« エボラ感染後の処置 | トップページ | 臨時給付金をご存じですか? »

2014/10/29

司法書士にとって信託は新しいものでも何でもない

司法書士にとって信託は新しいものでも何でもない

 月報司法書士2014年10月号より。

○司法書士の原点としての登記(信託登記)実務の再構築
 ~民事法研究会「信託目録の理論と実務」を手がかりに~
 有野久雄(司法書士総合研究所主幹)

 信託目録は、原型が、フランス流の証書の公示なのだそうだ。
 その意味で、信託目録実務は、登記専門家たる司法書士の領域だと。

「……。しかし、司法書士にとって信託は新しいものでも何でもない。信託登記実務を通じて、長年、司法書士は信託実務を担ってきたし、とりわけ、「信託目録」の作成を介して、信託契約の内容に精通してきたからだ。(P74~75)」

 なるほど、理念はそうなのですね。
 あとは、実務としてどうなるのか。

 司法書士の皆様に頑張って頂きたいですね。

|

« エボラ感染後の処置 | トップページ | 臨時給付金をご存じですか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

信託・信託法」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 司法書士にとって信託は新しいものでも何でもない:

« エボラ感染後の処置 | トップページ | 臨時給付金をご存じですか? »