« 「税だけを見ると増税の印象があるが」って? | トップページ | 最近の難解税制のポイントと実務の落とし穴 »

2010/12/19

関係会社間取引における利益移転と税務

Kankeikaishakan

 いろいろあって難産でしたが、共著本なんとか出ました。
 小林先生編シリーズ第1弾。

----------------------------------------------
関係会社間取引における利益移転と税務

税込価格: 2,000 円 (本体価格: 1,905 円)
小林 磨寿美 他著
A5判 / 280ページ
平成22年12月15日刊
ISBN:978-4-7547-4310-9

特色

時価により取引を行うのが原則の法人。平成22年度税制改正では、グループ法人税制が導入。それにより、単体法人の損益に担税力を見出し、課税してきた法人税法が、グループ法人全体の損益について、担税力を見出して課税する方向に、大きく舵を切ったと言える。しかし、法人・法人間の取引には、グループ法人税制の適用があるとしても、法人・個人間、個人・個人間の利益移転については、従来の取り扱いが継承されることとなる。そこで、本書は、関係会社間取引における利益移転について、100%資本関係会社の法人頂点と個人頂点、99%以下資本関係会社、同族株主のそれぞれについて、税務上の取り扱いを具体的事例によるQ&Aで明らかにし、実務に役立てるものである。

http://www.zaikyo.or.jp/bookshop/products/product/662
-------------------------------
 2011/01/23 8:56 画像追記

|

« 「税だけを見ると増税の印象があるが」って? | トップページ | 最近の難解税制のポイントと実務の落とし穴 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関係会社間取引における利益移転と税務:

« 「税だけを見ると増税の印象があるが」って? | トップページ | 最近の難解税制のポイントと実務の落とし穴 »