« フェイクニュースにだまされてしまう主な原因は「錯誤帰属」(GIGAZINE) | トップページ | 無料wifiの位置情報データはビッグデータとして利用されている »

2019/04/30

遠方でも故人を偲べる「オンライン葬儀」サービス開始 ネットで葬儀動画を視聴、記帳・香典受付、「お焼香」ボタンも(キャリコネ)

遠方でも故人を偲べる「オンライン葬儀」サービス開始 ネットで葬儀動画を視聴、記帳・香典受付、「お焼香」ボタンも(キャリコネ)
 
 ついにここまで来ちゃいましたか……。
 
遠方でも故人を偲べる「オンライン葬儀」サービス開始 ネットで葬儀動画を視聴、記帳・香典受付、「お焼香」ボタンも
2019年04月23日 13時04分 キャリコネ
 
 (略)
 
 喪主らがスマートフォンで葬儀動画を撮影し、動画をアップロード。参列してほしい人にSNSやメールなどで告知をし、配信動画でオンライン参列してもらうというもの。遠方の人や入院中の高齢者でも葬儀に参列できる。
 
参列者情報や追悼メッセージは、喪主のアカウントから確認できる。お香典はカード決済で行い、後日喪主の口座に振り込まれる。
 
 (略)
 
オンライン葬儀について同社はリリースで、「遠方の方や入院中の高齢者の方でも葬儀に参列できます」とコメント。さらに近年家族葬など小規模の葬儀が全体の6割を超えていることを挙げ、
 
「参列人数が決まっているので、参列したいが出来ない方が多数いたり、参列出来なかった方が葬儀後に自宅に弔問に多数訪れて、その対応が長く続くなどデメリットもあります。またSNS上の友人にはどのように訃報を知らせるか、葬儀に参列してもらうかどうか判断に困る事もあります」
 
と指摘している。これらのデメリットを解消するために「オンライン葬儀」を開発したと記している。
 
 
 葬儀に参列することの意味が、参列者が故人を偲ぶことだ。
 そのように考えるのであれば、意味があるのでしょうね。
 
 しかし、残された遺族が、故人との生前の繋がりを承継する場であり。
 遺族と故人と繋がりある方々との出会いの場だとの側面は捨象される。
 
 それがいいのか、そこはアナタの判断。
 私は、遠慮しておきたいですけどね。

 

|

« フェイクニュースにだまされてしまう主な原因は「錯誤帰属」(GIGAZINE) | トップページ | 無料wifiの位置情報データはビッグデータとして利用されている »

ニュース」カテゴリの記事

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

相続・葬儀・通夜」カテゴリの記事

結婚・家族関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェイクニュースにだまされてしまう主な原因は「錯誤帰属」(GIGAZINE) | トップページ | 無料wifiの位置情報データはビッグデータとして利用されている »