カテゴリー「心と体」の65件の記事

2017/07/02

「不動心論」大山康晴

「不動心論」大山康晴


「不動心論」大山康晴
KKロングセラーズ 2017/5/19

 将棋の十五世名人大山康晴先生が不動心について語ると。
 当然ながら、座右の銘である「忍」の心を語るわけですが。

 単なる道徳論ではなく、稀代の勝負師の言葉と感じさせます。

 もちろん、本人が一から書いたとは思えませんし。
 恐らくは、河口先生か誰かの手によるものなのでしょう。

 しかし、ご本人の口から出た言葉なのだろうなと感じることが幾つか。
 まさに第一人者ならではの洞察が出てきます。

 この本で特に感動したのは、訂正力という言葉です。
 体力が落ちていると、訂正力が落ちてしまうというのです。

 勝負の世界は、最後で間違えた方が負けると言います。
 一局をノーミスで終わるのはまず不可能と、米長先生がかつて喝破した通り。

 であれば、いかに訂正力を発揮しあうかが、勝負の中心になる。
 なるほどです。

 かつて、ゴルフのプロたるゆえんは、リカバリーショットだと。
 誰かがが言っていたことに通じます。

 このあたり読むだけでも、買いの本だと思います。

 あと、我慢できるのも才能だというのも、納得です。
 技術でなく、性格を育てることの意義は、まさに現代的テーマでしょう。

 大山先生が亡くなられたのは、平成4年のことですから。
 既に、もう25年が経過しています。

 たぶん、かつて出た本の再刊行版だと思うのですが。
 お勧めです。

| | コメント (0)
|

2017/06/22

女性脳は、共感で「最適解」を出す(読売新聞・黒川伊保子氏コラムより)

女性脳は、共感で「最適解」を出す(読売新聞・黒川伊保子氏コラムより)

 「つまり、女の話は邪魔するな、ということだ。」だそうです。


女性脳は、共感で「最適解」を出す

 女性の会話や行動と、そこから得る知見をコンピューター上でシミュレーションしてみたところ、面白いことに気づいた。女性の脳には「プロセス指向」といって、ことの経緯から細かく「暗黙知」を見つけ出す特徴があるのである。

 暗黙知とは、ことばや記号では表現しにくい「知恵」や「センス」のことだ。女性は、ことの経緯を語りながら、その裏で、無意識のうちにそれらを見つけ出し、そこに潜む真実を見極めようとしている。トラブルについて話しながら、頭の中では「何が悪かったのか。その表面的な原因と、根本的な原因は?」「自分にできることがあったのでは」「今、何をすればいいのか」などと考えを巡らせる。とりとめもなく経緯を語るようでいて、実は女性脳が考えていることは、意外にも合理的かつ俯瞰的で、しかも謙虚である場合が多い。

 つまり、女の話は邪魔するな、ということだ。聞き手は、たとえ関心のないストーリーであっても「わかるよ。それで?」と、気持ちよく共感しているそぶりで聞いてあげればいい。話し終えた頃には、女性の頭の中では「最適解」が出ているものだ。「解」を得た女性は、すぐに立ち上がってするべきことをする。こういう女性の対話スタイルを、私は「プロセス指向の共感型モデル」と名付けた。


男性の知らない「女性脳」の秘密とは?
感性リサーチ代表取締役 黒川伊保子
2017年06月18日 05時20分

 要は、語っている言葉のそれぞれに意味がないことも多い。
 ということでしょう。


 「女性は相談に来ていながら、アドバイスされると逆ギレする」とぼやく男性は少なくない。しかし、そんなことはない。アドバイスのタイミングが問題なのである。

 女性の話は、「共感しながら最後まで聞く」のが基本中の基本だ。そもそも、女性の言う「相談に乗ってくれる?」は、そのほとんどが「私の話を優しく共感して聞いてほしい」の意味だ。たとえば、妻が、隣の家の主婦とのトラブルを話し出したら、たとえ「君の方にも問題がある」と思っても、途中でそれを言うのは得策ではない。

 あくまでも、妻に肩入れする態度を見せ、共感するそぶりで話を聞き続ける。そうすれば、たいていは最後には妻の方が「まぁ、私も、口の利き方が悪かったかも」と自己反省の態度を見せてくれるものだ。途中で「君の口の利き方がさぁ…」などと水を差されると、女性脳の暗黙知演算がアボート(中断し、これまでの演算が全てパーになる)してしまうため、脳のショックが大きい。女性は、感情的なのではない。女性脳の扱い方を間違われると、神経信号が乱れてしまうと考えたほうが良いのだ。

