« アリババのアリペイ | トップページ | GoogleがAndroid 4.3以下のサポート終了を発表、その影響は »

2015/01/16

広島県豪雨災害相談Q&A(広島司法書士会)

広島県豪雨災害相談Q&A(広島司法書士会)

 自分用メモ。
 広島司法書士会のウエブサイトに「広島県豪雨災害相談Q&A」が掲載されている。

広島県豪雨災害相談Q&A(広島司法書士会)


3 契約書に「借家の損壊については、すべて借家人が修繕する」という特約があ
る場合

 一般的に、修繕費を借家人の負担とする特約自体は有効と解されています。
もっとも「すべて借家人が修繕する」として修繕義務の範囲が明示されていないような場合には、借家人が負担する修繕の範囲は、小規模な修繕ないし通常生ずべき破損の修繕の範囲に限られるべきと考える立場が有力です。今回のような予想外の大規模な災害による損壊については、特約があったとしても借家人は修繕義務を負わないと考えるべきです。

 この点につき、古い判例ですが、予想外の天災による修繕義務は賃借人に及ばないとしたものがあります(大審院大正10年9月26日判決、大審院昭和15年3月6日判決
)。

 へー、特約があっても、限定されてしまう説が有力なのですね。

 なお、同様に「生活情報・各種支援制度Q&A」も掲載されている。

生活情報・各種支援制度Q&A

|

« アリババのアリペイ | トップページ | GoogleがAndroid 4.3以下のサポート終了を発表、その影響は »

旅行・地域」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島県豪雨災害相談Q&A(広島司法書士会):

« アリババのアリペイ | トップページ | GoogleがAndroid 4.3以下のサポート終了を発表、その影響は »