« 「マレーシア・タイ・フィリピン赴任前研修」が無料で受けられる | トップページ | お客様ご本人も気づかなかったコーディネートをご提案できたときに、2度目のお電話やご依頼をいただいている »

2015/05/03

定時株主総会の開催時期について(法務省)

定時株主総会の開催時期について(法務省)

 震災の時に出たものなので、今更ですが。
 出ているのを知らなかったので、自分用にメモです。

定時株主総会の開催時期について(法務省)

 まず、定時総会は、3ヶ月以内に開催しなければならないわけではない。
 一定の時期としか、会社法は言っていない(会社法296①)。

 だから、震災により開催できない状況が解消された時点で開催すれば良いと。
 まぁ、当たり前ですが。

 問題はその次で。

 なお,議決権行使のための基準日を定める場合,基準日株主が行使することができる権利は,当該基準日から3か月以内に行使するものに限られます(会社法第124条第2項)。したがって,定款に定められた基準日から3か月を経過した後に定時株主総会が開催される場合に,議決権行使の基準日を定めるためには,当該基準日の2週間前までに,当該基準日及び基準日株主が行使することができる権利の内容を公告する必要があります(会社法第124条第3項本文)。

 また,定款に剰余金の配当の基準日を定めている場合に,その基準日株主に剰余金の配当をするためには,当該基準日から3か月以内の日を効力発生日とする剰余金の配当に係る決議(会社法第454条第1項等)をする必要があります。

 なるほど。

 基準日の問題との関係では、3ヶ月が影響するのですね。
 勉強になりました。

|

« 「マレーシア・タイ・フィリピン赴任前研修」が無料で受けられる | トップページ | お客様ご本人も気づかなかったコーディネートをご提案できたときに、2度目のお電話やご依頼をいただいている »

会社法」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定時株主総会の開催時期について(法務省):

« 「マレーシア・タイ・フィリピン赴任前研修」が無料で受けられる | トップページ | お客様ご本人も気づかなかったコーディネートをご提案できたときに、2度目のお電話やご依頼をいただいている »