« 「私はテレビの業界で仕事をしてきたけど、本当じゃないことがこれだけ出る(報道される)のね」 | トップページ | 機械受注、1月は3カ月連続減少 設備投資先送りの懸念(Reuters) »

2019/03/19

定期借家契約の例か(「ベストセラー置かない」スタンダードブックストア 4月で閉店 大阪)

定期借家契約の例か(「ベストセラー置かない」スタンダードブックストア 4月で閉店 大阪)

 いや、本当のところは知らないのですが。


「ベストセラー置かない」スタンダードブックストア 4月で閉店 大阪
2019年03月11日 14時02分 毎日新聞

 (略)

 同店が入居するビルのオーナーから契約更新しないことを伝えられたため、閉店が決定した。

 (略)

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0311m040115/

 これって、いわゆる定期借家契約の例なんでしょうかね。


・借地借家法 第38条(定期建物賃貸借)

 期間の定めがある建物の賃貸借をする場合においては、公正証書による等書面によって契約をするときに限り、第三十条の規定にかかわらず、契約の更新がないこととする旨を定めることができる。

 この場合には、第二十九条第一項の規定を適用しない。

2 前項の規定による建物の賃貸借をしようとするときは、建物の賃貸人は、あらかじめ、建物の賃借人に対し、同項の規定による建物の賃貸借は契約の更新がなく、期間の満了により当該建物の賃貸借は終了することについて、その旨を記載した書面を交付して説明しなければならない。

3 建物の賃貸人が前項の規定による説明をしなかったときは、契約の更新がないこととする旨の定めは、無効とする。

4 第一項の規定による建物の賃貸借において、期間が一年以上である場合には、建物の賃貸人は、期間の満了の一年前から六月前までの間(以下この項において「通知期間」という。)に建物の賃借人に対し期間の満了により建物の賃貸借が終了する旨の通知をしなければ、その終了を建物の賃借人に対抗することができない。

 ただし、建物の賃貸人が通知期間の経過後建物の賃借人に対しその旨の通知をした場合においては、その通知の日から六月を経過した後は、この限りでない。

5 第一項の規定による居住の用に供する建物の賃貸借(床面積(建物の一部分を賃貸借の目的とする場合にあっては、当該一部分の床面積)が二百平方メートル未満の建物に係るものに限る。)において、転勤、療養、親族の介護その他のやむを得ない事情により、建物の賃借人が建物を自己の生活の本拠として使用することが困難となったときは、建物の賃借人は、建物の賃貸借の解約の申入れをすることができる。この場合においては、建物の賃貸借は、解約の申入れの日から一月を経過することによって終了する。

6 前二項の規定に反する特約で建物の賃借人に不利なものは、無効とする。
7 第三十二条の規定は、第一項の規定による建物の賃貸借において、借賃の改定に係る特約がある場合には、適用しない。

 建物の建て替えが視野に入ってくることが多い時期だけに。
 賃貸人からすれば、定期借家契約の採用を検討する場合も増えてきそう。

 で、その際に、借地借家法38条2項の通知書面が気になります。
 これ、契約書とは別個に、しかも、事前交付しないとダメなのですね。

 別個に交付することが必要というのは、判例で固まっているそうです。


公益財団法人不動産流通センター 1710-R-0180掲載日:2017年10月
定期借家契約の再契約時における38条書面の必要性

 そうか、2項の「あらかじめ」なんですね。
 うーん、ちゃんと勉強しないと、多分、間違えますね、これ。

|

« 「私はテレビの業界で仕事をしてきたけど、本当じゃないことがこれだけ出る(報道される)のね」 | トップページ | 機械受注、1月は3カ月連続減少 設備投資先送りの懸念(Reuters) »

ニュース」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「私はテレビの業界で仕事をしてきたけど、本当じゃないことがこれだけ出る(報道される)のね」 | トップページ | 機械受注、1月は3カ月連続減少 設備投資先送りの懸念(Reuters) »