身の体験も語っておられます。
 選手の皆さん方が、自分や相手のために、一読されてはと思います。


頸損だより2008冬(No.108) 2008年12月20日発送
頚損ピアサロンVol.1
-当事者だから、伝えられることがある-
【録音テープ起こし:A.T./編集:鳥屋利治】
●話し 猿木(さるき) 唯(ただ)資(し)さん

| | コメント (0)
|

2018/05/10

「熟慮の失敗」高い学習効率…「即断」より賢く(読売新聞)

「熟慮の失敗」高い学習効率…「即断」より賢く(読売新聞)

 要は、反射神経の良さだけでは、中長期で勝てない。
 中長期で生き残るには、頭を使わないとダメ。


「熟慮の失敗」高い学習効率…「即断」より賢く
読売新聞 2018年05月01日 17時46分

 熟慮して失敗する方が、即断して失敗するよりも学習効率が上がることがネズミを使った実験で分かったと、東京大学の池谷裕二教授(神経科学)らが発表した。

 (略)

 その結果、全てのネズミに共通して、正解を導き出す際には4秒ほどじっくり考える一方、不正解を選ぶ際は反射的に行動する傾向がみられた。ただ、不正解の前にも「熟慮」していたネズミは、反射的な行動で失敗するネズミに比べ、少ない回数でルールを覚える傾向があった。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20180501-OYT1T50098.html

 山勘でなく、経験というストック資産を活用できるので。
 その分、生存が有利になるということでしょう。

 ただ、熟達してくると、この勘のレベルが上がってきて。
 殆ど熟慮と同じ正解が出せるようになるのは、将棋の名人などで有名。

 ということで、瞬発力に偏った頭の良さを求める教育って間違いではと。
 いや、そこまで言い切っていいのかですが。

| | コメント (0)
|

2018/04/19

トッププロは新しいマニュアルを作り出す作業に従事している

トッププロは新しいマニュアルを作り出す作業に従事している

 なるほど。


「若手に劣るベテラン」問題と、「トッププロ」の凄まじさについて。
高須賀 2018/4/10

 医師の方が書かれたブログ記事ですが。
 当を得ている気がしますね。

 何故、専門家は勉強しないとダメになっていくのか。
 素人と専門家との違いは何か。

 8割のルーチンに対して、2割の例外的事象があり。
 その例外的事象への対応の可否と平素の勉強との繋がり。

 それが経年を経験とするのか、駄馬とするのかとの違いだと。
 位置づけるという整理論ですが。

 なかなかうまく説明できている気がします。
 一番はこれですが。


 普通のプロを超えた先にいるトッププロが果たして何をしているかというと、彼等はこの世にまだない、新しいマニュアルを作り出す作業に従事しているのである。

 正直、どの業界でも最前線にいる人達は常にそうなんでしょうね。
 日々のルーティンに埋もれない。

 私は、自分の日々の中で生じることをまとめるので精一杯ですが。
 上記の知見に、なるほどと思います。

 トッププロにはなれずとも、お客さんに迷惑を掛けないよう。
 自分自身が面倒を見て欲しいプロになるのが、私の望みです。

| | コメント (0)
|

2018/04/07

岡本清教授の書籍改訂方法(企業会計「私の学問遍歴」)

岡本清教授の書籍改訂方法(企業会計「私の学問遍歴」)

 企業会計2018年3月号より。

私の学問遍歴 ③拙著「原価計算」の改訂
岡本清 一橋大学名誉教授・東京国際大学名誉教授

 私も若い日のことですが。
 一橋大学教授時代の岡本清先生の講義を受ける機会がありました。

 当時、自分は一橋に在学しているわけではなかったので。
 本当に望外、まさにラッキーという話でした。

 あれがなければ、原価計算は全く分からないままだったかも。
 そう思わせるほど、明快なご説明を頂いたとの記憶です。

 残念ながら、もう当時のレジメも内容記憶もないのですが。

 で、書籍の改訂方法について書かれたこの稿に、なるほど。
 そうか、出版の翌日からすぐに改訂準備に入るのだ。

 研究論文を、時間のテストを経た上で、改訂に組み入れる。
 なるほど、参考になります。

 で、岡本先生も、もう88歳なのですね。
 既に引退して余生を楽しむことにされたとありますが。

 学者として、とても素晴らしい先生だったと思います。
 心からの感謝を捧げたいと思います。

| | コメント (0)
|

2018/02/15

日商簿記試験のイメージキャラクターがあったのね

日商簿記試験のイメージキャラクターがあったのね

 知らなかったですが、日商簿記もキャラいるのね。
 同姓同名のキャラが既にいるようですが……。


新田美波から祝福のメッセージ!(YouTube)


| | コメント (0)
|

2018/02/08

ビッグデータ活用はついに高校野球にまで

ビッグデータ活用はついに高校野球にまで

 すごい、タイトルに騙されちゃダメだな。
 まさに、新時代の幕開けというべき内容。


2018.2.8 12:00更新
【高校野球】
全国屈指の進学校が甲子園切符を勝ち取った理由とは 将来の夢「普通のお嫁さん」の女性部員が秘密兵器

 (略)

