« 「検査マニュアル廃止後の融資に関する検査・監督の考え方と進め方」の概要(金融法務事情) その1 一般貸倒引当金の検証ポイント4つの視点 | トップページ | 「一般の医師たちが、この簡単な医学部3-4年生でも知っている当たり前の医学知識を欠いていて、ちゃんと国民のみなさまに説明できない」(仲田洋美オフィシャルブログ) »

2020/03/04

まぐれ当たりしていないのだろうか

まぐれ当たりしていないのだろうか

 首相による政治的決断での小中学校休業要請。
 最初に聞いた時は、オイオイしかなかったし。

 今でも、共働きの人たちからすると、許せない思いがあってもおかしくない。
 そこらの感情については、今でも変わらないのですが。

 ただ、子供たちは、感染しないわけではなくて。
 多くは、重症化しないだけだ、というのであれば。

 感染を知らずに感染を拡大することが多いとの病気の特性と重ね合わせると。
 実は、今回の措置って、ラッキーパンチになっていないだろうか。

 専門家会議の意見は聞いていないというし。
 政策のコンシスタンシーから言えばどうなの、ではありますが。

 でも、なんか冷静に考えてみると、感染を止める手段として。
 そこそこ有効なんじゃないかと思えてきた自分がいます。

 もちろん、冒頭にも書いたように、感情面ではおいおいですし。
 最終的にどう転ぶかは不明ですが、結論を即断するのは危険かもしれない。

 いや、医師たちの多くにも批判されていますから。
 最終的にはダメダメとの烙印押される可能性は高いのかもですが。

 覚書として、残しておきます。
 外れたら外れたで、自分の思考のプロセスではありますから。

|

« 「検査マニュアル廃止後の融資に関する検査・監督の考え方と進め方」の概要(金融法務事情) その1 一般貸倒引当金の検証ポイント4つの視点 | トップページ | 「一般の医師たちが、この簡単な医学部3-4年生でも知っている当たり前の医学知識を欠いていて、ちゃんと国民のみなさまに説明できない」(仲田洋美オフィシャルブログ) »

育児」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

新型肺炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「検査マニュアル廃止後の融資に関する検査・監督の考え方と進め方」の概要(金融法務事情) その1 一般貸倒引当金の検証ポイント4つの視点 | トップページ | 「一般の医師たちが、この簡単な医学部3-4年生でも知っている当たり前の医学知識を欠いていて、ちゃんと国民のみなさまに説明できない」(仲田洋美オフィシャルブログ) »