« IBM事件の判決文はなかなか入手できないらしい | トップページ | 租税訴訟は無駄か »

2014/06/04

ビジネス算数 その2ガウスの計算法を理解する

ビジネス算数 その2ガウスの計算法を理解する

 ガウスの計算法って、ご存じですよね。
 1から100まで足したら幾らになるか、というアレです。

 ガウスは、

 (1+99)+(2+98)+……(49+51)=100×49

  50+100+100×49=5050

 という解法を生み出した。

 これの応用で、たとえば、19×43と言われたら、

 19*43=(20-1)×(40+3)
      = 20×40 +(20×3-40-3)
      = 800   +(60-40-3)
      = 817

 とやれば早い。

 この方法のメリットは、答えが800に近いとすぐに分かる点。
 おおざっぱな数字が欲しい時なら、これで十分である。

 近似値を即座に求め、正確な数字もできるだけ早く出せる。
 これも、案外知らない人が多いようだ。

 小学校の算数や中学校の数学を学ぶ意味を誤解しているのでしょうね。
 使うべき時を知っていれば、ちゃんと役に立つのです。

|

« IBM事件の判決文はなかなか入手できないらしい | トップページ | 租税訴訟は無駄か »

ビジネス算数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス算数 その2ガウスの計算法を理解する:

« IBM事件の判決文はなかなか入手できないらしい | トップページ | 租税訴訟は無駄か »