カテゴリー「心と体」の106件の記事

2018/07/02

「口腔崩壊」児童・生徒が3割…愛媛の公立小中(読売新聞)

「口腔崩壊」児童・生徒が3割…愛媛の公立小中(読売新聞)

 よく歯科医の方々が、最近は虫歯の子がいなくなったと言いますが。
 データによれば、そうではないのですね。

 普通の、歯科医に来るような家庭の子は、もはや虫歯がなくなった。
 そうではない、そもそも歯科医に来ない子達の虫歯は恐ろしい状況になっている。

 どうすべきか、行政と歯科医師会が一緒に考えていくべきでしょうね。
 いや、歯科医師会に加入していない歯科医も増えているでしょうけど。


「口腔崩壊」児童・生徒が3割…愛媛の公立小中
読売新聞 2018年07月01日 17時28分

 未治療の虫歯が10本以上あるなどの「口腔こうくう崩壊」と呼ばれる状態の子どもが愛媛県内の公立小中学校の約3割で確認されたことが、県保険医協会の調査でわかった。学校側からは子どもの家庭の状況について、「親にネグレクト(育児放棄)の疑いがある」「経済的に厳しい家庭が多い」などの指摘が寄せられたという。

 (略)

 学校側が治療を勧めても保護者が「乳歯は生え替わる」「歯みがきをしない本人の責任」と応じず、その後も状態が改善しないケースが多い。中には「親も歯がほとんどなく、歯の健康に対する家族全体の意識が低い」といった指摘があった。また、ネグレクトや学校納付金の滞納、不登校といった問題を抱える傾向もみられた。

 (略)

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180701-OYT1T50031.html

| | コメント (0)
|

2018/07/01

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術


発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術
借金玉
KADOKAWA 2018/5/25

 この本は確かに凄いと思いました。

 発達障害の人の思考や日常が分かるのも凄いですが。
 まさにライフハックの塊ですね。

 ほんのちょっとした違いが大きな違い。
 まさにそれをよく分かっている人だけが書ける真実があるなと。

 で、普通の人でも役立つ話が多いと思うのです。

 特に、人間関係を部族の掟や取引関係に置き換えた点。
 言語化して、分かる化するのが、著者の持ち味ですね。

 あだ名をこっそりつけて名刺に書いておくことで。
 忘れなくなるなんてのも、すぐに実践できそう。

 もちろん、著者の言語化能力の秀逸さに支えられていますが。
 それでも、見習うべき発想が多いなと思いました。

 自分や自分の子が発達障害だという人の感想など。
 聞いてみたいものだと思いました。

 あるいは、発達障害ではなくても、社会的不適応になる前に。
 読ませておきたい処方箋ではないかと。

| | コメント (0)
|

2018/05/23

女性のがんの本当の話(仲田洋美医師)

女性のがんの本当の話(仲田洋美医師)

 新宿ミネルバクリニックを主催する著者の書。


女性のがんの本当の話
がん専門女医と先輩患者からの本音のアドバイス
仲田洋美
ワニブックス 2016年11月10日初版発行

 あることでブログを見て、結構過激なことを書いているので。
 この人は、どんなことを書いているのだろうかと興味が湧いた。


医術と戦術の女神ミネルバ 仲田洋美 オフィシャルブログ

 自分自身は男性ではありますが、職場に女性が多いこともあり。
 知っておいて損はないだろうと思って、買ってみました。

 すると、ブログとはかなり違っていて、かなり慎重な筆致。
 嘘にならないように、また、独自見解はあまり書かないように。

 唸るような、初めて読んだ話がボンボン出てくるわけでなく。
 誰かの説を批判しまくるようなこともしてない。

 意外でした。
 しかし、逆に言えば、医師としては信頼できるのかなとも。

 で、本書で一番の驚きは下記でした。
 すごくさらっと書いてあるのですが。

○抗がん剤で治癒が期待できるのは(P72)

 急性白血病・リンパ腫(ホジキン・非ホジキンで中・高悪性度)・胚細胞腫瘍・絨毛がんのように一部のがんは、抗がん剤が効きやすいが、100%が見込めるわけではない。

 それ以外のがん種では、治癒は見込めないと。

 治癒が期待できる以外のがんの抗がん剤による薬物療法はというと。
 実は、延命と緩和効果目的だが、効果もあまり期待できないと。

 これはショッキングです。

 つまり、抗がん剤治療をやりましょうと医師に言われたとしても。
 その意味するところは、がんにより違うということになる。

 恐らく、それって多くの患者には伝えられていないでしょう。
 なんてことだろう。

 もう1つ、今まであまり聞いたことがなかったのが。

○がんは予防措置が大事(P80)

