« Lisa Stansfield  You Know How To Love Me | トップページ | きんざい 月刊登記情報 2013年11月号 »

2013/11/10

「NHKは政権の広報機関でしかない」?

「NHKは政権の広報機関でしかない」?


総理執務室撮影したNHK美人解説委員に局内部から痛烈な批判- NEWSポストセブン(2013年11月8日07時00分)

 (略)

 さらに、閣僚らに番記者が密着する際、ハンディカムの小型カメラを使用して、わざとらしく手ぶれの感じを出して密着感を演出している。閣僚たちの苦しい立場を踏まえて『決断する首相』をアピールしただけ。これではNHKは政権の広報機関でしかない」(NHK社会部記者)

※週刊ポスト2013年11月22日号

http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_225918

 バカも休み休み言って欲しい。

 そもそも放送は、不偏不党が求められている。
 政府見解を批判するだけを不偏不党とは言わないのだ、という理解がない。

 端的に言えば、アタマが悪いのと、バランス感覚が欠如しているだけなのだが。

(目的)
第1条 この法律は、次に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
1.放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
2.放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
3.放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。

 で、そもそも、民放と同じことしかできない放送局なら、特権を与える必要はない。
 受信契約強制という恩典をもらった不公平競争者の自覚がないのですね、この人達。


放送法
第3章 日本放送協会
第1節 通則

・第15条(目的)

 協会は、公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように豊かで、かつ、良い放送番組による国内基幹放送(国内放送である基幹放送をいう。以下同じ。)を行うとともに、放送及びその受信の進歩発達に必要な業務を行い、あわせて国際放送及び協会国際衛星放送を行うことを目的とする。

・第64条 (受信契約及び受信料)

 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。(略)

 で、不公平だからこそ、良い放送じゃないと意味がないことは上記で明記されている。
 視聴率の問題ではなく、20年経って視聴に堪える番組か、もっと真剣に問うべきだろう。

 それにしても、「NHK美人解説委員」なんて、本当にゲス表現。
 嫉み、嫉妬しか感じない文章。

 やだね。
 発言は、少なくとも、放送法第1条を、1日1回、寝起きに唱えてからにして下さいねと言いたい。

 あ、あと、美人かどうかは、人によるんじゃないのと思うけどな……。

|

« Lisa Stansfield  You Know How To Love Me | トップページ | きんざい 月刊登記情報 2013年11月号 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「NHKは政権の広報機関でしかない」?:

« Lisa Stansfield  You Know How To Love Me | トップページ | きんざい 月刊登記情報 2013年11月号 »