« エンダーのゲーム | トップページ | Dropbox、週末のダウンについて謝罪と説明──「ユーザーデータは安全」 »

2014/01/14

今日はダメでも明日なら―フリーター生活から脱出したい君へ

今日はダメでも明日なら―フリーター生活から脱出したい君へ
柴田 拓也 アーク出版 (2013/6/1)

 MLの大野貴史先生の紹介で読んだ。
 ただ、amazonは在庫切れで、書店も在庫なしが続き、ようやくゲット。

 三浪で大学進学後も、職を転々。
 その後、一念発起して(というのが適切かどうかだが)会計士試験に挑む。

 通常の合格体験記と異なるのは、勉強する最低限の基礎がない人間がいかに基礎構築していったかを、試行錯誤の過程込みで書いてある点だろう。

 だいたい、言っていることはまともだと思う。
 この本で初めて公開されたこと、というのはないし。

 試行錯誤で、著者がそこにたどり着いたというのポイント。
 あと、チャンスを活かす人間だったのではあるのだろうなと。

 ただ、彼のブレイクスルーは、友人の八洲男くんの支援が限りなくデカい。
 個人的には、彼は実在の人物なのか、単なる語り部なのかが気になる。

 もし実在の人物なら、彼の存在なくしては、この物語は成立しなかったろう。
 勉強のやり方が分からない、と思っている人にはお勧めかもしれない。


今日はダメでも明日なら―フリーター生活から脱出したい君へ(amazon)

|

« エンダーのゲーム | トップページ | Dropbox、週末のダウンについて謝罪と説明──「ユーザーデータは安全」 »

学問・資格」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日はダメでも明日なら―フリーター生活から脱出したい君へ:

« エンダーのゲーム | トップページ | Dropbox、週末のダウンについて謝罪と説明──「ユーザーデータは安全」 »