« 遺言書にならなくても、死因贈与契約書と認められた事例 | トップページ | 老人福祉・介護事業の倒産が2000年以降では過去最多ペース »

2013/11/18

金融再生関係税制のイメージ(租税研究2013年11月号P7より)

金融再生関係税制のイメージ(租税研究2013年11月号P7より)

  わかりやすいのでメモ。

【1】会社更生法に基づく法的整理が行われる場合
   (法法25②・33③・59①)



Kousei_2





【2】民事再生法に基づく法的整理が行われ、評価損益を計上する場合
   ・一定の私的整理で評価損益を計上する場合
   (法法25③・33④・59②一~三)




Saisei2_2




【3】民事再生法に基づく法的整理が行われるが、評価損益を計上しない場合
   ・一定の私的整理で評価損益を計上しない場合
   (法法59②一・二)


Saisei3_2




|

« 遺言書にならなくても、死因贈与契約書と認められた事例 | トップページ | 老人福祉・介護事業の倒産が2000年以降では過去最多ペース »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

事業再生・法的整理・私的整理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金融再生関係税制のイメージ(租税研究2013年11月号P7より):

« 遺言書にならなくても、死因贈与契約書と認められた事例 | トップページ | 老人福祉・介護事業の倒産が2000年以降では過去最多ペース »