« IBMと三菱東京UFJ銀、ブロックチェーンを活用した電子契約書の実用化に合意 | トップページ | Magnolia ~ J.J. Cale »

2016/09/26

無償で資本金を増加させた法人の解散に係る株主の課税関係

無償で資本金を増加させた法人の解散に係る株主の課税関係

 時々忘れるので、自分用にメモ。


相談事例Q&A(公益財団法人日本税務研究センター)

無償で資本金を増加させた法人の解散に係る株主の課税関係
[平成27年4月1日現在法令等]

質問
 平成6年ころ最低資本金制度により利益積立金を資本に組入れした(資本金200万円から1,000万円に増加させた)法人が解散し、分配金を1,300万円支払う場合の株主の課税関係はどうなりますか。

回答
 資本金を超えて分配される金額300万円はみなし配当となります。
資本金に係る分配金額1,000万円は譲渡所得の収入金額となります。
なお、最低資本金制度に達するまでの金額800万円は無償で〔株主に対するみなし配当課税なし〕資本に組み入れられているので、取得価額は増加しないことになります。

 (略)

https://www.jtri.or.jp/counsel/detail.php?j=210

|

« IBMと三菱東京UFJ銀、ブロックチェーンを活用した電子契約書の実用化に合意 | トップページ | Magnolia ~ J.J. Cale »

税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無償で資本金を増加させた法人の解散に係る株主の課税関係:

« IBMと三菱東京UFJ銀、ブロックチェーンを活用した電子契約書の実用化に合意 | トップページ | Magnolia ~ J.J. Cale »