« カルロス・ゴーンもまたデリバティブ付仕組預金の失敗事例(JBpress) | トップページ | UDフォントで正答率向上(産経新聞) »

2019/05/19

製薬マネー、癌ガイドライン委員に流れる~「平成」が遺した大きな宿題

製薬マネー、癌ガイドライン委員に流れる~「平成」が遺した大きな宿題
 
 これはなかなかエグいですね。
 
 例のワセダクロニクルのマネーデータベースを紹介しつつ。
 ガイドライン委員にどれだけ製薬会社の謝礼が流れているかを説明。
 
 
 利益相反という概念は、日本では一部の人間しか理解していない。
 そんな気がしますけれど、それはもう許されない時代になりつつありますね。
 
 そのうち、建築士がマンション改修業者から貰う斡旋料の開示とか。
 税理士が保険代理店などから貰う手数料額の開示とか。
 
 そういうことを求める、世の中の流れになるのだろうか。

 

|

« カルロス・ゴーンもまたデリバティブ付仕組預金の失敗事例(JBpress) | トップページ | UDフォントで正答率向上(産経新聞) »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カルロス・ゴーンもまたデリバティブ付仕組預金の失敗事例(JBpress) | トップページ | UDフォントで正答率向上(産経新聞) »