« 警備会社1億2千万円脱税 大阪国税局告発 | トップページ | JALにダイエーの“呪縛” 再生機構vs経産省の因縁再び »

2009/10/04

法すれすれを突く税理士業務が背景 マンションオーナー節税


 既に大々的に報道され、来年改正は不可避なんだろうと誰もが思う今日この頃。
 で、「やっぱり」と思ったのが、下記。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
法すれすれを突く税理士業務が背景 マンションオーナー節税
2009/10/3

 (略)

 政府税制調査会(政府税調)では「不公平だ」と問題点を指摘する声が以前からあった。国税の現場レベルでは「申告書に少しでも不備な点があれば、還付を認めないように」と研修などで指導されるという。
 こうしたことからアパート、マンションのオーナーと国税当局との間で民事訴訟になったケースもある。

 (略)

http://www.business-i.jp/news/flash-page/news/200910030106a.nwc

|

« 警備会社1億2千万円脱税 大阪国税局告発 | トップページ | JALにダイエーの“呪縛” 再生機構vs経産省の因縁再び »

ニュース」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法すれすれを突く税理士業務が背景 マンションオーナー節税:

« 警備会社1億2千万円脱税 大阪国税局告発 | トップページ | JALにダイエーの“呪縛” 再生機構vs経産省の因縁再び »