 相談と言われても、相談ではなく、自分の思考や感情の整理に付き合え。
 いや、寄り添え、というべきかな。

 寄り添わずに、馬鹿正直に「相談」だと思って対処するから、ケンカになる。

 で、このコラム理解のために、男性が知るべきことがもう1つあって。
 著者が書いていないことですが。

 それは、女性の言葉は言葉通りでないことが多々ある、ということ。
 上記の「相談」もその1例に過ぎない。

 よくある典型例は「そんなことない」である。
 女性の「そんなことない」は、8割方「そんなことある」だ(当社調べ)。

 ある意味、女性のコミュニティが腹黒くなりやすいのは、何故かというと。
 この種の、腹の探り合いがあるからだと、私は想像している。

 女性の反語的メッセージを理解できると、女性を敵に回しにくくなる。
 と、私は最近思っているのですけどね。

 で、この著者のコラムを理解するには、そのような知識が必要だと思いますが。
 男性には有用だと思いますので、一読をお勧めします。

 ただ、読んだから、女性が理解出来るということではなく。
 トラブルが少しは減るよ、くらいの気持ちで。

| | コメント (0)
|

2017/06/18

電子たばこは普通のタバコと同じく健康を害する(GIGAZINE)

電子たばこは普通のタバコと同じく健康を害する(GIGAZINE)

 最近、IQOS吸う喫煙者が増えましたので、へーでした。


2017年06月14日 06時00分00秒
電子たばこは普通のタバコと同じく健康を害する

 (略)

コネチカット大学のKarteek Kadimisetty氏らの研究チームは、電子たばこで吸引する液体の中に含まれる化学物質が健康に悪影響を与えないかを調べました。調査では、電子たばこリキッドに含まれるあらゆる化学物質を調べるのではなく、普通のタバコに含まれる「DNA損傷を引き起こす可能性がある物質」として知られている3つの発がん性化学物質に狙いを定めた上で、発がん性物質が検出されるかを調べています。

 (略)

実験では電子たばこの20回の吸引(20パフ)でタバコ1本分の喫煙に相当するという基準で評価が行われ、20パフ・60パフ・100パフでサンプルが集められました。実験の結果は、吸引回数が多くなるほどDNA損傷の可能性が高まるというもので、電子たばこはタバコと同程度のDNA損傷を引き起こす可能性があることが分かりました。

(略)

今回の実験では既知の発がん性物質3種類に限定して調査が行われましたが、電子たばこには健康に被害を与えうる数百種類の化学物質が含まれているという指摘もあります。「電子たばこだから普通のタバコのような健康被害がない」と考えるのは正しくないと言えそうです。