 日々の生活習慣の見直しと、定期的検診が重要だと。
 がんのリスクを最小限に抑制する日々の予防法・がん検診、更には、著者の専門分野の1つだという遺伝子検査の最前線について、第4章で語っている。

 民間療法的な話ではなく、医師の視点で、予防があると。
 意外に、これって語られていない話ではないだろうかと。

 ストレスを避け、笑いを多くしてナチュラルキラー細胞を増やせと。
 食生活を気にするより、多くの医師がサプリ常飲しているのを参考にと。

 あ、肥満は駄目って書いてありますけどね……。

 以下は、女性のがんの話固有の部分なので。
 目にとまった点を、主として項目だけメモしておきます。

・女性が最もかかりやすいがんは「乳がん」(P16)

・女性の死亡原因1位は「大腸がん」(P17)

・子宮頸がんの原因は?(P22)

 ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因だと。
 しかし、性体験ある女性の8割が感染し、全員発症するわけではないと。

 うーん、つまりこれって、言い方次第では、男性が原因ってことですか。
 なんか、男性としては、すっごい複雑な気分です……。

・がんにかかって治る確率はどのくらい?(P23)

・がんの治療に費用は平均いくらくらいかかる?(P25)

 で、女性のがんの話を知るつもりだったのですが。
 メインでは、自分のための勉強になりました。

 女性であれば、一読されておいても、損はないのではないでしょうか。
 自分や身内の誰か、あるいは知人が罹患した時のために。

 いや、縁起でもないなんて言わずに、転ばぬ先の杖ですから。

| | コメント (0)
|

2018/05/22

がん遺伝子検査、数万円で…簡易法6月に臨床へ(読売新聞)

がん遺伝子検査、数万円で…簡易法6月に臨床へ(読売新聞)

 保険が利かないので、これまで50~100万円要していたと。
 しかし、これが疑い判定に絞ることで、数万円で済むのだと。

 がんゲノム医療の普及のための英断、と言ってよいのでしょうかね。


がん遺伝子検査、数万円で…簡易法6月に臨床へ
読売新聞 2018年05月21日 07時11分

 慶応大学病院(東京都)は、がんの原因遺伝子を調べて効果的な薬を選ぶがんゲノム医療で、従来より簡易に160種類の遺伝子を調べられる検査法を開発した。

 有用性を確かめる臨床研究を6月から始める。費用を抑えることで遺伝子検査を受けやすくし、がんゲノム医療の普及を目指す。

 (略)

 そこで慶大病院は、解析機器で遺伝子を読み込む回数を従来の半分にし、手順も効率化した簡易検査を考案した。遺伝子変異の有無は確定しないが、疑いがあるかどうかを判定でき、費用は数万円で済む。今回は研究目的のため、費用は病院が負担する。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20180520-OYT1T50153.html

 是非、他の医療機関でも可能になって欲しいですね。

| | コメント (0)
|

2018/05/15

関学アメフト試合中の事故で車椅子生活になり、その後税理士の道へ

関学アメフト試合中の事故で車椅子生活になり、その後税理士の道へ

 今話題のアメフト問題ですが。
 関学には、試合中の事故での苦い教訓があるのですね。


過去にNFLでも。日大アメフット悪質タックル問題への処分はどうすべきか?
THE PAGE 2018年5月15日 6時7分

 (略)

 元サンケイスポーツ代表で50年以上アメフットを取材してきた武田吉夫氏も、「フィールド上の格闘技と言われる競技だが、ここまでの悪質なタックルは過去に見たことがない。パスを投げた2秒も3秒も後に意図的に負傷させようと背後からタックルをしている。ルールを守らなければ犯罪行為になる。命にもかかわる。関学では過去に猿木さんという名QBが試合中のタックルで負傷、下半身不随になったという出来事があった。私は目の前で取材をしていたが、そのときは2人がかりのタックルの下敷きになった。関学が、今回の問題を看過しなかった背景には、そういう過去も手伝っていると思う。(略)」と苦言を呈する。

