« 「その子に羽生君はやられるんだ」 | トップページ | 相続税2億2千万円脱税 »

2009/01/23

中田英寿氏が財団設立「サッカーを通じて地方を活性化したい」

 一般社団ではなく、一般財団を選択したのですね。


中田英寿氏が財団設立「サッカーを通じて地方を活性化したい」
1月22日15時57分配信 スポーツナビ

 元日本代表MFの中田英寿氏が22日、都内のホテルで一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」設立の記者会見を行なった。会見には代表理事の中田氏のほか、事務局長の上窪政久氏、山梨県甲府市長の宮島雅展氏が出席。財団は“ 誰にとってもプラスになる機会を提供すること”を目的に、サッカーを利用したさまざまな活動を行う予定だという。

 中田氏は会見の席で、「世界中を回って見た現実、経験からこの財団を設立しました。誰にとってもプラスになる活動を僕たちが企画して、多くの人に参加して楽しんでもらいたい。現役を引退した選手たちで登録制のチームを作り、サッカーを通じて地方を活性化していきたいと思います」と語った。

 同財団は、地方都市の自治体や企業などにサッカーチーム「TAKE ACTION FC」を無償で派遣し、遠征試合やサッカークリニックなどのイベントを全国各地で開催する。

 (略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090122-00000011-spnavi-socc

 オリジナル寄附者の意図を反映してもらうという意味で財団の選択になったのかも。
 協会であれこれ騒いでいるのを見て、社団にする気がなくなったのかもしれないが。

 さて、内容を見ると、公益性はある程度ありそう。
 ただ、敢えて公益認定を取らない可能性も高いと見た。
  
 うまくいけば、今後、一般法人の活用事例の1つとして、広く語られるケースになるかもしれない。

 個人的には、NPOという選択肢を取らなかった意図を聞いてみたい気もする。
 おそらく、上記の視点重視ではないかと想像するのだが。

|

« 「その子に羽生君はやられるんだ」 | トップページ | 相続税2億2千万円脱税 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

公益法人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中田英寿氏が財団設立「サッカーを通じて地方を活性化したい」:

« 「その子に羽生君はやられるんだ」 | トップページ | 相続税2億2千万円脱税 »