« やっぱり33業種課税の見直しか | トップページ | 「セレブの種」("SHE HATE ME") »

2007/10/20

「コンメンタール会社計算規則・商法施行規則」弥永真生

「コンメンタール会社計算規則・商法施行規則」弥永真生
商事法務 2007年10月20日初版発行

 昨年出た「コンメンタール会社計算規則・改正商法施行規則」を全面改訂した模様。前の版は考え方をかなり述べていて参考になったので、今回の版も期待。

 なお、今後軽微な改訂は商事法務のページで修正を載せるとか。流石弥永先生、良心的です。

 まだ読み始めたばかりですが、ちと面白かったのは、「税効果会計(3項25号)」のところ。

−−−−−−−−−(引用開始)−−−−−−−−−−−−−−−−
 しかし、税効果会計は比較的新しいものであること、繰延税金資産に係る回収可能性の判断には困難が伴いうること、法人税法の規定を尊重して計算書類を作成している会社においては繰延税金資産及び繰延税金負債の重要性が乏しいことなどを考慮すると、有価証券報告書提出会社でもなく、大会社でもない会社については、税効果会計を適用しないことも現時点では「一般に公正妥当と認められる企業会計の慣行」の1つであると考える余地がある(市原・商事法務1527号28頁参照)。
−−−−−−−−−(引用終了)−−−−−−−−−−−−−−−−

 引用の形とは言え、弥永先生がこういうことを書いてくれると嬉しくなってしまう。

 ただ、弥永先生は、リースもオフバランス容認派(正確には絶対オンバランスじゃなきゃダメじゃないでしょ派)であるので、割り引いて聞く必要はあるんですけどね。

|

« やっぱり33業種課税の見直しか | トップページ | 「セレブの種」("SHE HATE ME") »

会社法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コンメンタール会社計算規則・商法施行規則」弥永真生:

« やっぱり33業種課税の見直しか | トップページ | 「セレブの種」("SHE HATE ME") »