« 会計基準の考え方(西川郁生) | トップページ | 女性のがんの本当の話(仲田洋美医師) »

2018/05/22

がん遺伝子検査、数万円で…簡易法6月に臨床へ(読売新聞)

がん遺伝子検査、数万円で…簡易法6月に臨床へ(読売新聞)

 保険が利かないので、これまで50~100万円要していたと。
 しかし、これが疑い判定に絞ることで、数万円で済むのだと。

 がんゲノム医療の普及のための英断、と言ってよいのでしょうかね。


がん遺伝子検査、数万円で…簡易法6月に臨床へ
読売新聞 2018年05月21日 07時11分

 慶応大学病院(東京都)は、がんの原因遺伝子を調べて効果的な薬を選ぶがんゲノム医療で、従来より簡易に160種類の遺伝子を調べられる検査法を開発した。

 有用性を確かめる臨床研究を6月から始める。費用を抑えることで遺伝子検査を受けやすくし、がんゲノム医療の普及を目指す。

 (略)

 そこで慶大病院は、解析機器で遺伝子を読み込む回数を従来の半分にし、手順も効率化した簡易検査を考案した。遺伝子変異の有無は確定しないが、疑いがあるかどうかを判定でき、費用は数万円で済む。今回は研究目的のため、費用は病院が負担する。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20180520-OYT1T50153.html

 是非、他の医療機関でも可能になって欲しいですね。

|

« 会計基準の考え方(西川郁生) | トップページ | 女性のがんの本当の話(仲田洋美医師) »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 会計基準の考え方(西川郁生) | トップページ | 女性のがんの本当の話(仲田洋美医師) »