« 100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退 | トップページ | 良き友 »

2014/08/27

葬式当日の初七日法要

葬式当日の初七日法要

 最近、葬式当日に初七日やる例が増えた。
 つい先日の地元同業者の告別式でもそうだった。

 ただ、一般に葬式と連続して同じ場所でやる初七日は。
 相続税の葬式費用として控除可能と理解している税理士が多い。

 多分、それでいいのでしょうね。

 ところが、同じ日でも、ダメと言われた例があるのだという。
 週刊T&Amaster2014年6月9日号で紹介されていた、下記裁決例要旨である。


○請求人は、葬式当日に行われた初七日法要は、いわゆる葬式に対する付け法要で、単なる名目に過ぎず、実態は法要ではないことから、その際の会食費用は、通常の葬式に伴う費用に当たる旨主張するが、初七日法要は、あらかじめ案内状を送付した招待者が出席し、終了後に会場を移して会食が行われ、その招待者は葬式の際の香典とは別に、御霊前等として施主に金員を贈与していることからすると、その会食が葬式と同じ日に行われたとしても、葬式とは別の仏事として行われたと認めるのが相当であり、そのための費用を相続税基本通達に定める「通常葬式に伴うもの」と認めることはできないことから、相法第13条第1項第2号の葬式費用に該当しないとした原処分は相当である。(平10. 6.12仙裁(諸)平 9-54)、(平10. 6.12仙裁(諸)平 9-55)

 同じ日でも、場所も当事者も違う。
 これは流石にダメ。

|

« 100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退 | トップページ | 良き友 »

税務」カテゴリの記事

相続・葬儀・通夜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葬式当日の初七日法要:

« 100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退 | トップページ | 良き友 »