http://gigazine.net/news/20170614-e-cigarette-harmful-as-tobacco/

 吸った後の水蒸気って、大丈夫なんだろうか。
 受動喫煙問題の影響も、誰か調査して欲しいなぁ。

| | コメント (0)
|

2017/05/21

普通の顔をしたおかしな人がいるってことを知っておく

普通の顔をしたおかしな人がいるってことを知っておく

 いや、上京した姪っ子たちに、特に伝えたいことなのだが。
 世の中には、普通の人の顔をした、おかしな人たちが結構いる。

 ごく少数、当たったら不運、というレベルではない。
 相当数、この世の中には、存在している。

 大事なことは、そういう人たちが、結構いるという事実の認識。

 ついつい、普通の人だと思って、話してしまった。
 ついつい、普通の人だと思って、付き合ってしまった。

 多くの悲劇は、そこから始まっている。
 気を許して、話をする前に、自分のセンサーが働いているか注意すべき。

 あれ、という違和感が瞬間的にでもあったら。
 気のせいで済ませずに、それが何に由来するのか、考えてみる。

 多くの場合は、相容れない価値観が根源にあることが多いのだから。
 小さなことではなく、きちんと考えてみるべき。

 逆に言えば、相手と自分の違いの全てを気にする必要もない。
 許容できる違いであれば、問題ないのだから。

 もちろん、あばたもえくぼ、恋は盲目状態だと仕方ないですが。
 しかし、立ち止まって、自己点検する癖をつけないと。

 もう1つ、姪っ子たちに伝えたいことがあるとすれば。
 それは、若い頃の失敗には、取り返し付かないものがあるということ。

 失敗するな、では決してない。
 リカバリのきかない失敗もあることを踏まえて、トライせよということ。

 人生って、意外と、必然性の繋がりで今があるのだと。
 この年になって、結構、思うことがある。

 今の自分がいいか悪いかは別にして。
 もう一度味わいたくない思いが、かつてあったことは大事にしたい。

 いや、こんなこと言って伝わるかどうかですし。
 年寄りの言うこと聞けないのが、若さではあるのですが。

| | コメント (0)
|

2017/04/27

ロタウイルス、患者数3年ぶりの高水準

ロタウイルス、患者数3年ぶりの高水準

 職場のパートさんもお子さんがかかったそうです。
 回復したようで、一安心ですが。


ロタウイルス、患者数3年ぶりの高水準
2017年04月25日 16時49分 TBS

 乳幼児を中心に急性の胃腸炎を引き起こす「ロタウイルス」の感染が広がっていて、最新の1週間の患者数は3年ぶりの高い水準となっています。
 ロタウイルスによる急性の胃腸炎は乳幼児がかかりやすい病気で、下痢や嘔吐、腹痛などを伴い、症状がひどくなると入院が必要になることもあります。

 (略)

 1医療機関あたりの患者の数は2月はじめからおよそ10倍に増加していて、都道府県別で多いのは群馬県、香川県、兵庫県の順でした。

 厚生労働省は、手洗いなどの予防を呼びかけています。(25日13:08)

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-89441/

1週間で10倍、まさにパンデミックですね。

| | コメント (0)
|

2017/03/08

FBIアカデミーで教える心理交渉術

FBIアカデミーで教える心理交渉術


FBIアカデミーで教える心理交渉術
どこでも使える究極の技法
ハーブ・コーエン
川勝久訳
日経ビジネス人文庫
日本経済新聞社 2015年1月5日1刷発行

 1981年10月三笠書房発汗の改題を日経が2011年に発刊。
 これを文庫化したもの。

 JALの交渉代表者達である日本人の使った手法がエグい。
 2時間半説明させた上で、説明がわからなかったと。

 にっこり笑って、繰り返して下さいと。
 (P53~55)

 言葉が通じないふりなのですが。
 JALでこんな恐ろしいネゴシエーターいたとは。

 うーん、何故倒産したんでしょうね。
 というか、多分早めにゴールデンパラシュートなのか。

 著者のいう教訓は、出会ってすぐに自分の知性を証明するなと。
 たとえ回答がわかっていても、質問する側に回れと。

 観察して、自分の聞く量と話す量との割合を掴めと。
 なるほどねぇ。

 使うかどうかは別にして。
 知っておくに若くはないか。

 そして、最終提案の4要件もエグい。

1 ケーキに砂糖の衣をかけること

 最後まで逃げないように、自分以外の選択肢を与えないでおくか。
 十分に投資させて、最後に最終提案すべきで、最初に言っちゃだめ。

 うーん、要は、誠実な交渉者って。
 ビジネスでは罪だというメッセージなんだろうな。

2 やんわりと人当たりがよいこと

 これは説明を要しないだろう。

3 手出しを封じる方法

 自分の最終姿勢は、常に記録文書にしておけと。
 抵抗されても、予算や会社の方針などで切り返せと。

4 限られたものの中から選ばせる

 相手を八方ふさがりにして、他を選ぶ環境に置くなと。
 逆に、相手により望ましいものを選べるようにしろと。

 相手の選択肢を広げることを避けて。
 提示した選択肢から選ぶように誘導しろと。

 うーん「勇午」の世界ですね。

| | コメント (0)
|

2017/02/28

ギャンブラーの家族は金銭的な助力はNG

ギャンブラーの家族は金銭的な助力はNG

 まぁ、そうなんですけど。
 つい、「なんとか」してあげようとするのが、負の連鎖を作り出す。


 ギャンブラーの家族は、当事者の金銭的な問題に手を差し伸べ、身軽な状態にしてあげてはいけません。大抵の場合、家族は、愛する人を救いたいと借金の肩代わりをしてしまいます。

 「これに懲りて、もうギャンブルはやめてくれるだろう」

 そんな希望的観測は、残念ながら、ほとんどが裏切られることになります。借金がなくなっても、病気の症状はなくなりません。脳内の強迫観念はずっと抱えたままなのです。

 ギャンブル依存症から回復するには、「もう無理だ。自分一人ではどうにもならない」と助けを求める必要性を当事者が認めることが大事です。金も精根もつきた、という「底つき体験」がきっかけになるのです。

