« アマゾンジャパンを家宅捜索 | トップページ | 税務調査対策シリーズ読者会修了 »

2015/01/25

前受家賃が債務控除できない理屈

前受家賃が債務控除できない理屈

 下記が分かりやすい気がしますね。


また賃貸経営する場合、事前に受け取った敷金や家賃などの処理が難しい。税理士として、これらを相続税の評価上、債務として控除していいのかどうか気になるところだ。引地氏は「前受敷金は相続税の計算上、債務として控除しても問題ないが、前受家賃は確実な債務でないから、控除してはいけない。前受敷金は賃借人に返さなくてはいけないもの。債務として控除していいものは絶対に返さないといけないものが債務控除できる。前受家賃は賃借人に返さなくていいものなので、債務控除してはいけないことを知っておくべき」と指摘した。

http://www.np-net.co.jp/4_commodity/semi/archive/20131129-h.html

|

« アマゾンジャパンを家宅捜索 | トップページ | 税務調査対策シリーズ読者会修了 »

税務」カテゴリの記事

相続・葬儀・通夜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前受家賃が債務控除できない理屈:

« アマゾンジャパンを家宅捜索 | トップページ | 税務調査対策シリーズ読者会修了 »