« 信託銀行による家族信託 | トップページ | 何があり得ないのだろう »

2014/03/17

政府・自民、所得税の納税上限検討2億円案 金融・投資企業を呼び込み(産経新聞)

政府・自民、所得税の納税上限検討2億円案 金融・投資企業を呼び込み(産経新聞)

 1つの案だとは思うのだが。
 ただ、これ、本当に素直に通るのかしら。


政府・自民、所得税の納税上限検討2億円案 金融・投資企業を呼び込み
2014.3.16 10:52

 政府・自民党が経済活性化策の一環として、アジアで活動する金融・投資企業を呼び込むため、個人収入に課税される所得税について最高納税額の設定を検討していることが15日、分かった。所得税は収入に比例して税率が高くなる仕組みだが、どんなに収入が多くても納税額の上限を2億円にするなどの案が浮上している。早ければ平成27年度税制改正大綱に盛り込む方針だ。

 (略)

 政府・自民党内に浮上している納税上限2億円案の対象となる人は、単純計算で4億~5億円以上の収入がある人となる。日本の場合は、大手企業でも数億円の報酬を得ている人はごくわずかで、広範な「金持ち優遇」にはならないと判断した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140316/plc14031610540004-n1.htm

|

« 信託銀行による家族信託 | トップページ | 何があり得ないのだろう »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府・自民、所得税の納税上限検討2億円案 金融・投資企業を呼び込み(産経新聞):

« 信託銀行による家族信託 | トップページ | 何があり得ないのだろう »