« 普通の隣国になる好機(織田邦夫元空将) | トップページ | 月刊「税理」2019年9月号(ぎょうせい) »

2019/08/27

老親が車で人を轢いてしまった。自分はどうなるか?(プレジデント)

老親が車で人を轢いてしまった。自分はどうなるか?(プレジデント)
 
 プレジデント2019年8月30日号
 
・世のなか法律塾286
 老親が車で人を轢いてしまった。自分はどうなるか?
 破産法第253条
 村上敬(ジャーナリスト)・荻生田彩(弁護士)
 
 当然ですが、刑事と民事の両方で責任を問われる。
 
 まず刑事で、死亡事故では、加害者はほぼ逮捕される。
 親が拘留されれば、子は面会・弁護士手配に奔走となる。
 
 罪状軽減目的で示談成立させるため、親の代わりになって。
 被害者や遺族への直接の謝罪が多く、門前払いされることもあると。
 
 そうですよね。
 正直、こういうのは相手次第です。
 
 実刑・収監となれば、精神的疲労はどれだけと。
 
 更に、民事責任は、賠償責任を負って、払えるかと。
 破産法253条によれば、自己破産しても、この場合の損害賠償額は免責されないと。
 
 悪意や重過失がなければ、セーフの可能性もあるようだが。
 飲酒・無免許は論外として、高齢者講習で問題発覚しつつ、免許返納せず乗り続けた場合も、重過失ありと判断される可能性大と。
 
 今の世の中の流れ、そうでしょうね。
 
 で、親が損害賠償を支払う前に死亡すれば、債務を子が相続で承継する。
 そもそ相続放棄できる状況かどうか、というのもあるし。
 
 できる場合でも、親戚に債務を相続承継させ、トラブルになる
 これ、まさに最高裁令和元年8月9日判決の話ですよね。
 
 結局は、自主的に早期免許返上させるのが最善と。
 そうなんだけど、田舎は生活手段を奪うのとセットだけに。
 
 でも、今の時代、それでもやるしかないのでしょうね。
 やらなければ、災禍を招き寄せるのだと割り切るしかない。
 
 不便になっても、死にたい思いよりはマシだろうと。

|

« 普通の隣国になる好機(織田邦夫元空将) | トップページ | 月刊「税理」2019年9月号(ぎょうせい) »

法律全般」カテゴリの記事

相続・葬儀・通夜」カテゴリの記事

認知症・高齢者社会」カテゴリの記事

刑罰・えん罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 普通の隣国になる好機(織田邦夫元空将) | トップページ | 月刊「税理」2019年9月号(ぎょうせい) »