« 老舗「珈琲の青山」全店舗閉店にみる〝現代喫茶店事情〟…フルサービス店が生き残るための方策は(産経新聞) | トップページ | ヤフーの追徴課税 取り消し請求棄却 東京地裁(産経新聞) »

2014/03/19

560億円の申告漏れ巡る訴訟、ヤフー側が敗訴(読売新聞)

560億円の申告漏れ巡る訴訟、ヤフー側が敗訴(読売新聞)

 さて、最高裁まで、あとどれだけかかるのか。


560億円の申告漏れ巡る訴訟、ヤフー側が敗訴

 (略)

 ヤフーは2009年、多額の損失を抱えたデータ管理会社を450億円で買収。同社の損失を自社の損失として税務処理したが、東京国税局から「節税目的だった」と指摘され、地方税を含めて計約270億円を追徴課税された。ヤフー側は「データ管理事業への本格参入のため必要な買収だった」と主張したが、判決では認められなかった。

 (略)

(2014年3月18日20時59分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140318-OYT1T00772.htm

 で、判決文の入手は難しいらしい。


186億円の追徴課税巡りヤフー敗訴 処分取り消し訴訟
2014年3月18日19時57分

 (略)

 地裁が判決文の閲覧を制限しており、理由は明らかになっていない。

 (略)

http://www.asahi.com/articles/ASG3L5K7BG3LUTIL02Q.html

|

« 老舗「珈琲の青山」全店舗閉店にみる〝現代喫茶店事情〟…フルサービス店が生き残るための方策は(産経新聞) | トップページ | ヤフーの追徴課税 取り消し請求棄却 東京地裁(産経新聞) »

ニュース」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 560億円の申告漏れ巡る訴訟、ヤフー側が敗訴(読売新聞):

« 老舗「珈琲の青山」全店舗閉店にみる〝現代喫茶店事情〟…フルサービス店が生き残るための方策は(産経新聞) | トップページ | ヤフーの追徴課税 取り消し請求棄却 東京地裁(産経新聞) »