« DownThemAllは一括ダウンロードの救世主 | トップページ | 非正規社員、無期転換社員の退職金 その1 基本的な理念(労務事情) »

2020/02/17

横浜の救急隊員、防護具を着用しても感染…市は困惑「想定外」(読売新聞)

横浜の救急隊員、防護具を着用しても感染…市は困惑「想定外」(読売新聞)

横浜の救急隊員、防護具を着用しても感染…市は困惑「想定外」
読売新聞 2020/02/16 15:16

 医療関係者罹患で、防護具を着用していない対応が非難されていたりしますが。
 防護具を着用していても、罹患するという現実をどう理解すべきか、ですね。

 とすると、我々が装着するマスクは、気休めかもしれないですね。
 しないよりマシ、ではありますが。

 問題は、次。

「厚生労働省などは、男性が感染者と接してから発熱まで数時間しかたっていないことから、『搬送時に感染したとは考えにくい』と分析している。」

 既に紹介しましたが、北京大学第一医院感染疾病科王貴強主任の見解では。
 15秒での感染が十分あり得るというわけですよね。

 まだ確証はないとは言え、現段階で、最初から可能性を潰してしまうのは。
 危険な対応になってしまう可能性もある気がしますけれど。

 もちろん、15秒で感染、いや最悪2秒で感染なんて。
 もうSFの世界じゃないの、というのはさておいての話ですけれど。

 伝播性が、我々の常識をはるかに超えるレベルであるのも事実であり。
 生物兵器が疑われたのは、ある意味やむを得ない部分もあるのかもしれない。

 なんにせよ、感染経路の早期特定がひたすら望まれます。

|

« DownThemAllは一括ダウンロードの救世主 | トップページ | 非正規社員、無期転換社員の退職金 その1 基本的な理念(労務事情) »

ニュース」カテゴリの記事

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

新型肺炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DownThemAllは一括ダウンロードの救世主 | トップページ | 非正規社員、無期転換社員の退職金 その1 基本的な理念(労務事情) »