« 体操協会・具志堅幸司副会長会見、ネットで称賛…危機管理専門家も絶賛(スポーツ報知) | トップページ | 火災保険の保険料負担者と受取人が異なる場合の保険金等の取扱い »

2018/09/06

死因分布、地図で「見える化」…予防医療に活用(読売新聞)

死因分布、地図で「見える化」…予防医療に活用(読売新聞)

 まさに、AI活用研究が進みそうな領域ですね。


死因分布、地図で「見える化」…予防医療に活用
読売新聞 2018年08月27日 18時08分

 政府は、病気や事故などで亡くなった人の死因の分布を地図上で「見える化」するなどのシステム整備に乗り出す。地域ごとの特徴を把握し、きめ細かく分析することで、予防医療などで効果的な対策につなげ、公衆衛生の向上を図る狙いがある。今年度内の運用開始を目指している。
 医師が記入する死亡診断書や自治体に提出される死亡届に記載されている死因、住所地、死亡時間などの情報を活用する。

 (略)

 地図上に落として地域ごとに見えるようにする際は、政府の地理情報システムを活用する。可視化にあたって個人情報が特定されないよう、地域を1キロ四方の格子(メッシュ)に区切って加工するなどの仕組みを検討している。死亡した時間もデータ化し、どの時間帯に多いかも把握する。

 (略)

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180827-OYT1T50041.html

 他のデータとの相関関係を調べる研究が相次ぐのでしょうね。
 気温・天候などが真っ先に浮かびますが、地質・水質なども影響するかも。

 楽しみなような、怖いような話ですね。

|

« 体操協会・具志堅幸司副会長会見、ネットで称賛…危機管理専門家も絶賛(スポーツ報知) | トップページ | 火災保険の保険料負担者と受取人が異なる場合の保険金等の取扱い »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 体操協会・具志堅幸司副会長会見、ネットで称賛…危機管理専門家も絶賛(スポーツ報知) | トップページ | 火災保険の保険料負担者と受取人が異なる場合の保険金等の取扱い »