« 契約者の死後、遺族に支払われた人身傷害補償保険金の法的性質と課税関係(税理) | トップページ | 現金が世の中から消えたら(NHK) »

2020/01/31

関係団体役員から390万円借金 男性職員を停職処分―東京国税局(時事通信)

関係団体役員から390万円借金 男性職員を停職処分―東京国税局(時事通信)

関係団体役員から390万円借金 男性職員を停職処分―東京国税局
時事通信 2020年01月24日19時02分

 なるほど、国家公務員倫理規定に違反したことになるのですか。


・国家公務員倫理規定 第3条(禁止行為)

職員は、次に掲げる行為を行ってはならない。

利害関係者から金銭の貸付け(業として行われる金銭の貸付けにあっては、無利子のもの又は利子の利率が著しく低いものに限る。)を受けること

解説)
2 第2号
 利害関係者から金銭の貸付けを受けること。通常一般の利子を払っても許されない
 「業として行われる」ものとは、反復継続して行われるものを意味し、銀行業、信託業、貸金業、質屋業等を行っている者が行う貸付けがこれに該当する。
 業として行われる金銭の貸付けにあっては、無利子のもの又は利子の利率が著しく低いものに限り禁止される。

国家公務員倫理規程解説[人事院]

 さて、関係団体って、法人会ですか、青色申告会ですか、どこでしょう。

 

|

« 契約者の死後、遺族に支払われた人身傷害補償保険金の法的性質と課税関係(税理) | トップページ | 現金が世の中から消えたら(NHK) »

ニュース」カテゴリの記事

税務」カテゴリの記事

行政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 契約者の死後、遺族に支払われた人身傷害補償保険金の法的性質と課税関係(税理) | トップページ | 現金が世の中から消えたら(NHK) »