« 「人間のための獣医」になってはいけない | トップページ | 「韓国併合への道」呉善花 »

2014/11/03

役員報酬、高すぎる? 「残波」蔵元、国税と訴訟に

役員報酬、高すぎる? 「残波」蔵元、国税と訴訟に

 不相当高額否認で争っているのですね。

役員報酬、高すぎる? 「残波」蔵元、国税と訴訟に
2014年11月2日05時21分

 泡盛「残波(ざんぱ)」を全国的にヒットさせた酒造会社「比嘉酒造」(沖縄県読谷村)が、沖縄国税事務所から4年間で6億円の申告漏れを指摘されたことが分かった。役員4人に支給した報酬計19億4千万円のうち6億円が「不相当に高額」と判断され、経費として認められなかった。同社は過少申告加算税を含む1億3千万円を追徴課税されたが、処分を不服として東京地裁で争っている。

 (略)

 関係者や裁判記録によると、同社は2010年2月期までの4年間に、創業者の社長を含む親族の役員4人に計12億7千万円の基本報酬と、退職慰労金6億7千万円を支払った。同社はこれら全額を経費として法人所得から差し引き、税務申告した。

 (略)

 沖縄国税事務所は沖縄県と熊本国税局管内(熊本、大分、宮崎、鹿児島)で、売り上げが同社の0・5~2倍の酒造会社約30社を抽出し、役員の基本報酬を比較した。その結果、同社は平均額の4~9倍で、退職慰労金も高額だと認定。06年2月期をピークに売り上げが減り、社員給与は増えていないのに役員報酬は上昇したなどと指摘した。

 (略)

http://www.asahi.com/articles/ASGBP56LTGBPUTIL02L.html

 19億4千万円=適正額13億4千万円+不相当高額部分6億円

        =基本報酬12億7千万円+退職慰労金6億7千万円

 役員4人に支給した内訳が不明ですが。
 勤務実態との関係がどうだったのか。

 現場で収めておくべき事例だったのか。
 それとも訴訟に持ち込むべき事例だったのか。

 前者になりそうな予感がするが。
 このあたりは、この後の専門誌取材などを待ちたい。

|

« 「人間のための獣医」になってはいけない | トップページ | 「韓国併合への道」呉善花 »

ニュース」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 役員報酬、高すぎる? 「残波」蔵元、国税と訴訟に:

« 「人間のための獣医」になってはいけない | トップページ | 「韓国併合への道」呉善花 »