カテゴリー「文化・芸術」の10件の記事

2016/09/28

コツコツ読書貯金(読売新聞夕刊)

コツコツ読書貯金(読売新聞夕刊)

 へー、読書貯金の読書通帳ってあるのだ


○コツコツ読書貯金(読売新聞夕刊平成28年9月24日(土))

 貯金気分で読書欲を高めてもらおうと、全国の国公立図書館で、借りた本の履歴を記録した「読書通帳」を発行する取り組みが広がっている。現金自動預け払い機(ATM)さながらの機械で印字する本格派もあり、貸出数の倍増につながった図書館もある。

 (略)

 読書手帳とせず、読書通帳としたのがアイディアですね。
 子供だけでなく、高齢者にも好評なんだと。

 個人情報保護がネックで、過去に借りた本が自分で分からない。
 そんなニーズに応える意味があるのだそうです。

 導入費用が数百万程度かかるらしいので。
 スポンサーが必要らしいですけど、いい取り組みだと思います。

 将来的には、受験や入社で「読書通帳を見せて貰えませんか」なんて出てくるかも。
 いや、個人情報保護が怖くて、聞けないのかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/09/02

海外ドラマを見ていて思うのは、インテリアがそれを使う人物をよく表現しているということ

海外ドラマを見ていて思うのは、インテリアがそれを使う人物をよく表現しているということ

 あの大塚家具の社長さんの取材記事ですが。


キャリアの原点
「人生って思うようにはいかないけど」大塚久美子社長 大塚家具社長 大塚久美子氏(下)

 この方、個性の強すぎる父親に振り回されたよくある家族なんですよね。
 正直、このパターンはよく見ます。

 でも、そこに対する繰り言を言わないで、気分転換の話をするところとか。
 いや、なかなか、頭の良い人だと思いますね。

 で、なるほどな、は下記。

「シリーズモノでも、一話の中で必ず犯人が捕まるドラマがいいですね。そうじゃないと、先が気になってしかたがない。それと、海外ドラマを見ていて思うのは、インテリアがそれを使う人物をよく表現しているということです。とても勉強になりますし、おもしろい部分です。」

 見る人は、やはり見るところ、違うんですね、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/03/18

「連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏」巻来功士

「連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏」巻来功士

「連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏」
巻来功士 イースト・プレス 2016年2月22日第1刷発行