 1978年の春のリーグ戦で関学のエースQBの猿木唯資さんが負傷、選手生命を絶たれ車椅子生活を余儀なくされることになったのだ。猿木さんは、現在、税理士として活躍されているが、そういう歴史を持つ関学が怒りをあらわにするのは当然だろう。

 (略)

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

http://news.livedoor.com/article/detail/14715045/

 なるほど。
 確かに、税理士として事務所を開業されています。


代表プロフィール(猿木唯資税理士事務所)

 自身の体験も語っておられます。
 選手の皆さん方が、自分や相手のために、一読されてはと思います。


頸損だより2008冬(No.108) 2008年12月20日発送
頚損ピアサロンVol.1
-当事者だから、伝えられることがある-
【録音テープ起こし:A.T./編集:鳥屋利治】
●話し 猿木(さるき) 唯(ただ)資(し)さん

| | コメント (0)
|

2018/05/11

【実験】1カ月間褒め続けた植物と、いじめ続けた植物の差が歴然

【実験】1カ月間褒め続けた植物と、いじめ続けた植物の差が歴然

 これは衝撃的ですね。
 いや、昔、似た実験はあった気がするけど。


【実験】1カ月間褒め続けた植物と、いじめ続けた植物の差が歴然
Text by さえきそうすけ

 前提として、植物は、人の言葉がある程度分かるってことですか。
 そうすると、「僕の地球を守って」も、あながち……。

| | コメント (0)
|

2018/05/10

「熟慮の失敗」高い学習効率…「即断」より賢く(読売新聞)

「熟慮の失敗」高い学習効率…「即断」より賢く(読売新聞)

 要は、反射神経の良さだけでは、中長期で勝てない。
 中長期で生き残るには、頭を使わないとダメ。


「熟慮の失敗」高い学習効率…「即断」より賢く
読売新聞 2018年05月01日 17時46分

 熟慮して失敗する方が、即断して失敗するよりも学習効率が上がることがネズミを使った実験で分かったと、東京大学の池谷裕二教授(神経科学)らが発表した。

 (略)

 その結果、全てのネズミに共通して、正解を導き出す際には4秒ほどじっくり考える一方、不正解を選ぶ際は反射的に行動する傾向がみられた。ただ、不正解の前にも「熟慮」していたネズミは、反射的な行動で失敗するネズミに比べ、少ない回数でルールを覚える傾向があった。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20180501-OYT1T50098.html

 山勘でなく、経験というストック資産を活用できるので。
 その分、生存が有利になるということでしょう。

 ただ、熟達してくると、この勘のレベルが上がってきて。
 殆ど熟慮と同じ正解が出せるようになるのは、将棋の名人などで有名。

 ということで、瞬発力に偏った頭の良さを求める教育って間違いではと。
 いや、そこまで言い切っていいのかですが。

| | コメント (0)
|

2018/05/03

ミスをした時に大事なことは(羽生善治竜王)

ミスをした時に大事なことは(羽生善治竜王)

 羽生先生のミス対応論。


羽生竜王の金言、「結果と一致しないことに物事の機微は潜んでいる」
2018年5月1日 16時1分 スポーツ報知

 (略)

 ミスをした時は、ミスを重ねないために休憩を取り一服することが大事だと思います。ミスをした瞬間、始めてしまいがちな反省と検証をまずは横に置き、まずは集中して挽回する。

 (略)

http://news.livedoor.com/article/detail/14656473/

 なるほど。
 確かに、そうですね。

 ミスが出た時に考えるべきは、連発しないこと。
 だから、反省や検証にすぐ行きがちだけれど、優先順位は違うと。

 まずは、休憩で、リズムを切替えるべきなのだと。
 実際、体力が落ちているからミスが生じることもあるでしょう。

 私が思うに、恐らくミスは、神様からの何かのメッセージ。
 そのまま進めれば、もっと悲惨な事態が起きる。

 だから、ミスが生じた流れのままで物事を進めないことが大事だ。
 数多くの経験の中で、それを実感しているということなのでしょうね。

 自分でも、意識したいと思います。
 いや、ちょうど、反省すべきことがあったばかりだったので……。

| | コメント (0)
|

2018/04/11

95歳、余裕綽々(高橋淳)

95歳、余裕綽々(高橋淳)


