« ロースクールの要件事実教育は、羊頭狗肉(ゼロからマスターする要件事実) | トップページ | 相続税納付リスク対策ハンドブック »

2018/04/26

井岡氏父と経営のジム、3.5億円申告漏れ 国税局指摘(朝日新聞)

井岡氏父と経営のジム、3.5億円申告漏れ 国税局指摘(朝日新聞)

 「指摘を受け、納得した部分についてはちゃんと修正し、納めるべきものは納めた」って、当たり前のことであり、何も言ってないに等しい。

 これがコメントとして通じる世の中は、前から違和感なんですよね。


井岡氏父と経営のジム、3.5億円申告漏れ 国税局指摘
大部俊哉
朝日新聞 2018年4月26日03時35分

 (略)

 個人で運営や興行などを手掛けてきたが、13年12月に自らを代表取締役とする「一伸」(堺市)を設立し、これらの事業を法人に引き継いだ。

 ボクシングの興行はチケット収入やスポンサー料、テレビ放映権料などが主な収益となる。関係者によると、一法氏と同社は、一翔氏らの試合のチケット収入やスポンサー料を実際よりも少なく申告。ジム内に開設した整骨院の療養費なども計上していなかったという。国税局は、これらの一部が重加算税の対象となる仮装・隠蔽(いんぺい)行為に当たると判断したとみられる。

 一法氏側は朝日新聞などの取材に「指摘を受け、納得した部分についてはちゃんと修正し、納めるべきものは納めた」としている。

 (略)

https://www.asahi.com/articles/ASL4R630XL4RPTIL01S.html

 どうしてバレないと思っていたのでしょうね。
 本当に不思議です。

|

« ロースクールの要件事実教育は、羊頭狗肉(ゼロからマスターする要件事実) | トップページ | 相続税納付リスク対策ハンドブック »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロースクールの要件事実教育は、羊頭狗肉(ゼロからマスターする要件事実) | トップページ | 相続税納付リスク対策ハンドブック »