「普通の主婦だった私がギャンブル依存症になったワケ」(ギャンブル依存症問題を考える会代表理事 田中紀子)読売新聞 2017年02月22日 02時22分
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170220-OYT8T50104.html?page_no=6&from=yartcl_page

 ただ、この記事を読んでいると、結局は、時間しか解決の手立てはないように思えます。
 覚醒剤とかと同じで、短期的には、救いがないのかな。

 何か、脳の働きを阻害する薬が登場するのを待つしかないのかもしれない。

| | コメント (0)
|

2016/10/15

電通の長時間労働が全社常態化って、社会の常識だったのでは

電通の長時間労働が全社常態化って、社会の常識だったのでは

 いや、昔から、電通の残業時間がやたら長いって。
 かなーり有名だったでしょう。

 過去にも事件があったわけだし。
 今更、という気がすっごくしますが。


電通に労働局が立ち入り 長時間労働、全社で常態化疑い
千葉卓朗
2016年10月14日13時14分

 広告大手、電通の女性新入社員(当時24)が昨年末に過労自殺し、労災認定されたことを受け、東京労働局と三田労働基準監督署は14日午後、労働基準法違反の疑いで電通の本社(東京都港区)と支社数カ所に一斉に立ち入り調査に入った。違法な長時間労働が全社的に常態化していた疑いがあるとみて、労務管理の実態を詳しく調べる。

 この日の立ち入り調査は、労基法に基づく「特別監督指導」と呼ばれるもので、調査の結果、法令違反が見つかり、悪質と判断されれば刑事事件として立件することができる。今回の労災認定は、過労自殺した新入社員の問題にとどまらず、雇用者の刑事責任が問われる事態に発展する可能性が出てきた。

 (略)

http://www.asahi.com/articles/ASJBF7RMPJBFULFA04B.html?iref=comtop_8_01

 刑事事件で、どのあたりまで責任をとるのか。
 同じ業界の博報堂は、果たして大丈夫なのか。

 などと、興味はつきませんね。

| | コメント (0)
|

2016/09/09

熱さまシート貼ってみた

熱さまシート貼ってみた

 永瀬拓也六段が、対局中に熱さまシートを貼っていると。
 なんか、頭を冷却して、思考能力を高めてくれそうな気がする。

 ということで、職場で貼ったら。

 うん、良い感じ。
 頭スッキリする気がして。

 でも、職場の女性陣に爆笑されちゃった。
 やっぱ、ダメかねぇ。

熱さまシート 大人用 12+4枚(小林製薬)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/09/06

「人はなぜ不倫をするのか」亀山早苗 その3

「人はなぜ不倫をするのか」亀山早苗 その3


 SB新書
 「人はなぜ不倫をするのか」亀山早苗
 SBクリエイティブ株式会社 2016年8月15日初版第1刷発行

 あと、行動遺伝学(山元大輔)の話もなかなかショッキング。
 MHC遺伝子という存在についてが中心なのですが。

 なんと、このMHC遺伝子が相性を決めるのだと。
 型が自分のそれとかけ離れているほど、プラスの評価になるのだと。

 これをスイス・ベルン大学動物学教室で、Tシャツ実験をしたと。
 着ていたシャツの匂いを嗅がせて、評価実験したというのですね。

 結果は上記の通りで。
 同性でも同じだったとか。

 いや、男の汗のTシャツを嗅ぎたくないとか。
 そういうツッコミはさておいて。

 この遺伝子、もっと恐ろしい話が出てきます。
 夫婦でこのMHC遺伝子が相性遺伝子の型が似ていると何が起きるのか。

 子供ができにくくなるというのですね。
 妊娠しても、流産しやすくなってしまうと。

 MHC遺伝子は、体内侵入ウイルスなどに反応する門番の役割。
 より自然淘汰で残りやすい子が生まれるようにしているのだと。

 更に生まれても、その子は、低体重になる確率が上がるのだと。
 これ、あまりにもセンセーショナルな話という気がします。

 うーん、世の中には知らない方が良いことがあるのかもしれない。

 他に、性科学(宋美玄)・脳科学(池谷裕二)の話も出てきます。
 しかし、島田・山元の話の恐ろしさの前には……。

 いや、一読すべき本だと思います。
 恐ろしすぎますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