« 今も現金の行方はわからずじまい(広島中央署の8500万円盗難) | トップページ | 同窓会の小規模化は何故起きているのか(日経ビジネス) »

2019/02/22

立った状態で行うかん腸で直腸に穴が開く危険性

立った状態で行うかん腸で直腸に穴が開く危険性

 そんなの知らない、というか。
 立った状態で行うこともあるというのも初耳。


立った状態でかん腸、直腸に穴開き人工肛門に
2019年02月20日 10時19分 読売新聞

 (略)

 慢性の便秘があり、4日間排便がなかったため、かん腸をすることになった。男性の要望によりトイレで立った状態でかん腸をしたが、直後に肛門周囲の腫れや出血の症状があり、CT(コンピューター断層撮影法)で直腸に穴が開いていることが確認された。便が流れ出て体の状態が悪化することを防ぐため、翌日、人工肛門をつける手術を受けた。

 かん腸はベッドで横になった状態で行うのが普通だが、患者の希望などで立ったまますることもあるという。立った状態で行うかん腸で直腸に穴が開く危険性について、「日本医療機能評価機構」の医療安全情報などで注意が喚起されているが、担当した看護師は知らなかったという。

 (略)

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12213-20190219-50113/

 もっとこういう事例の集積が進めばいいのでしょうけどね。

|

« 今も現金の行方はわからずじまい(広島中央署の8500万円盗難) | トップページ | 同窓会の小規模化は何故起きているのか(日経ビジネス) »

ニュース」カテゴリの記事

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

認知症・高齢者社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今も現金の行方はわからずじまい(広島中央署の8500万円盗難) | トップページ | 同窓会の小規模化は何故起きているのか(日経ビジネス) »