« 松山ケンイチの叫び | トップページ | 安倍首相の「美容室でカット」は違法?「男の散髪」をめぐる奇妙なルール »

2015/03/11

「認知症恐れ」に受診義務…免許見直し閣議決定

「認知症恐れ」に受診義務…免許見直し閣議決定

 当然と思うかどうかは、人によって違うのでしょうね。
 もっと言うと、田舎の高齢者かどうかで、意識が違う。


「認知症恐れ」に受診義務…免許見直し閣議決定
2015年03月10日 11時20分

 政府は10日、75歳以上の高齢者を対象とした運転免許制度の見直しを柱とする道路交通法改正案を閣議決定した。

 記憶力などを調べる認知機能検査で、「認知症の恐れ」と判定されれば、医師の診断を受けることなどを義務づける。今国会での成立を目指す。

 (略)

 現行法では、判定が「認知症の恐れ」でも、過去1年間に信号無視などの違反がなければ、医師の診断なしで免許更新できる。だが、警察庁によると、2013年に75歳以上が起こした死亡事故は458件で、うち約3割で認知機能の低下が疑われるという。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150310-OYT1T50075.html?from=ytop_top

 金融機関などでは、80歳を一つの目安にしているようですが。
 運転免許は、反射神経の問題もあり、それよりも手前がゾーン。

 ということは、後期高齢者という区分は、適切だったのか。
 言葉の意味を丁寧に説明することなく、ぽーんと出したことが失敗。

 まぁ、厚労省にはよくあることですが。

|

« 松山ケンイチの叫び | トップページ | 安倍首相の「美容室でカット」は違法?「男の散髪」をめぐる奇妙なルール »

ニュース」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

認知症・高齢者社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「認知症恐れ」に受診義務…免許見直し閣議決定:

« 松山ケンイチの叫び | トップページ | 安倍首相の「美容室でカット」は違法?「男の散髪」をめぐる奇妙なルール »