« ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン | トップページ | 転居時に住民票の提出も迂闊に言えない時代 »

2015/05/23

マイナンバー衆院通過 預金口座にも適用 個人情報保護法改正案も

マイナンバー衆院通過 預金口座にも適用 個人情報保護法改正案も

 税金・社会保険・災害対策以外の利用の第一歩ということ。


マイナンバー衆院通過 預金口座にも適用 個人情報保護法改正案も
2015.5.21 14:24更新

 国民に割り当てる個人番号を金融機関の預金口座にも適用するマイナンバー法改正案と、個人情報の不正利用を防ぐ個人情報保護法改正案が21日、衆院本会議で可決された。改正法案は参院に送られ、6月中に可決、成立する見通し。

 平成28年1月に始まるマイナンバー制度は主に納税などの行政手続きで活用されるが、改正法案では30年から預金口座も対象に加える。当初は金融機関の利用者の任意で、33年以降は義務化も検討する。

 (略)

 個人情報保護法改正案は、ビッグデータと呼ばれる膨大な情報を企業が活用しやすくするため、個人を特定できないように加工すれば、本人の同意なしで第三者に提供できるようにする。

http://www.sankei.com/economy/news/150521/ecn1505210042-n1.html

|

« ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン | トップページ | 転居時に住民票の提出も迂闊に言えない時代 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバー衆院通過 預金口座にも適用 個人情報保護法改正案も:

« ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン | トップページ | 転居時に住民票の提出も迂闊に言えない時代 »