« まともなことも言うけどおかしい人 | トップページ | 甘味感じ難い人は心筋梗塞、塩味分からぬ人は脳血管障害の恐れ(NEWSポストセブン) »

2019/11/17

消費税法の問題点2つの改正を

消費税法の問題点2つの改正を

 消費税法が、矛盾、妥協の産物だというのは税理士なら誰しも知る事実ですが。
 その穴を突く租税回避手法が次々と現れてしまう。

 穴塞ぎの1つとして、インボイス制度を導入しようとしているわけですが。
 その手前に、是非、改正してほしいと感じることが2点。

 1 非課税売上の廃止

 そもそも、非課税売上が諸悪の権化なのではないかと。
 やるなら、課税対象外での絞り込みで代替する方向で考えるべきだろうと。

 医師会も、免税(0%課税)を勝ち取ろうなどと言わずに。
 非課税売上規定を廃止する方向で主張するのが、素直だと思うわけです。

 2 消費者完全転嫁法の実施

 事業者間取引での移転は、独禁法規制でやっているものの。
 結局、消費者への負担がユルユルなので、抜けてしまう部分がある。

 消費税は消費者が負担すべきものだ、と本気で言うのであれば。
 負担を消費者に帰することを明記する、完全転嫁法を作るべきでしょう。

 さもなければ、結局、事業者が余計な負担を負うしかない。
 将来の税率改定を視野に入れるのなら、絶対やるべきだと思います。

 ただ、私自身は、これ以上、所得課税を軽視することになるのは反対なので。
 消費税率は、もうこれ以上上げない方向で考えるべきだとも思っていますが。

 ま、1個人の勝手な意見ということです。

 

2019年11月17日6:53変更
小規模免税→免税(0%課税)

|

« まともなことも言うけどおかしい人 | トップページ | 甘味感じ難い人は心筋梗塞、塩味分からぬ人は脳血管障害の恐れ(NEWSポストセブン) »

税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まともなことも言うけどおかしい人 | トップページ | 甘味感じ難い人は心筋梗塞、塩味分からぬ人は脳血管障害の恐れ(NEWSポストセブン) »