« 絶版マンガ図書館 | トップページ | 試乗ボート転覆でファン重傷=兵庫・尼崎の競艇場 »

2015/07/20

「ホストは店の労働者」 賃金支払い命令、東京地裁

「ホストは店の労働者」 賃金支払い命令、東京地裁

 労働法は、税務とは扱いが違うという典型例かな。


2015.7.19 18:01更新
「ホストは店の労働者」 賃金支払い命令、東京地裁

 ホストは個人事業主か労働者か-。東京・歌舞伎町のホストクラブで働いていた20代の男性が、未払い賃金の支払いなどを店に求めた訴訟で、東京地裁が、店と男性に労働契約があったと認め、約176万円の支払いを命じる判決を言い渡していたことが19日、分かった。判決は14日付。

 店側は「ホストは完全歩合制の個人事業主なので、労働契約はない」と主張したが、五十嵐浩介裁判官は「仕事の全般にわたり、店から指揮監督を受けていた」として退けた。

 (略)

 判決によると、男性は平成24年12月から歌舞伎町のホストクラブに勤務。しかし、男性が客へのつけを回収できないとして25年1月分から給与が支払われなくなり、同5月に勤務態度を理由に一方的に解雇された。

http://www.sankei.com/affairs/news/150719/afr1507190020-n1.html

 もしかすると、泣き寝入りしていたホステスたちも訴訟を起こすのかも。
 「この業界の常識」が通じなくなるという話は、この業界でも起きるのかな。

|

« 絶版マンガ図書館 | トップページ | 試乗ボート転覆でファン重傷=兵庫・尼崎の競艇場 »

ニュース」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホストは店の労働者」 賃金支払い命令、東京地裁:

« 絶版マンガ図書館 | トップページ | 試乗ボート転覆でファン重傷=兵庫・尼崎の競艇場 »