 ゴッドサイダーやメタルKで有名な著者の半生記。
 これ自体も面白いのですが。

 何より読むべきは、巻末の堀江信彦氏との対談。
 本編読んでからだと、すごく納得。

 経験に基づく、堀江氏の分析は、流石というしかない。
 以下、私なりに勝手にまとめてみます。

 ・漫画家には、縦糸系と横糸系の2種類の才能がいる。

   縦糸は、ストーリーの部分。
   横糸は、キャラクターやアドリブ・脱線の部分。

   原哲夫氏は、完璧に横糸系の人だったのだとか。
   なんか、分かる気がする。

 ・編集者が手伝いやすいのは、縦糸系の部分。

   本編で巻来氏が、歴代の編集者に何度か言われる台詞。

   「巻来君は自分でやれる人だから」
   「君なら一人でできるから」

   これって、縦糸系の才能があったからなのですね。
   だから、編集者の手伝う余地が少ない。

   堀江氏は、流石、ジャンプ黄金期の編集長というしかない。
   才能の見出し方のキーワードを持っているのですね。

 ・漫画の面白さは、横糸系がかなりの比重を占める。

   編集者がタッグを組んで補完できるのは縦糸。
   しかし、横糸部分は、補完できない。

   漫画家としては、横糸系の才能が7割くらいでいい。

 ・面白い漫画のコマ数は20ページで100から110

   最近の漫画は、70から80コマ。
   30コマの差は、情報量の差であり演出の有無。

   場面転換・時間経過を入れる。
   捨てカットを入れる。
   人の表情で間を作る。

   見る人が見れば「ここまでやるのか」の工夫があるか。

 ・漫画家の「カメラ」は何台あるかがその漫画の面白さ

   北条司は、5台の据え置きカメラと1台手持ちカメラ。
   面白くない漫画は、2、3台しかない。

   「カメラ」は視点・目線ということですね。

 ・いい編集者に出会わないと、漫画家は不幸

   ドラマの選択肢を的確に示せる編集者が名編集者。
   どちらに行くべきかを与えられると、漫画家は楽。

   漫画しか読んでいない編集者ではダメ。
   小説や映画を読んでいる編集者こそ、よき助言者になる。

 ・漫画家と一緒にいいものを作ろうとするのがいい編集者

   一緒に作ろうという手間をかけないと、つまらなくなる。
   漫画家と編集のカップル作品という視点が重要。

   漫画が増えた中で、いいのを載せればよいは、滅びの道。

 ・今の日本の漫画が面白くないのは挿絵になっているから

   挿絵なら、海外作家ですごい絵の人たちがいる。
   日本の漫画は、手塚治虫による映画のコンテから始まった。

   映画では、まさにコンテを切る漫画家の才能が活きる
   ネーム、コンテを切ることができることは大きな才能。

 才能の見出し方・育て方という意味で、非常に参考になりました。
 この対談だけは、必読だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/02/27

「限界宗教法人」問題 重文を売却、檀家が高齢化…厳しい地方の寺院経営

「限界宗教法人」問題 重文を売却、檀家が高齢化…厳しい地方の寺院経営

 確かに、深刻な問題でしょうけれど。
 「職業」化した宗教の今後を考えるには、良い機会なのではないかとも。

 これから、生活風土に必要な宗教とは、なんぞや、ということを。
 各自が考えていくべき時期だという意味ですが。


「限界宗教法人」問題 重文を売却、檀家が高齢化…厳しい地方の寺院経営
2016.2.8

 国学院大学の石井研士教授の調査で浮上した「限界宗教法人」問題。世界遺産に登録されるなど著名な寺社が多くある一方、3分の2にあたる26市町村が「消滅可能性都市」とされる奈良県は、全国でも最も事態が深刻な都道府県の一つだ。今回の調査では、計3847ある宗教法人のうち、実に49・7%にあたる1912法人が「限界」と判明。地域の信仰の場をどう維持し、文化財を守っていくのかが、大きな課題になっている。

 (略)

 文化庁によると、寺や個人からの重文などの売却申し込みの届け出数は23年度以降、毎年20~40件。同庁の国宝・文化財購入予算は24年度以降、毎年約13億円で推移している。

 関係者によると、寺が所有する重要文化財を立て続けに売却することはまだ珍しいというが、文化庁の担当者は「今後、経営難の寺院が増加すると、重文の寄託や売却は多くなるかもしれない」と話す。

 (略)

 複数の寺を運営する若手の住職も、今後に不安を感じている。同県山添村の不動院で、7寺の住職を兼務している前川良基(りょうき)住職(42)。各寺を回るのは月1回程度だが、今は200軒前後ある檀家がそれぞれ管理にあたってくれている。だが村は22年から30年後には、総人口が約55%減の1848人になると試算されている。

 「寺の維持管理に協力してくれている檀家さんは60~80代の方々。地域の高齢化は進み、人口も減っている。15年後、20年後、寺を守り続けることはできるのだろうか」と語った。

 (略)

http://sonae.sankei.co.jp/news/article/160208/n_life0005-n1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015/10/28

イラストレーターの生頼範義氏死去

イラストレーターの生頼範義氏死去

 1つの時代の終わりですかね。


イラストレーターの生頼範義氏死去
2015年10月27日(火)22時6分配信 時事通信

 生頼 範義氏(おおらい・のりよし=イラストレーター)27日午前11時35分、肺炎のため宮崎県国富町の病院で死去、79歳。

 (略)

 映画「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」の国際版ポスターで知られた。平井和正氏の小説の表紙絵やゲーム「信長の野望」のパッケージイラストなどを手掛けた。 

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-2015102700958/1.htm

 平井和正氏も亡くなりましたし。
 で、つい最近、「幻魔大戦」全20巻、読み直したばかりだったのですが。


幻魔大戦 全20冊合本版<幻魔大戦> (角川文庫) [Kindle版]
平井 和正 (著), 生頼 範義 (イラスト)

