« 仮想通貨での出資も規制 金融庁が法令改正へ(産経新聞) | トップページ | はしか患者新幹線に=大阪市が注意喚起(時事通信) »

2019/01/09

忘れた記憶を薬で回復 東大など世界初、認知症治療目指す(産経新聞)

忘れた記憶を薬で回復 東大など世界初、認知症治療目指す(産経新聞)

 めまいの治療薬である「メリスロン」の転用なんですね。

 で、池谷裕二先生のチームの発見だと。
 また、池谷先生ブームが来るかな。


忘れた記憶を薬で回復 東大など世界初、認知症治療目指す
産経新聞 2019.1.8 22:26ライフ科学

 忘れてしまった記憶を薬で回復させる実験に成功したと、東京大や北海道大などの研究チームが発表した。

 (略)

 この薬は脳内の情報伝達に関わる「ヒスタミン」という物質の放出を促進する働きがある。この効果で記憶を担う神経細胞が活性化し、忘れた記憶の回復につながったとみている。

 (略)

 チームの池谷裕二東大教授(薬理学)は「記憶回復のメカニズムが分かったので、今後はより効果の高い薬の開発につなげたい。認知症患者らの生活の質を高められる可能性がある」と話している。

https://www.sankei.com/life/news/190108/lif1901080033-n1.html

 個人的に興味があるのは、どの程度の記憶が復活可能なのか。
 いや、この薬でという意味ではなく、将来の可能性という意味ですが。

 パソコンのHDDからのデータサルベージのように、ほぼ復活できるのか。
 それとも、短期的な記憶だけなのか。

 そして、どの程度の詳細性が復元できるのか。
 意識的に見てなかった景色なども復元できるのか。

 つまり、あくまで可能性としてですが。
 人間がドラレコのような使い方ができるものなのか。

 いろいろと、興味深いジャンルです。
 池谷先生がいずれ新刊出したら、語ってくれるのだろうか。

|

« 仮想通貨での出資も規制 金融庁が法令改正へ(産経新聞) | トップページ | はしか患者新幹線に=大阪市が注意喚起(時事通信) »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

認知症・高齢者社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仮想通貨での出資も規制 金融庁が法令改正へ(産経新聞) | トップページ | はしか患者新幹線に=大阪市が注意喚起(時事通信) »