« 「厚着」を脱がない子どもたち | トップページ | 社長! 会社の「個人成り」を考えてみませんか? »

2010/07/07

官房長官、相撲協会の公益法人認定に慎重姿勢

 当たり前なんだけど、まぁいい機会。
 公益法人は、みんな公益認定を受けるべきというアホな風潮を見直すにもね。

 ただ、この業界はなぁ。

----------------------------------------------------------------
官房長官、相撲協会の公益法人認定に慎重姿勢

 仙谷官房長官は7日の記者会見で、日本相撲協会が公益法人制度の改革に合わせて、引き続き税の優遇を受けるために「公益財団法人」の認定を目指していることについて、「『確かに公益性がある』という国民の感覚がないと認定しにくい」と述べ、野球賭博問題を踏まえて慎重な姿勢を示した。

 (略)

(2010年7月7日21時54分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100707-OYT1T00996.htm

|

« 「厚着」を脱がない子どもたち | トップページ | 社長! 会社の「個人成り」を考えてみませんか? »

ニュース」カテゴリの記事

公益法人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 官房長官、相撲協会の公益法人認定に慎重姿勢:

« 「厚着」を脱がない子どもたち | トップページ | 社長! 会社の「個人成り」を考えてみませんか? »