 合掌。
 ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015/09/13

市図書館がずさん選書…追加購入の1万冊は中古

市図書館がずさん選書…追加購入の1万冊は中古

 「中古」とは言わないんじゃないの、これ。


市図書館がずさん選書…追加購入の1万冊は中古
2015年09月12日 07時36分

 (略)

 市教委などによると、1万冊の中には2001年版の埼玉県のグルメ本や03年版の税理士試験の対策本など、10年以上前の実用書や試験対策本が多数含まれていた。

 (略)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150911-OYT1T50157.html?from=ytop_main9

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015/08/30

今の出版界に大事なのは、とにかく生き残ることだけ(角川春樹)

今の出版界に大事なのは、とにかく生き残ることだけ(角川春樹)

 週刊SPA2015年9月1日号より。

○文壇アウトローズの世相放談
 これでいいのだ!
 坪内祐三・福田和也
 福田特番 ゲスト角川春樹(前編)

 70年代に角川書店を牽引した角川春樹氏がゲスト。

 よその出版社で単行本で出したものを、文庫本に収録する。
 「泥棒角川」と言われて評判悪いと、安岡章太郎に言われたら。

 「先生、それは誤解です。うちは”強盗角川”です。」

 おーい。
 ま、確かに、この頃の勢いは、そんな感じだったんだろうね。

 で、池波正太郎の愛した店はどれもまずいとか。
 山口瞳は、女を知らない人だと思ったとか。

 結構、トンデモナイことを言っている。

 で、なるほどと思ったのが、以下のくだり。

「角川 今の出版界に大事なのは、とにかく生き残ることだけだと思ってる。状況が今よりよくなるってことはあり得ないんだ。」

「角川 それに加えて、図書館問題もあるし、本屋にとって切実なアマゾンの問題もあるし、万引対策を含めたブックオフの問題もある。」

「角川 コミックの問題を抜きにしても、大手出版社は図書館問題に対してこのままでいいという態度なんだ。俺は『作家の同意を得たものに関しては、1年間は図書館に入れない』という方法を取ろうとしているんだよ。本屋さんは賛成してくれるところが多いのに、同意してくれる出版社は少ないね。」

 なるほどです。
 最近、久しぶりに図書館に行く機会があり、気になっていた。

 私は本が大好きだから。
 街の本屋を殺してしまわないで欲しいと、切に願う。

 いや、アマゾンも使うけどね。
 うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014/02/24

芭蕉の句を学ぶウクライナの小学生

芭蕉の句を学ぶウクライナの小学生

 平成26年2月24日(月)産経新聞朝刊のコラム産経抄より。


 日本から遙か彼方にある国の小学生は、なんと国語の授業で、松尾芭蕉の俳句を勉強している。元ウクライナ大使の馬淵睦夫さんによると、独立以来国語教育に特に力を入れてきた、ウクライナの学習指導要領にはこうある

「自然を描写して気持ちを表す日本人の国民性を学ぶことにより、ウクライナとは違った文化をもつ日本と日本人に対する尊敬の念を養う」

 芭蕉を学ぶ子供たちに、救援の手を差し伸べるすべはないものか。

 なんか面はゆいですね。
 尊敬されるに足る国民性を持ちたいものだなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014/01/19

名刺の裏の工夫

名刺の裏の工夫

 金曜日にある方にもらった名刺の裏。
 前職の総務時代の工夫だそうです。

Photo

 生まれた年を引けば、今年で何歳になるか分かる。
 なるほどです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014/01/16

Only in Japan

Only in Japan

 日本にしかないよって、外国人による日本文化紹介番組がいくつか。

Sharla in Japan

 カナダ人の留学生らしき女の子が、日本の文化をいろいろ紹介してくれている。
 日本語で喋り、英語字幕が出る。

 楽しそうだねぇ。

WAO!流JAPAN ONLY in Japan

 こちらは、英語で喋るので、完全に外国人向け。

奇祭、トイレ、漫喫…外国人が発信「クールジャパン」 オタク、原宿だけじゃない Sankeibiz 2014.1.14 08:51

 クールかどうかは別にして、楽しんでもらえるとうれしいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|