95歳、余裕綽々
世界最高齢パイロットの人生操縦術
高橋淳
ワニブックス 2018年3月25日初版発行

 驚きです。
 いや、95歳ということが驚きなのではありません。

 生き方というか心構えの問題です。
 それは、はじめにで出てきました。

「いつも問題が起きぬよう、仮に起きたとしても、大きくこじれないように気を配ってきた」

 これで本書を買うことにしました。

 この方、戦時中に飛行機乗りとして特攻で死ぬ直前の状況に直面している。
 もちろん、運も大きいのでしょうけど、沖縄では最後の1機で残っている。

 それは、恐らく、上記の心構えが基礎にあったのではないか。
 必ず生きて帰ってくるという信念で、クルーに言っていたと。

 で、老けない秘訣という話。

○胸を張って歩く

○食事は腹八分目、睡眠は8時間

 この辺は、言われれば。

 で、一番は、

○天狗の鼻を自分でヘシ折れ!

 自動車事故の原因は、認知症と長い運転経験による過信だと聞くと。
 その上で、ボケと過信を招かないための秘訣があると。

 それが、毎日何かを反省することだという。
 うぬぼれる時期も過去にあったが、気がついたのだと。

 納得いかないフライトが続いたことで、自分の粗に自分で気づいたと。
 周囲から持ち上げられた時こそ、反省するのが人生を安全操縦するコツだと。

 自分で気づいたのが凄いですが。
 これって、パイロットであることが影響している面もあるのでしょうね。

○チェック、リチェック

 飛行機に乗る場合、チェックリストをもとに各項目を確認する。
 チェック完了したら、必ずもう1回抜け落ちないか、リチェックする。

 これ、つまりリチェックを日常生活でも徹底していると。
 風呂やトイレで電気を消したか、再度振り返って確認する。

 これが己を過信しないことやボケない生き方にも繋がっているだろうと。
 そもそもパイロットは、チェック魔なのだという。

 そして、1つのことだけに集中していたらダメ。
 視野を広く持って、俯瞰するようにしないといけない習性があると。

 これが心に余裕を生むし、不測の事態が生じても、慌てず騒がず。
 対処できるし、大きなトラブルに発展することも防げる。

 だから、力は80%出せばいいし、目指すのも80点でいいという。
 全力でやっていると、何かあるとパニックになってしまうから。


○酒席での会話が命を救うことも

 操縦方法を酒の席で聞いて、それで命が助かったこともあると。
 とっておきの話は、酒席でしか得られないものがあるよねと。

○運・不運は存在するが、自分を信じるしかない

 自分の能力以上のことは、「頭の後ろにいるもう1人の僕」がいて。
 何かを指図してくれた感覚を何度か、戦争中に感じたと。

 そういうのって、すごく分かる気がします。

○一か八かの決断なんかしない。常に冷静沈着に正解を探し求めるのさ。

 なるほどです。これが生き残りの秘訣だったのでしょう。

○求められるのは「視野の広さ」なんだ。

 日常生活でも同じだというのは、まさに同意。

○迷ったらやめる。迷ったら断る。迷ったら行かない。

 本書で最もなるほどだったのが、これです。
 人生を左右する大きな迷いが生じた時の判断指針がこれだと。

 迷ったら引き返せ、と。
 今は大抵のことは断れる時代だから、と。

 是非、いろんな方々に読んで欲しい本です。
 「老いない極意」ではなく、人生を生き抜く秘訣というべき本だと思います。

| | コメント (0)
|

2018/04/03

「何かをしゃべるときは、必ず相手が『聞いているか』『笑っているか』を見てください」

「何かをしゃべるときは、必ず相手が『聞いているか』『笑っているか』を見てください」

 なるほど。
 「具体的」の実例として、覚えておきたい。


マンガで分かる【ADHD・注意欠如多動症】第6回「ADHDとアスペルガー(自閉症スペクトラム)の5つの違い!」マンガで分かる心療内科・精神科in池袋

 (略)

「もっとしっかりして」「空気を読んで」などの言い方は非常にアバウトで、なかなか伝わらないものです。
それよりは、
「書類チェックは二回行ってください」
「何かをしゃべるときは、必ず相手が『聞いているか』『笑っているか』を見てください」
などのように伝えた方がベターです。
キーワードは「具体的」です。覚えておいてくださいね。

 (略)

https://yuk2.net/man/246.html

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