« さくらんぼ | トップページ | ビスタのひみつ(?)アップデート »

2007/07/29

金子登志雄先生の新著2冊ゲット!


 M&Aの第一人者でもある司法書士、金子登志雄先生の著書のファンは多い。
 今回、待望の著書が一気に2冊登場。

 発売されていたのは知っていたが、悲しいかな地元の本屋では扱っていない。
 で、昨日某所書店にてようやくゲット。

「目からウロコ!これが新増減資だ種類株式だ」
金子 登志雄 (著), 富田 太郎 (著)
出版社: 中央経済社 (2007/07)

 こちらはおなじみESG本。例によって対話調で本質を突く会話がなされていく。
 まだ、第1話 募集株式の発行等の途中を呼んでいるところだが、

「募集行為には株主割当てとそれ以外の2種がある」

はなるほどだった。割当を民法の契約理論レベルまで突っ込んで考えている金子先生の凄さに感動。

「組織再編の手続―法務企画から登記まで」
(商業登記全書 第 7巻)
金子 登志雄 (著)
出版社: 中央経済社 (2007/07)

 こちらは、シリーズ本の1冊。だが、最も凄いのはこのシリーズ、この巻以外は全て複数の人間が執筆するということである。一人で書き上げる金子先生は超人としか言いようがない。

 なお、両方とも、会計方面は、有ちゃんワールドこと、公認会計士有田賢臣先生の校正が入っているということで、安心して読める。最近忙しくしているという話だったけれど、納得。流石、有田先生。LLP本の編集に引き続きのご活躍ぶりである。

|

« さくらんぼ | トップページ | ビスタのひみつ(?)アップデート »

会社法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金子登志雄先生の新著2冊ゲット!:

« さくらんぼ | トップページ | ビスタのひみつ(?)アップデート »