« いや、当然三度目はある | トップページ | 桜ジャーキー »

2011/04/02

天災のない場所

 私の住んでいる中国地方の瀬戸内側は、台風もなく、地震もない。

 かつて瀬戸内海の塩田が有名だったように、年間で雨もほとんどない。
 山陰部と違い、雪もそれほど降るわけではない。

 昔東京で「東京は雨が多いですね」と言ったら、不思議そうな顔された。
 東京が特殊なのではなく、自分のところが特殊なのだとようやく気づいた。

 その後、日本全国いろんなところへ行って感じたこと。

 北海道・東北の人たちは、おしなべて、忍耐強く、優しい。
 鹿児島の人は、おおらかで、だけどやはり忍耐強く優しい。

 多分、自然と向きあって生きていくしかないからだろう。
 人間の驕りを許さない、自然の力を理解しているからだろう。

 頭が下がる思いだった。
 自分はどれほど恵まれているのだろうか、と。

 今回の地震で罹災された人々の振る舞いが賞賛されている。

 日本人がだという意見もあり、確かにそうかなとも思う。
 でも、東北の人々の、自然と向きあう姿勢が一番大きいんじゃないか。

 自分のいる場所は、殆ど天災がない。
 ありがたいことである。

 ただ、東北の皆さんを見て、自分の驕りに自分たちが気がつけているか。
 自分を含めて、そこが甚だ心もとない。

 感謝する気持ち、素直にありがとうと言えることを大切にしたい。

|

« いや、当然三度目はある | トップページ | 桜ジャーキー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あぁ、麻布神社詣でを何年もしていないので、神様からお叱りのお言葉ですね。
また、お神酒を用意しなきゃいけませんね~。

投稿: はまちゃん | 2011/04/05 22:38

> 台風もなく、地震もない

 ないないづくしで四十余年(^^ゞ

投稿: きたむら玄堂 | 2011/04/05 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天災のない場所:

« いや、当然三度目はある | トップページ | 桜ジャーキー »