« 弁護士に3度目の懲戒処分、依頼人に虚偽説明 | トップページ | 企業資本注入、来春まで 産業再生法改正案 閣議決定へ »

2009/01/29

日本相撲協会:公益財団認定申請へ

 どのくらい分かって公益認定に進む覚悟があるのでしょうね。
 公益認定法施行後は、公益事業の定義が変わってしまっていることを踏まえれば、拘泥の必要はない筈なのだが。


日本相撲協会:公益財団認定申請へ

 日本相撲協会は29日、東京・国技館で理事会を開き、政府の公益法人制度改革に伴う関連法案が施行されたことを受けて、公共性の高い「公益財団」の認定を目指す方針を決めた。それに伴い、外部有識者と一門理事を交えた対策委員会の設置を承認した。今後5年間の猶予があるが、春場所前にも第1回会合を持つ予定。

 移行形態には「一般財団」と「公益財団」がある。協会は約70億円に上る内部留保金があり、本場所での事業収入も多いことから「公益財団としての認定は難しい」という声もある。

 (略)

http://mainichi.jp/enta/sports/news/20090130k0000m050027000c.html?inb=ff

 全国ちびっこ相撲大会やるとか、世界無料興行やるとか、まぁいろいろお金の使い道を考えるのでしょうね。
 ただ、旧来の因習をいろいろ整理するのが先のような気はしますけど。

|

« 弁護士に3度目の懲戒処分、依頼人に虚偽説明 | トップページ | 企業資本注入、来春まで 産業再生法改正案 閣議決定へ »

ニュース」カテゴリの記事

公益法人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本相撲協会:公益財団認定申請へ:

« 弁護士に3度目の懲戒処分、依頼人に虚偽説明 | トップページ | 企業資本注入、来春まで 産業再生法改正案 閣議決定へ »