« 実務目線からみた事業承継の実務~知っておくべき重要事例51~ | トップページ | 逮捕されたらこうなります! »

2013/09/27

そうだったのか!税法条文の読み方

そうだったのか!税法条文の読み方
西村美智子・中島礼子
2013年6月10日第1版第1刷発行 発行所 中央経済社

 税理士法人トーマツで組織再編などの論文多数のコンビによる書籍。

 かなり早めに買っていたのだが。
 ブログ記載は、バタバタしているうちにタイミングを逃した。

 結論としては、久々にいい本。

 税法条文の読み方本は、古くは、

「税法解釈の常識」荒井勇
昭和50年9月10日初版発行 税務研究会出版局

「税法条文解釈の基礎知識」岸田貞夫
平成10年4月15日初版発行 税務経理協会

「税法条文の読み方−条文解釈の手引」泉美之松
 平成17年10月5日 平成版新訂第30刷
 東京教育情報センター

などがあるが、説明対象の条文が、普段あまり使わないものが多い。

 特に期間計算は、

 「図解 国税通則法」あるいは税大講本で学ぶのが普通ではないかと思うが、

「もう少し実務で出てくる例にしてほしいなぁ」というのが正直なところ。

 そこでこの本の登場である。
 この本の売りは、組織再編の条文を使ってくれているところにある。

 正直、再編は、期間判定などがかなりわかりにくい。
 しかし、この本を読めば、まさに知りたい条文の読み方を理解できるだろう。

 お勧め。

|

« 実務目線からみた事業承継の実務~知っておくべき重要事例51~ | トップページ | 逮捕されたらこうなります! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうだったのか!税法条文の読み方:

« 実務目線からみた事業承継の実務~知っておくべき重要事例51~ | トップページ | 逮捕されたらこうなります! »