« 夜明けのエッセー「ウロボロスの尻尾」(東宏樹氏) | トップページ | 空き巣を生んだ不動産業界の危ない「慣習」(産経新聞) »

2019/03/12

過度な完璧主義への処方箋

過度な完璧主義への処方箋

 昼休みに自転車に乗りつつ、ふと思ったのですが。
 過度な完璧主義への処方箋って何だろうかと。

 完璧主義って、必ずしも悪いことではないのですが。
 度を超すと、弊害が大きいわけです。

 で、対策として、必要なものは、物差しを与えることですね。
 どの程度ならいいのか、どの程度ならダメなのか。

 それが分からないので、思考回路が暴走するわけです。
 アラートを鳴らすこと自体は、決して悪いことではない。

 ただ、アラートを鳴らす水準を適切にチューニングすべき。
 また、アラート対象が間違いなら、そこから補正すべき。

 つまり、その人に合った物差しをきちんと見つけられるよう。
 親なり教師なり、指導者が必要ってことになります。

 彼や彼女に、今、何が必要なのか。
 そこを見極めて、適切な処方箋を出せる人間が周囲にいるか。

 恐らく、多くの完璧主義者たちは、出会えないままなのでしょう。
 出会えないから、周囲と衝突するしかない。

 いや、なんで、こんなことをふと思ったのか。
 何故なんだろうかと、自分でも不思議なのですが。

|

« 夜明けのエッセー「ウロボロスの尻尾」(東宏樹氏) | トップページ | 空き巣を生んだ不動産業界の危ない「慣習」(産経新聞) »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜明けのエッセー「ウロボロスの尻尾」(東宏樹氏) | トップページ | 空き巣を生んだ不動産業界の危ない「慣習」(産経新聞) »