 「選手はプレーの技量的にはうまくはない。その分、工夫して練習や試合に役立てたい」と、野球のデータを統計学的見地から緻密に分析する「セイバーメトリクス」を3年前から取り入れ、選手起用や試合戦術に生かすようになった。

 それを支えるのが、昨年春に結成された「データ班」の部員たちだ。グラウンドで汗を流す練習には参加せず、役割は専らデータの収集と分析だ。

 彼らは試合に臨む前に、対戦相手校のデータを取り、客観的な数字で特徴を洗い出す。各打者がどの球種をどの方向へ、どんな打球を飛ばしたか、結果の詳細をまとめてパソコンの分析ソフトに入力して解析。球場の内外野エリアを198分割した図で打球傾向を示し、選手に提供する。守備につく野手は定位置ではなく、相手打者の特徴や状況に応じて位置を大きく変えて予測されるプレーに備える。

 昨秋からは滋賀大のデータサイエンス学部に協力を仰いで野球に関するビッグデータを活用し始めた。プレー結果の予測につなげるなどして選手の活躍を支えている。

 (略)

 本格的な「データ班」の結成は昨年春。上品監督が「コンピューターが大好きな子を部に入れよう」と呼びかけ、部員が新入生に向けて呼びかけるなど勧誘した。

 野津風太(のつ・ふうた)さん(1年)はクラスメートの野球部員に誘われ入部。中学の部活動は科学部で、ロボットのプログラミングを学ぶなどコンピューターに親しみ、野球には興味がなかったという。野津さんは「将来の夢はゲームクリエイター。卒業後は滋賀大のデータサイエンス学部で学べたら」と話す。

 もう一人が、プロ野球広島の熱心なファンという高見遥香(はるか)さん(1年)。野球にまつわるデータを紹介していたテレビ番組を見て「広島の菊池は田中が塁にいる場合に打率が上がる…というようなデータが面白いな」と興味を持ったのが入部のきっかけだ。

 (略)


http://www.sankei.com/west/news/180208/wst1802080006-n1.html

 ビックデータ活用ができないと、これからは……。
 を、まさに地で行くという感じですね。

| | コメント (0)
|

2018/01/15

地理Bに「ムーミン」登場…「解けない」の声も(読売新聞)

地理Bに「ムーミン」登場…「解けない」の声も(読売新聞)

 ムーミンはともかく。
 ニルスとビッケを出すとはねぇ。


地理Bに「ムーミン」登場…「解けない」の声も
読売新聞 2018年01月13日 20時17分

「ニルスのふしぎな旅」
「ムーミン」
「小さなバイキングビッケ」

 いやぁ、懐かしい。

平成30年度大学入試センター試験地理B_問題(157頁(PDF24ページ))

ニルスのふしぎな旅[たいらいさお](アニメ動画なし)

小さなバイキングビッケOP

新ムーミン1972年版 #00 ゆめ・ゆめ・ゆめ

 そうか、自分の見ていたムーミンは、新版だったんだな。
 ドラえもんに新旧あるように。

 あと、たいらいさおさんは、イデオン歌ってた方なんですね。
 作曲したタケカワユキヒデより、たいらさんの歌い方が好きかな。

| | コメント (0)
|

2018/01/13

神崎元公明党代表は、大学3年生で司法試験合格

神崎元公明党代表は、大学3年生で司法試験合格

 産経新聞で始まった神崎元公明党代表の回顧録ですが。

 司法試験合格者だったとは、知りませんでした。
 というか、検事・内閣審議官までやっていたとは。


2018.1.8 11:32更新
【話の肖像画】
公明党元代表・神崎武法(1)後に本当の選挙をやるとは

 (略)

 〈東大3年生で難関の司法試験に挑戦する〉

 東大では当時、2年生の途中までは教養科目が中心で法律に関する科目はほとんどありませんでした。合格した先輩に勉強法を聞くと、「それぞれの法律についての基本書を6~8回も読めば大体頭に入るから合格できる」と言う。言われた通り一式買い求め、猛烈に6回読みました。落ちたらもう受けまいと思っていたんだけど、たまたま受かった。当時は創価学会員の東大生で3年生で合格した人はいなかったので、東大新聞が取材に来ました。「創価学生」が合格したが、彼らはいったい何を考えているのか-というような記事になっていましたね。

 (略)

http://www.sankei.com/life/news/180108/lif1801080008-n1.html

 この勉強方法は、お世話になっている弁護士の先生のお話と同じ。
 当時は、ある程度普遍性ある方法だったのでしょうか。

 私は書かないと覚えない人だったので、無理でしたけど。
 というか、法律は全く分からないと、ずっと思っていた人だったわけですが。


| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