« 学校の教えることは役に立たないか パート2 | トップページ | キングジム デジタル耳せん »

2014/03/10

養子縁組前に出生した子が代襲相続人となる場合

養子縁組前に出生した子が代襲相続人となる場合

 いや、知りませんでした。

 養子縁組前に出生した子が、代襲相続人となる場合があるのですね。

 養子縁組前に出生した養子の子であっても、別の親族を通じて被相続人の直系卑属となる場合は、被相続人の相続について、代襲相続権を持つことになるのだと。


(注2) 昭35.8.5民事甲第1997号民事局第二課長回答


〔要旨〕被相続人甲の養子丙とその妻乙(甲の二女)との間に出生した子丁はその出生の時期が甲,丙間の縁組前であっても,乙を通して甲の直系卑属に当たるから,丙の死亡後に開始した甲の相続について丙の代襲相続人となる。

(「改訂 設問解説 相続法と登記」幸良秋夫 日本加除出版 平成22年4月15日改訂版発行 P40)

|

« 学校の教えることは役に立たないか パート2 | トップページ | キングジム デジタル耳せん »

法律全般」カテゴリの記事

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

相続・葬儀・通夜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 養子縁組前に出生した子が代襲相続人となる場合:

« 学校の教えることは役に立たないか パート2 | トップページ | キングジム デジタル耳せん »