« 「軍用地投資」入門(里中一人) | トップページ | 生産緑地 貸借円滑に 都市農地維持へ新法成立(日本農業新聞) »

2018/06/24

アマゾンはパワポ禁止・「プレスリリース」と「6ページメモ」を

アマゾンはパワポ禁止・「プレスリリース」と「6ページメモ」を


失敗するなら早く! アマゾン成長の秘密
NHK 2018年6月20日 18時00分

 パワポは、確かに、「分かったつもり」を量産しやすい。
 その点は同意。

 ただ、先日以来、作り方もあるなとは思いつつありますが。


パワポ禁止

次のキーワードが「パワーポイントは使うな」です。大手コンサルティング会社からアマゾンに移ったラッド氏が最も驚いたことの1つです。

パワーポイントは、グラフや写真を多用しキーワードを強調するため、見やすく、わかりやすいのが特徴です。プレゼンテーションで当たり前のように使われているこのパワーポイントをアマゾンでは一切使わないといいます。

代わりに使うのが「プレスリリース」と「6ページメモ」なのだそうです。もちろん、対外的に公表する正式なリリースではありませんが、公表するつもりになって、一読して概要を把握できる情報を書き込みます。

必ず求められるのが▼商品やサービスの説明、▼販売やサービスの開始時期、▼顧客にどういうメリットがあるのか、▼なぜアマゾンが行うのか、といった点。

また別に作成する6ページメモには、詳細な資金調達の方法など事業化に向けた具体的な内容が求められます。

 要は、それだけ中身のないプレゼンが多いってことだろうな。

 で、次を読むと、プレゼンではなく、会議メインだと分かる。
 分かる資料が求められ、読む側の真剣度も求められるのだろう。


沈黙の会議室

ちなみに、このリリースとメモを使ったプレゼン会議も、かなり独特だということ。

リリースとメモが幹部全員に配られ、最初の30分間はひとこともしゃべらず黙々とひたすら資料を読み込むのだそうです。

そのあとの質問タイムで、なぜアマゾンが今これをやる必要があるのか徹底的に話し合い、皆が納得すれば採用が決まるといいます。

 「会議なんて無駄」という人達いますけれど。
 実は、真剣みがない会議しかできない人達ってことなのかな。

 そして、推敲の重要性について。

「 (略)同僚にチェックしてもらい何度も書き直し、1週間かそれ以上の時間をかけて書いたメモに優れたものが多い」(ジェフ・ベゾスCEO 株主宛ての書簡で)

 地道にやれ、ってことですね。

 最後に、トップ・オブ・マインド・シンキング戦略があると。
「真っ先にアマゾンを思い浮かばせる」これが特に大事なのだと。

「消費者がまずはじめに思い浮かぶこと、それがトップ・オブ・マインド・シンキング」だと。

 なるほどね。
 なかなか参考になりました。

|

« 「軍用地投資」入門(里中一人) | トップページ | 生産緑地 貸借円滑に 都市農地維持へ新法成立(日本農業新聞) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「軍用地投資」入門(里中一人) | トップページ | 生産緑地 貸借円滑に 都市農地維持へ新法成立(日本農業新聞) »